fbpx
メディアグランプリ

「2:8の法則」挑戦を後押しする魔法の数字


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

【12月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《日曜コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:岩井聡史(ライティング・ゼミ日曜コース)
 
 
「この言葉が私を変えてくれたんです。」
 
プロのスポーツ選手や成功した経営者のインタビューでたびたび聞く言葉だ。
自分を変えるため、何万と自己投資をして、自己啓発本やセミナーに通う人もいる。
その一方、偶然出会った、たった一つの言葉で変われる人もいる。
 
先月僕も良い言葉に出会った。実際は言葉というより、数字なのだが。
その数字は僕の人生を変えるまでには至っていない。
でも確実に、現在の僕の行動を変えているのは間違いない。
 
僕を変えた数字、それは「2:8の法則」だ。
 
「たいていの物事は2:8でできているんだ。例えばビジネスなら、全商品のうち2割の商品が売り上げの8割を占めている。全社員のうち2割の社員が、会社のパフォーマンスの8割を占めているんだよ。」
「2:8の法則」を教えてくれた先生が僕に説明してくれた。
その先生は大人の働き方について年間50講演以上開催している人だ。
 
僕はこの法則を聞いて「なるほど」と思った。
なぜなら日常にこの数字が見事に当てはまったからだ。
 
例えば、友人たちと飲み会をしたとき。
自分が幹事だったので、店や集合時間をLINEのグループでアナウンスした。
そのとき、アナウンスに対して反応するのは10人のグループのうち2人くらいだった。
 
別の例えをしよう。
YouTubeで自身のチャンネルを開設したとき。
僕はぜひ、みんなにチャンネル登録をしてもらいたかった。
そこでFacebookに動画を挙げて、チャンネル登録をお願いしてみた。
ここでも、実際に反応してチャンネル登録してくれるのはだいたい2割くらいであった。
もちろん、僕の人となりや友人との関係でこの結果だったのかもしれない(信じたくないが)。
 
他にも、「2:8の法則」はよく当てはまっていくし、当てはめることができる。
 
しかし「2:8の法則」は何も、ビジネスや日常にあてはまる法則だけではない。
「2:8の法則」には、人の挑戦を後押しする力があるのだ。
 
「努力は報われる」
有名な言葉で、非常に前向きになれる言葉でもある。
僕は「努力すれば、した分だけ報われる」そう解釈した結果、この言葉に対して少なからず不信感をもった。
 
なぜなら、人生において10やったことが10報われることは、ほぼないと思っているからだ。
学生時代の頃なら、成績というわかりやすい数値で、努力が報われた感じがした。
しかし社会に出てから、「努力は報われる」を前ほど感じなくなった。
そして、この言葉を聞いて「挑戦しよう!」と思う気持ちも、以前より湧かない自分がいた。
 
もし、同じように感じている人がいたら朗報だ。
ぜひ「2:8の法則」のスタンスをもってほしい。
このスタンスを持てば、結果にあまり期待をしなくなる。
結果にあまり期待をしなくなると、失敗の想像も軽くなり、挑戦へのハードルは下がる。
「2:8の法則」のスタンスとは、10の挑戦をして、2成功すればよしとしよう、という気持ちを指す。
これくらいラフな気持ちであれば、失敗への恐れや努力が報わないという不安から解放される。
 
この法則の重要な点は、成功にも少し期待していることだ。
だからこそ、「どうせできない」という投げやりな気持ちにならない。
むしろ、2は成功させるという攻めの姿勢をもつことができる。
 
僕は現在webライターとして、主にクラウドソーシングで仕事を受注している。
ちょうど3か月前、2019年7月頃に始めたのだが、最初は提案が苦手だった。
クラウドソーシングだから、相手の顔はおろか、声すら知らない。
しかも始めたばかりだから、ダメでもともと、そう思ってもなかなか提案ができなかった。
 
しかし、先月出会った「2:8の法則」のおかげで提案する気持ちが楽になった。
10件提案して、8件落ちてへこむのではなく、2件通って喜ぶ。
そのためにも、2件は絶対に通してやろう。
 
そう思うと、提案文にも気合が乗る。気合が乗って、少し誇張が入っちゃったりしたかもしれない。
 
「2:8の法則」を知ってからの1ヵ月、僕は約20件提案した。
文字単価1円以上、とwebライター駆け出しが挑むには若干ハードルが高めな仕事に提案した。
結果、3件の提案が通った。
目標の4件には通らなかったが、満足している。
もともとは、提案すら苦手だった自分が、単価の高い仕事3件で提案を通したからだ。
 
期待し過ぎず。
けれども諦めはしない。
そんな、挑戦をほどよく後押しする魔法の数字、それが「2:8の法則」なのだ。
 
失敗が怖い人へ。
そんな人へ、僕は「2:8の法則」という素敵な魔法の数字を贈りたい。
 
 
 
 
***
 
この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加いただいたお客様に書いていただいております。 「ライティング・ゼミ」のメンバーになり直近のイベントに参加していただけると、記事を寄稿していただき、WEB天狼院編集部のOKが出ればWEB天狼院の記事として掲載することができます。
 

【12月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《日曜コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜《11/3(日)までの早期特典あり!》


 

天狼院書店「東京天狼院」 〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F 東京天狼院への行き方詳細はこちら

天狼院書店「福岡天狼院」 〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階

天狼院書店「京都天狼院」2017.1.27 OPEN 〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5

【天狼院書店へのお問い合わせ】

【天狼院公式Facebookページ】 天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


2019-11-01 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事