fbpx
【全国で受講可能!天狼院マルチディスプレイを使用したゼミはこちら】

【2020年6月開講】「逆境の起業術」ディストピア時代を生き残るためのビジネススキル大全~天狼院書店・店主三浦による「逆境」を追い風に変える白熱講義!徹底して「サバイバルスキル」を身につけるための4ヶ月《天狼院マルチディスプレイによる全国通信受講対応》


【6月以降の・イベントの店舗開催につきまして】

6月1日より、天狼院書店は店舗の営業を再開いたしますが、現在の状況を鑑み、当面の間、店舗での受講については見送り、通信での開催に切替をさせていただきます。店舗でのご受講はできませんが、「天狼院マルチディスプレイ方式」にて、通信でも快適にご受講いただけることをご案内させていただきます。

「天狼院マルチディスプレイ」とは、1月開講「動画ゼミ」、3月開講「ライティング・ゼミ通信限定コース」より実施をしてきたものであり、エンターテイメント性が非常に高くなり、さらに学びやすくなります。また、特別、皆様に追加での登録・作業などをして頂く必要はございません。
通信でのご参加の場合でも、
講師の先生へのご質問・リアルタイムでワークショップ内容の共有などをしていただけます。

その上で、これまでの生中継・通信受講以上に快適な講義の配信をお約束いたしますので、ご安心ください。また状況が沈静化し、店舗での開催が再開いたしました際にはホームページ、Facebook等で、お知らせいたします。

□新登場「天狼院マルチディスプレイ」で全国通信受講完全対応!


また、会場のみならず、全国で通信受講できるように、今回、天狼院では「天狼院マルチディスプレイ」というシステムを新たに構築しました。
会場の様子だけでなく、先生がお使いのパソコンの画面や参考資料など、必要に応じて適宜瞬時に切り替えて表示することができるシステムです。

これを通して、通信や動画で受講いただく皆様は、もしかして現地受講の方よりも見やすい状況で受講いただけるかもしれません。
もちろん、会場受講の皆様も、動画を講義の後にもご視聴いただけます。

リアルタイム受講だけでなく、インターネットのある環境で、動画や音声でいつでも受講できます。また、理解が足りなかった回は、何度でも受講できます。


天狼院書店スタッフの川代です。

先日、社内の企画会議で、次はどんなゼミを開催しようかと話していたとき、こんなアイデアが出ました。

「そういえば忘れてたけど、天狼院の強みって『逆境』のなかで這い上がってきたことですよね。それを軸にした仕事術のゼミってどうでしょうか?」

たしかに、そうでした。

2013年に開店してから、現在は東京、京都、福岡、土浦に6店舗、今年2020年にも湘南、渋谷、名古屋に新店舗が続々オープン予定と、全国に拡大中の天狼院書店。

成長スピードが速いからでしょうか、「大企業がスタートさせたビジネスなんだろう」「何か後ろ盾があるんだろう」と勘違いされることも多いのですが、もともと当社は、「いち書店員のフリーター」がスタートした業態です。

天狼院書店店主・三浦が最初に店をオープンしようとしたときには、なんと軍資金が70万円しかなく。

それでもなんとか一号店目である「東京天狼院」を開店させるため、文章の力で「天狼院書店」という新業態の魅力を発信し、資金調達。

さて、かき集めたお金でようやっとオープンできたはいいものの、たった15坪・池袋駅から大人の足で徒歩12分もかかる無名の書店へ、勝手にお客様が来てくださるはずもなく。

オープン当初からスタッフとして働いてきた私自身も、月末に三浦が真っ青な顔で走り回っていたのを、何十回、何百回と見てきました。毎日が、ピンチの連続でした。

様々な言われ方をしますが、当社のように個人が立ち上げた会社は、1年でその大半が実質的に失敗し、3年でそのほとんどがビジネスの世界から姿を消すと言われています。

まして、みなさんもご存知の通り、「書店業界」は今、紛れもない右肩下がりの「衰退産業」です。

激しい「向かい風」のなかを、傘も洋服もボロボロになりながらなんとか前に進んでいくようなもので、スタッフとして働いていた私自身も、安心して眠れる日はありませんでした。

つまり、

・学歴なし
・履歴書で有利になるようなキャリアなし(正社員になったことがない)
・借金返済に追われる日々
・「衰退産業」である書店業界
・ようやくオープンできた店舗も、人通りが少なくなかなか見つけてもらえない立地

とまあ、ざっと数えてみただけでも、まさに「逆境」だらけな人生、というのは、みなさんにも理解していただけるかと思います(事実、雑誌『AERA』2016.6.27号の「現代の肖像」で特集していただいたときも、「七転び八起きの書店業界の黒船」というコピーをつけていただきました笑)。

さて、ならば、なぜこんな逆境のなかで、生き残り続けることができたのか?

なぜ、大企業で積んできたキャリアもない、MBAを取得したわけでもない、いち書店員が立ち上げた会社が、2009年4月1日に設立して以来、11年間、存続させることができているのか?

さらに、今なお最近でも、前期比およそ150%の伸び率をキープできるまでに成長したのか?

それは三浦が、そして天狼院書店が、「向かい風」を「追い風」に転換する、独自のアプローチを持っていたからにほかなりません。

今回のゼミでは、ディストピア的な環境であろうとも生き残れるビジネススキルを、みなさんとともに研究していきたいと思います。

 

❏4ヶ月で「逆境に打ち勝つ7つのビジネススキル」を身につける


さて、今回のゼミのゴールは、4ヶ月で逆境に打ち勝つ「サバイバルスキル」を身につけることです。

第1講〜第7講では、細分化されたビジネススキルを一つずつ学び、第8講では「総論」として、「ユートピア」を自ら創る方法を研究していきます。

❏カリキュラム《全8講》

第1講 逆境の起業術 〜新時代のアントレプレナーに求められる資質とスキルとは?〜
第2講 逆境の仕事術 〜ハードワーク・デフォルト時代の到来をいかに乗りこなすか?〜
第3講 逆境の企画術 〜企画は生み出すものでなく、教えてもらうものだ〜
第4講 逆境の独学術 〜株への投資は消えるリスクがあるが、知識やスキルは一生消えない〜
第5講 逆境のパーソナル・マーケティング 〜なぜ自分を売るためには特殊な技術が必要なのか?〜
第6講 逆境の交渉術 〜インセンティブ・マネジメント〜
第7講 逆境のマネジメント 〜必要なのは仲良しな友達ではなく、背中を預けられる戦友である〜
第8講 逆境の自由論 〜ユートピアは自分で創る〜

今回の「逆境の起業術」ゼミでは、これまでのゼミでは未発表だった新たな論点も多く加えました。

経営者の方、起業を目指している方はもちろんのこと、「起業家マインド」を身につけ、これからの社会を生き抜く下地をつくりたい、という方にもご満足いただける内容です。

「逆境の起業術」は、まさに、天狼院書店で開催するビジネス系ゼミの集大成と言えます。

❏講師紹介


講師は、天狼院書店店主・三浦がつとめます。

■講師プロフィール

三浦崇典(Takanori Miura)

1977年宮城県生まれ。株式会社東京プライズエージェンシー代表取締役。天狼院書店店主。小説家・ライター・編集者。雑誌「READING LIFE」編集長。劇団天狼院主宰。2016年4月より大正大学表現学部非常勤講師。2017年11月、『殺し屋のマーケティング』(ポプラ社)を出版。ソニー・イメージング・プロサポート会員。プロカメラマン。秘めフォト専任フォトグラファー。

NHK「おはよう日本」「あさイチ」、日本テレビ「モーニングバード」、BS11「ウィークリーニュースONZE」、ラジオ文化放送「くにまるジャパン」、テレビ東京「モヤモヤさまぁ~ず2」、フジテレビ「有吉くんの正直さんぽ」、J-WAVE、NHKラジオ、日経新聞、日経MJ、朝日新聞、読売新聞、東京新聞、雑誌『BRUTUS』、雑誌『週刊文春』、雑誌『AERA』、雑誌『日経デザイン』、雑誌『致知』、日経雑誌『商業界』、雑誌『THE21』、雑誌『散歩の達人』など掲載多数。2016年6月には雑誌『AERA』の「現代の肖像」に登場。雑誌『週刊ダイヤモンド』『日経ビジネス』にて書評コーナーを連載。

これは私個人の意見になりますが、「逆境の起業術」というテーマについて語る人物に、三浦以上にふさわしい人はいないのではないかと思います。

さきほど書いた通り、逆境のなかでも生き残ってきた、というのももちろんなのですが、三浦は「逆境」に立たされれば立たされるほど、猛烈な熱量を持って仕事に取り組むのです。

逆境に立たされたとき、精神的にまいったり、モチベーションが下がったりしているのを見たことは、三浦と働いた6年間のなかで、たったの一度もありません。

「いやー、面白くなってきたね!」

「こういうときほど、天狼院らしく、攻めよう!」

いつも、そう言っています。

モチベーションの浮き沈みがないというよりむしろ、モチベーションレスに生きている人なのです。

ですから私は、今回のゼミには「逆境に立たされたとき、気持ちが落ち込んでしまってどうしていいかわからなくなる」というメンタル面での悩みがある方にも、ぜひご参加いた

だきたいと思っています。

まずは、第1講の【アントレプレナーシップ】で徹底的に解説をいたしますが、4ヶ月間かけて「起業家マインド」を体得することによって、モチベーションレスに行動できるようになっていくのではないかと思います。

❏「サバイバルスキル」を身につけ、逆境を追い風に変える


普段、天狼院書店でゼミを開催する場合は、お客様から「こういうことを学びたい」というご要望をいただいて企画することが多いです。

一番人気の「ライティング・ゼミ」などが典型的な例で、本当は教えたくない秘伝のレシピだったけれど、お客様のご要望ならばと、徹底して学べるゼミにしたのが開催のきっかけでした。

我々はオープン以来、一貫して「お客様のご要望に応える」という方針でやってまいりました。

iPS細胞のように、お客様とともに変化していく書店でありたい、そう考えていました。

しかし、今回のゼミに関しては、私たち自らが、「今、やるべきだ」と判断いたしました。

「よくよく考えてみれば、この『逆境を乗り越える』というビジネススキルの論点は、社長にしか語ることはできませんよね。むしろ、どうして今まで語っていなかったんだろうっていうくらい」

そのアイデアが企画会議のなかで生まれたとき、店主三浦も、スタッフも、全員が同じ方向を向いていました。

「逆境の起業術。すごく天狼院らしいテーマだね。今こそ、体系化してゼミにするべきときかもしれない」

今、やるべきだ。

やりたい。

私たちは、このゼミをお客様にお届けしたい。

これからどうなるかわからない2020年の世の中で、私たちにできることは、逆境のなかで生き残る方法を、みんなで研究する場を設けることだと判断しました。

起業家の方はもちろんのこと、独立するつもりがない方、組織に属して働く方であっても、どんな方にでも、参加していただきたいと思っています。

これからの時代、起業家のみならず、「個」それぞれが「起業家マインド」を持つ必要に迫られます。そのために我々は、天狼院書店で培ってきたありとあらゆるメソッドをお伝えするカリキュラムを整えました。

今だからこそ、「組織の一部」ではなく、「個」として生き抜く力を身につけていきましょう。

どうぞ、よろしくお願いいたします。


カリキュラム

毎月2コマ×4ヶ月(全8回)

講義70分+ワーク20分(1回90分)

❏講義テーマ《全8講》

第1講 逆境の起業術 〜新時代のアントレプレナーに求められる資質とスキルとは?〜
第2講 逆境の仕事術 〜ハードワーク・デフォルト時代の到来をいかに乗りこなすか?〜
第3講 逆境の企画術 〜企画は生み出すものでなく、教えてもらうものだ〜
第4講 逆境の独学術 〜株への投資は消えるリスクがあるが、知識やスキルは一生消えない〜
第5講 逆境のパーソナル・マーケティング 〜なぜ自分を売るためには特殊な技術が必要なのか?〜
第6講 逆境の交渉術 〜インセンティブ・マネジメント〜
第7講 逆境のマネジメント 〜必要なのは仲良しな友達ではなく、背中を預けられる戦友である〜
第8講 逆境の自由論 〜ユートピアは自分で創る〜

❏ワークショップ/15分リフレクションライティング

毎回講義の最後、15分でレポート記事を書き、Facebookコミュニティ内でチームメイトと学びを共有。

ディストピア時代の働き方を研究していきます。


❏2020年6月開講「逆境の起業術」概要

■講義回数:全8回
*単講座のみの受講はできません。ただし、動画や音声のストックがありますので、定員に満たない場合はどの時期からも受講開始することが可能です。

■会場:
通信受講・・・インターネットが整った環境にて、リアルタイム生中継・もしくは後日アップロードされた動画を視聴しお好きな時間にお好きな場所で受講頂けます。
*状況次第では、通信だけではなく各店舗でご受講いただける可能性がございます。その場合は、ご参加の皆様にご連絡をさせていただきます。
*不明点などは受講生専用の閉じられたFacebookグループのコメントにてやり取りをすることができます。
*動画は、限定公開のURLを、受講生の方のみに共有する形で、ご視聴いただきます。

■参加特典:
講義受講権(全8回)/講師や他の受講生とコミュニケーションできる非公開のFacebookコミュニティ参加権/全講義動画視聴権/全講義音声ダウンロード権

■参加費:
一般 30,000円×4ヶ月=120,000円(税別)
ファイナルクラブ天狼院 会員価格 15,000円×4ヶ月=60,000円(税別)

■参加条件
・Facebookアカウントをお持ちである、もしくはこれから登録予定であること。
(諸連絡や資料の共有、課題提出などにFacebookを使用します。本名での登録に抵抗がある方は、ペンネームのアカウントで登録していただいても問題ございません)
*「ファイナルクラブ天狼院」の方は、本ゼミに半額で参加いただけます。→「ファイナルクラブ天狼院」についてはこちらから
*お申し込み受付は、決済完了順とさせていただきます。
*定員になり次第、予告なく、締め切らせていただきます。
*通信受講の方へは、生放送配信を行います。生放送中は、Facebookグループに「通信受講の方専用・質問BOX」を作成いたします。そちらにコメントいただくと、スタッフが代理でコメントを読み上げます。
*録画した動画は通常1日〜3日後に、受講店舗にかかわらず全受講生に配信をいたします。
*通信で講義を受講される際には、安定したインターネット環境でご視聴ください。
*決済後の返金はいたしかねますのでご了承ください。

 

■講師プロフィール

三浦崇典(Takanori Miura)

1977年宮城県生まれ。株式会社東京プライズエージェンシー代表取締役。天狼院書店店主。小説家・ライター・編集者。雑誌「READING LIFE」編集長。劇団天狼院主宰。2016年4月より大正大学表現学部非常勤講師。2017年11月、『殺し屋のマーケティング』(ポプラ社)を出版。ソニー・イメージング・プロサポート会員。プロカメラマン。秘めフォト専任フォトグラファー。

NHK「おはよう日本」「あさイチ」、日本テレビ「モーニングバード」、BS11「ウィークリーニュースONZE」、ラジオ文化放送「くにまるジャパン」、テレビ東京「モヤモヤさまぁ~ず2」、フジテレビ「有吉くんの正直さんぽ」、J-WAVE、NHKラジオ、日経新聞、日経MJ、朝日新聞、読売新聞、東京新聞、雑誌『BRUTUS』、雑誌『週刊文春』、雑誌『AERA』、雑誌『日経デザイン』、雑誌『致知』、日経雑誌『商業界』、雑誌『THE21』、雑誌『散歩の達人』など掲載多数。2016年6月には雑誌『AERA』の「現代の肖像」に登場。雑誌『週刊ダイヤモンド』『日経ビジネス』にて書評コーナーを連載。

【2020年6月開講】「逆境の起業術」講義スケジュール《月2講義3万円×4ヶ月/通信受講可/コミュニティ参加権付/動画視聴権付/音声ダウンロード権付/Webメディア投稿チャレンジ権付》

◆第1講《2020年6月6日(土)17:00〜18:30》逆境の起業術 〜新時代のアントレプレナーに求められる資質とスキルとは?〜

◆第2講《2020年6月6日(土)19:00〜20:30》逆境の仕事術 〜ハードワーク・デフォルト時代の到来をいかに乗りこなすか?〜

◆第3講《2020年7月4日(土)17:00〜18:30》逆境の企画術 〜企画は生み出すものでなく、教えてもらうものだ〜

◆第4講《2020年7月4日(土)19:00〜20:30》逆境の独学術 〜株への投資は消えるリスクがあるが、知識やスキルは一生消えない〜

◆第5講《2020年8月1日(土)17:00〜18:30》逆境のパーソナル・マーケティング 〜なぜ自分を売るためには特殊な技術が必要なのか?〜

◆第6講《2020年8月1日(土)19:00〜20:30》逆境の交渉術 〜インセンティブ・マネジメント〜

◆第7講《2020年9月5日(土)17:00〜18:30》逆境のマネジメント 〜必要なのは仲良しな友達ではなく、背中を預けられる戦友である〜

◆第8講《2020年9月5日(土)19:00〜20:30》逆境の自由論 〜ユートピアは自分で創る〜


【お申し込み方法】
こちらのお申し込みページ内のPayPalボタンより決済、または各店舗までお問い合わせください。
お支払いは、店頭ご一括、またはPayPalでの決済、銀行振込みをご利用いただけます。
Esola池袋店:03-6914-0167
福岡天狼院:092-518-7435
京都天狼院:075-708-3930
プレイアトレ土浦店:029-897-3325

■店頭支払い(一括):
全国の天狼院書店各店にて現金またはクレジットカードでお支払い頂けます。店舗スタッフまでお申し付けください。

■PayPal決済(一括または分割):
下記のPayPalボタンの中からご希望のコースを選び、決済を行なってください。

■銀行振込み(一括):
メールやお電話にて銀行振込みでのお支払い希望の旨をお知らせください。手続き方法、振込み先口座をご案内させて頂きます。

 

★会員サービスファイナルクラブ天狼院」にご入会でさらにお得になります!

ファイナルクラブ天狼院」とは
天狼院書店にお越しいただく全てのお客様にご利用いただけるお得な会員サービスです。
「多くのゼミをできれば利用しやすい価格で受けたい!」
「予算、時間を相談しながら学習したい!」
「年代性別問わず、”学びの友”が欲しい!」
「学習効率を飛躍的に高める『スタンス(心構え)』を身に付けたい!」
このようなお客様のお声にお応えして、
月額1万円で 「天狼院LIVE(部活・イベント・ゼミなど)」の参加費50%オフをはじめとした10の特典をご用意しています。
*詳細はこちらから


【Paypal決済】

▼ご一括でのお支払いはこちらから


 

 

 

 

 

 

■支払い区分
■受講地




▼月々でのお支払いの方はこちらから


 

 

 

 

 

■支払い区分
■受講地



▼天ポイントでお支払いの方はこちらから

こちらのお問い合わせフォームより、タイトルに「天ポイント使用」と記載の上、
①どのイベント、ゼミをご希望か、②何ポイント使用したいか、を記載いただければ、事務局でポイントの処理をし、お申し込みの手続きをいたします。

*ポイントは1ポイントからご利用いただけます。差額分はPayPalもしくは店頭にてお支払いいただきます。
*天ポイントでのお支払いの場合、早期特典は対象外となりますので、ご了承くださいませ。


【加入手続きのガイド】
今すぐ購入/購読ボタンを押しますと、PayPalの決済ページに飛びます。
*一括払いの方はアカウントの作成なしで決済が可能です。月々払いをご利用の際は、アカウントの作成が必須になります。

PayPalのアカウントをお持ちの方は「ログイン」ボタンを押してお進みください。
アカウントをお持ちでない場合は、「クレジットカードまたはデビットカードで支払う」ボタンを押してお進みください。
アカウントを作成せず決済する場合には、「カードで支払う」より、必要事項をご入力ください。

以後、案内に通りにお進みください。

アカウントを作成される方はページ下方の「PayPalアカウントの作成」よりアカウントを作成してください。(月々払いの方はアカウントが必要です)

決済が完了しましたら「自動配信メール」が登録のメールアドレスに配信されます。
そのほか、追って(お申し込みが殺到する場合、2、3日かかる場合もございます)、天狼院書店から登録完了のメールを差し上げます。


【注意事項】
・有料・無料に関わらず、参加者への他のイベント、セミナー、グループ、店、企業、その他への勧誘は固く禁じます。また、勧誘を見かけた場合はスタッフまでご一報ください。
・紹介されている講座内容も含めた本記事の著作権は、株式会社東京プライズエージェンシーに帰属します。本記事の内容の全部または一部を、他媒体に無断転載することを固く禁じます。
・会およびコミュニティーの運営に支障をきたすと判断した場合、任意かつ一方的に、退会をしていただく場合がございます。
・全8回全ての講座の受講になります。単講座での受講、途中解約は致しかねますので、ご了承の上、決済にお進みください。

 

お問い合わせ


■メールでのお問い合わせ:お問い合せフォーム

■各店舗へのお問い合わせ
*天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


■天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
TEL:03-6914-3618/FAX:03-6914-0168
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
*定休日:木曜日(イベント時臨時営業)

天狼院書店

 

 

 

 

 

 

 

 


■天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階
TEL:092-518-7435/FAX:092-518-4149
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00

福岡天狼院

 

 

 

 

 

 

 

 


■天狼院書店「京都天狼院」

〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5
TEL:075-708-3930/FAX:075-708-3931
営業時間:10:00〜22:00

京都天狼院

 

 

 

 

 

 

 

 


■天狼院書店「Esola池袋店 STYLE for Biz」

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋2F
営業時間:10:30〜21:30
TEL:03-6914-0167/FAX:03-6914-0168


■天狼院書店「プレイアトレ土浦店」

〒300-0035 茨城県土浦市有明町1-30 プレイアトレ土浦2F
営業時間:9:00~22:00
TEL:029-897-3325


■天狼院書店「シアターカフェ天狼院」

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目8-1 WACCA池袋 4F
営業時間:
平日 11:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
電話:03−6812−1984

シアターカフェ天狼院

 

 

 

 

 

 

 

 

 

公式YouTubeチャンネルはこちらから!


天狼院YouTubeチャンネル「海の放送局」にて番組放送中!
チャンネル登録はこちらから!


関連記事