fbpx
メディアグランプリ

ペットとは「見つめる会話」 をしよう

thumbnail


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:川久保 泰男(ライティング・ゼミ集中コース)
 
 
コロナ渦を家族でどのように過ごすか? 色々考えた方が多いのではないでしょうか。
そこで良く見かけるようになったのが、ペットショップの家族連れです。可愛いワンちゃんや猫ちゃんを家族として向かい入れ、新しい生活スタイルと考える方が増えたのでしょう。可愛いペットと過ごす時間はホントに幸せですから。
 
でもその反面、動物病院も患者さんが多いです。会話が出来ないので、すごく不安になりますよね。そんな不安を実際に経験した我が家のワンちゃんのお話しが少しでも参考になれば幸いです。
 
我が家には2匹のトイプードルがいます。
お兄ちゃん犬の名はモコといいます。オスの2歳で、元気活発で人懐っこいので可愛がられます。
弟犬の名はチコといいます。オスで10ヶ月が過ぎました。モコとおもちゃの取り合いをするほど、やんちゃですが、外に出ると怖がりの社会勉強中のパピーちゃんです。
 
チコが我が家の家族になったのは2020年5月でした。迎えた直後はモコも遠慮がちで遠目で様子を伺う状態でした。
6月に入り最後のワクチンも終え、モコとチコを直接触れ合えるように促してみました。
最初はお互い距離を置いて1人遊びをしていましたが、
「それは俺のおもちゃだ」とモコ
「貸してくれたっていいじゃないか」とチコ
ワンワンギャ〜ギャ〜と毎日を過ごしていました。
 
そんなある日、妻が
「チコちゃんが右後脚ケンケンしてるの見たの(悲)」
日々の散歩は私が行っていました。公園でボールを投げると2匹が一緒に追いかける姿を見ていたのですが、脚を引きずる様子は見られませんでした。
ある夜、帰宅するとモコとチコが迎えてくれました。その時、チコが右後脚を引きずっていました。走り回り、元気はいいのですが、凄く不安を感じました。
 
翌日、動物病院に行きレントゲンを撮ってもらいました。結果は
「後脚付根、大腿骨頭壊死」
と診断が下りました。足の付け根の骨が死んでいるとのことです。
生後6ヶ月から1歳の犬に多い病気で、原因が分からず、生まれつきもあるようです。担当医師からは手術が必要であると告げられました。生後8ヶ月でしたがすぐに手術を受けることにしました。
手術の翌日、チコの様子を見に行くと、かわいくカットされた毛は無残にも刈りとられ、その部分は痛々しく大きな手術跡が見て取れました。目に元気がありません。まだ社会性の無いチコには病院で過ごす日々は辛く悲しい時間に違いない。私達に不信感を抱かないか? 家族で話し合い、当初は3日間の入院予定でしたが繰上げて1日で家に連れて帰りました。
 
担当医師からは、リハビリは行わなくても自然治癒するとのことで多少安堵しました。
自宅療養ですが、みんな初めての経験のため、要領がわかりません。
食欲もなく、毎日横になって私達に視線を投げるチコを見ていると非常に辛く、悲しい時間でした。
 
術後2週間が過ぎ、散歩はするのですが、どうしても手術した脚を満足に着いて歩く事が出来ません。本当に脚は良くなるのか? チコと目が合うと不安になります。
担当医師に不安を伝えましたが、リハビリは不要とのことで痛み止めと栄養剤を処方してもらうのみでした。
 
術後3週間が過ぎ、手術した脚が目に見えて痩せ細り、鳥の羽のようにペラペラです。
「ボクは歩けるようになるのかな?」
チコが言っている感じがします。私は犬のリハビリをしている病院を探しました。
 
幸い近くにあり、電話で経緯を説明し病院へ向かいました。院長先生からは、手術自体と方法は間違っていないことを伝えられました。ただリハビリを行わないのは猫の場合で、犬はリハビリを行うようです。病院によって考えが違うのだなあというのが実感です。
 
この病院で過去にリハビリをしている犬の様子を、動画で見せられてビックリです。
1.バランスボールを使う
2.ランニングマシーンを使う
3.プールを使う
 
全く人間と同じことをしています。
院長先生の説明と動画がすべて証明していて、すがる思いでお願いしました。チコがリハビリしている様子も動画で見せてもらいました。
バランスボール・ランニングマシーン・プールでのリハビリを若い先生が2人がかりで付き添って行なっているに姿に感激し、これなら絶対良くなると確信出来たのです。
 
手術から3ヶ月になります。週に1回リハビリを行なっています。今では手術した脚にチカラが入るようになってきて、筋肉も付いてきました。散歩しても4本脚でしっかり歩いています。なにより目にチカラがあります。
2ヶ月前のあの時、何も考えず、何も感じず、ただ「治るだろう」 と安易な考えだったら、チコは片脚ケンケンで一生を過ごしたかもしれません。
モコもチコも会話が通じないペットです。
彼らの健康で楽しい毎日は私達の「見つめる会話」 が必要なのです。
 
ペットを飼われている皆さんも家族である、ワンちゃん、猫ちゃんの様子を毎日見てあげてください。「見つめる会話」 です。彼らも私たちを見て「見つめる返事」 をしてくれます。これからもずっと家族の一員であることに間違いありません。
お互いを大事にして見つめあって暮らして、幸せな時間を過ごしてください。
 
 
 
 
***
 
この記事は、天狼院書店の大人気講座・人生を変えるライティング教室「ライティング・ゼミ」を受講した方が書いたものです。ライティング・ゼミにご参加いただくと記事を投稿いただき、編集部のフィードバックが得られます。チェックをし、Web天狼院書店に掲載レベルを満たしている場合は、Web天狼院書店にアップされます。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

お問い合わせ


■メールでのお問い合わせ:お問い合せフォーム

■各店舗へのお問い合わせ
*天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


■天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
TEL:03-6914-3618/FAX:03-6914-0168
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
*定休日:木曜日(イベント時臨時営業)


■天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階
TEL:092-518-7435/FAX:092-518-4149
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00


■天狼院書店「京都天狼院」

〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5
TEL:075-708-3930/FAX:075-708-3931
営業時間:10:00〜22:00


■天狼院書店「Esola池袋店 STYLE for Biz」

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋2F
営業時間:10:30〜21:30
TEL:03-6914-0167/FAX:03-6914-0168


■天狼院書店「プレイアトレ土浦店」

〒300-0035 茨城県土浦市有明町1-30 プレイアトレ土浦2F
営業時間:9:00~22:00
TEL:029-897-3325


■天狼院書店「シアターカフェ天狼院」

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目8-1 WACCA池袋 4F
営業時間:
平日 11:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
電話:03−6812−1984


2020-11-06 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事