fbpx
2020年3月Esola開催イベント

《こちらのイベントは延期となりました》【3/15(日) 天狼院旅部スペシャル─日本のウユニ塩湖へ─】 世界遺産「熊野古道」で有名な田辺市を3つのシチュエーションで撮りつくす!プロカメラマン指導の元、フォトジェニックな写真に挑戦しよう!!学んで撮って、発表できる!大人の修学旅行「天狼院旅部フォトスペシャル」開催いたします!!《お一人参加大歓迎!》


こちらのイベントは延期となりました。楽しみにしていただいた皆様は誠に申し訳ありません。

再度の日程は決まり次第ホームページへアップさせていただきます。

こんにちは。天狼院書店スタッフの山中です。

天狼院書店とは
2013年に南池袋に一号店をオープン。その後福岡、京都、池袋駅前、Esola池袋、土浦店オープン。さらに「スタジオ天狼院」を加えて全国に7拠点を構える新刊書店。「READING LIFE〜本のその先の体験〜」をテーマに掲げ、本の販売だけでなく、本に書かれた知識を実践を通して学ぶことで、よりその技術を深く、学んでいこうと多くのイベントを開催しております。

その中でも、大変ご好評いただいているイベントが「天狼院旅部」です。

実は天狼院書店「部活形式」で様々なイベントを開催しております。
例えば「フォト部」ではプロカメラマンをお招きして撮影に出かけたり、「落語部」では書店内に高座を設けて落語家の師匠に小噺を教えていただいたり。
部員はお越しいただくお客様。顧問の先生はその道のプロ。まるで中学高校の部活動の様に楽しみにながら技術を学んでいただいております。

中でも「旅部」は普段天狼院で開催しているイベントを書店を飛び出して体験いただけるスペシャルイベント!!

言ってしまえば、学んで・楽しむ、「大人の修学旅行」です!!

フォト部の様子
旅部モデル撮影会

旅先で、その場でしか体験できない出会いや体験を通して、得たいスキルを体得していただく機会をご提供。2015年からこれまで10回以上開催し、行き先は日光・湘南・富士山などなど……様々な場所へおもむき、学んで・楽しむ「大人の修学旅行」を開催してまいりました。

今回、開催する「天狼院・旅部」は、ただの「旅部」ではありません。

プロカメラマン同行!天狼院の大人気イベントフォト部を旅先で開催する、
天狼院旅部、フォトスペシャルでございます!
プロカメラマン同行の元、学ぶながら、3つのシチュエーションで絶景を撮影していきます!

舞台は世界遺産熊野古道のある街「田辺市」です。

今回向かう、まだまだ地元の方しか知らないフォトジェニックスポットはこちら↓

スポット①元小学校をスタジオに!秋津のガルデンでレトロな写真を撮影!


秋津野ガルテンは、和歌山県田辺市上秋津にあります。平成20年11月に地域住民が出資し誕生させた、都市と農村の交流を目指したグリーンツーリズム施設であります。ここは、田辺市立上秋津小学校の跡地で、校庭内には地元のお母さん方がつくるスローフードバイキング料理を提供する農家レストランや宿泊施設、お菓子体験工房や旧木造校舎を活かした体験棟、また地域のみかん作りの歴史を紐解いたみかん資料館などもあります。ここを訪れた方それぞれに、「なんか懐かしい」「昭和の時代にタイムスリップしたみたい」と、あの懐かしきゆったりとした時の流れを感じていただいています。(秋津のガルデンHPより)

スポット②鶏闘神社


鬪雞神社は、通称「権現さん」と呼ばれ、御祭神の中には、熊野三山(熊野本宮大社、熊野那智大社、熊野速玉大社)も勧請(かんじょう)されています。熊野権現の三山御参詣に替えるという三山の別宮的存在で熊野信仰の一翼を負っていました。熊野本宮大社が川の増水で流失する以前の社殿の形を再現しています。
また、鬪雞神社は勝負の神様としても御利益があるともいわれています。

※鬪雞神社は、2016年10月に世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に追加登録されました

tanbenzo.jpg

鬪雞神社は、壇ノ浦合戦で源氏を勝利に導いた熊野水軍の伝説が今に伝わる神社です。鬪雞神社の名の由来は、平家物語壇ノ浦合戦の故事によるもので、源氏と平氏の双方より熊野水軍の援軍を要請された武蔵坊弁慶の父であると伝えられる熊野別当湛増(たんぞう)が、どちらに味方をするかの神意を確認するため、神社本殿の前で赤を平氏、白を源氏に見立てた紅白7羽の鶏を闘わせたことによるものです。境内の一角にはその様子を再現した湛増と弁慶像があります。
そのほかにも、神社の社務所には源義経が奉納したといわれている笛(銘白竜)、弁慶産湯の釜、弁慶の父湛増が使ったとされている鉄烏帽子や鉄扇等の宝物が展示されています。

スポット③和歌山のウユニ塩湖!? 天神崎の絶景


ナショナルトラスト運動の先駆けとして一躍その名を知られるようになった「天神崎」は、田辺湾の北側に突き出た岬で、日和山を中心とする緑豊かな20haの丘陵部と干潮時に顔を出す21haの平らな岩礁で形成されています。
ここでは、陸の動植物と海の動植物が、平たい岩礁をはさんで同居し、森・磯・海の三者が一体となって一つの生態系を作っており、市街地に近接しているにも関わらず、豊かな自然が残されているのが特徴です。と日本の熊野古道のみ。

「天神崎」

条件が揃うと、ボリビアのウユニ塩湖のような景色が見られるそうです!
*詳しくはこちら

もちろん、そんな絶景を前にするわけですから、
天狼院ならではの部活、「フォト部」を開催いたします!!
今回は、フォト部顧問のプロカメラマンの先生、清水 泰人先生にもご同行いただきます!!

講師プロフィール


Photographer
清水 泰人(Yasuhito Shimizu)

大阪出身、亀岡市在住のフォトグラファー。
地元亀岡市など、京都の魅力をさらに発信すべくフリーランスとして活動。企業や個人・行政案件の様々な分野で撮影を担当。京都いいとこフォト(@kyoto_iitoko)の写真を改めて編集した共著『絶景を巡る京都』が絶賛販売中。

Instagram:@yah_s
Twitter:@yah_s_

作品集


その歴史や背景を知っているのとそうでないのでは、得るものも大きく違うはず。
旅行前にガイドブックや資料を読んではみるものの、歴史がある分情報量が多すぎてなかなか頭に入ってこないなんてこともあるのでは? 
今回は本のその先の体験を! ということで、スペシャルガイドもお越しいただくこととなりました!
歩いていく中で、一つ一つ歴史を解説いただくことはもちろん、地元の方のみぞ知る撮影スポットにも案内いただけるとのこと!
今から楽しみで仕方がありません!

大人になってから旅というと、決まった仲間か、もしくはお一人で行くことが多いかもしれません。
仲間も旅の重要なポイント! ご参加いただく皆様は旅部部員。部活動を通して一緒に楽しく旅を楽しんでいきましょう!
お一人でのご参加大歓迎です!

さあいよいよ始まる旅部スペシャル!
どうぞよろしくお願いいたします。

イベント概要


【アクセスについて】

《東京方面からお越しの方》

▼飛行機でお越しの場合

*集合時間に間に合いませんが、東京方面からもぜひお越しいただきたく、こちらのルートもご用意いたしました。こちらのルートでお越しの方は、お手数ですが、お問い合わせフォームから別途ご連絡いただけますと幸いです。

羽田発7時40分発、南紀白浜空港8:55分着

↓(徒歩4分)

9:28 白浜空港発 明光バス(新宮駅行)乗車

↓(43分)

10:11 田辺駅前

↓(徒歩5分)

10:16 紀伊田辺駅 着

 

▼夜行バスでお越しの場合

7:30に「田辺駅」着の夜行バスが都内から出ております。

集合場所の紀伊田辺駅までは、徒歩5分ほどです。

《関西方面からお越しの方》

▼新大阪駅

7:27 OsakaMetro御堂筋線(なかもず行)

7:49 天王寺着(乗り換え)

7:59 JR特急くろしお1号(新宮行)

9:58 紀伊田辺駅

▼京都駅

7:03 JR特急びわこエクスプレス1号(大阪行)

7:26 新大阪着

7:33 JR特急くろしお1号(新宮行)

9:58 紀伊田辺駅


*ご質問などございましたら、こちらのお問い合わせフォームまで、タイトル【3/15(日)旅部について】とし、お名前、ご連絡先、希望のお支払い方法を明記の上、メッセージをお送りください。

お問い合わせ先:天狼院書店「Esola池袋店」
担当:山中  03-6914-0167(営業時間10:30〜21:30)

■募集人員:15名 ※最少催行人数10名
※締め切りを過ぎても空きがある場合、応募を受け付けることがあります。
■応募締切:2020年3月8日(日)
■ツアー行程:上記をご参照ください。
■気象条件等によりツアー内容が変更となる場合があります。
■添乗員は同行しませんが、現地スタッフが同行します。
■主催 天狼院書店

注意事項


■動きやすい服装、履きなれた靴をご用意ください。
■旅行代金に含まれるもの
講師代、モデル代、現地ガイド代
(集合場所まで及び解散地からの交通費及び個人的費用は含みません。)
■道路事情により到着時間が遅れる場合があります。
■有料無料問わず、参加者への他のイベント、セミナー、パーティ、グループ、店、企業、その他への勧誘は固く禁じます。また、勧誘を見かけた場合はスタッフまでご一報ください。サービスの利用ができなくなる可能性があります。ただし、当社の許可を得た限りはこの限りではありません。
■本イベントの内容の著作権は、天狼院書店に帰属します。本イベントの内容を他で利用することを、あらゆる面で、固く禁じます。
■会およびコミュニティーの運営に支障をきたすと判断した場合、任意かつ一方的に、退会をしていただく場合がございます。

お問い合わせ


お問い合せフォーム

天狼院書店「東京天狼院」
〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
東京天狼院への行き方詳細はこちら

天狼院書店「福岡天狼院」
〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階

天狼院書店「京都天狼院」2017.1.27 OPEN
〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5

【天狼院公式Facebookページ】 天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


関連記事