fbpx
メディアグランプリ

天狼院書店と出会ったら


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:宮田鈴菜(ライディング・ゼミ集中コース)
 
 
「ここに来るの、迷いませんでした?」
やや緊張気味に東京天狼院を訪れた私を、優しく出迎えてくれたお兄さんがそう問いかけた。
ええ、めっちゃ迷いましたとも。まず池袋駅が難しすぎる。しかも、駅から天狼院までもまあまあ遠い。想定していた時間の倍の時間がかかったことは黙っておく。
お店に入った時は無事についたことにばかり気をとられていたけれど、改めて見渡すと、温かみのある内装と、落ち着ついた照明の店内。ここでいまからライティング・ゼミが始まるかと思うと、内心ワクワクが止まらなかった。
 
私が初めて天狼院と出会ったのは、さかのぼって9月の3連休のこと。私は、一か月ぶりに渋谷で彼氏と待ち合わせをしていた。ぶらぶらしていてなんとなく訪れたのが始まりだった。私は本屋が大好きな人間なので、本屋を見つけると必ずどんな本が並んでいるかチェックしてしまう癖があった。そこで「天狼院秘本」を知った。何とも怪しげな本である。天狼院書店に並んでいる秘本たちはそれぞれ黒いカバーがかけられていて中が分からない。さらにご丁寧に、
・タイトル秘密です。
・返品はできません。
・ほかの人には教えないでください。
との但し書きがついていた。
 
天狼院書店に訪れ、天狼院秘本を見つけた時は、きっと誰もが思わず足を止めてしまうだろう。私もその一人だった。天狼院書店のロゴをあしらった真っ黒のカバー。なぜだかわからないけれど強く惹かれていた。
歴代の秘本にそれぞれつけられたPOPを読めば読むほど、買いたい気持ちがむくむくと湧いてくる。でも、買う勇気がなかった。やはり内容が分からない本を買うのは危険なような気持がしたのだ。天狼院書店がお勧めしているだけで、私にとっては面白くない内容かもしれないし、既に読んでいて知っている内容かもしれないのだ。私は天狼院書店の店主の人を信じられるのだろうか?
どれだけ逡巡していただろうか。気が付くと私は秘本を手にしてレジに並んでいた……。となることはなく、秘本の前に立ち動かない私を見て彼氏はしびれをきらしたのだろう、
「ほかのお店に行こうか」
と言いやや強引に私を引っ張っていった。私は文字通り後ろ髪を引かれる思いで立ち去った。
一度は。
 
彼氏の趣味の洋服のお店をだらだらと見ながら、秘本のことが忘れられずにいた。洋服を眺めるふりをしながら、秘本のことで頭の中はいっぱいであった。
 
「やっぱり私天狼院書店に戻るわ!」
彼氏の返事を待たず、私は急いで天狼院書店に戻った。そして一番気になっていた7代目の秘本を購入した。店主の言葉を信じることにしたのだ。
 
帰り際、私は一枚のチラシが目に入った。
「何だろうこれ」
私が目にしたのはライティング・ゼミのチラシであった。
チラシを手に取ったことをきっかけに、一人の店員さんが丁寧に説明してくれた。
店員さんの声をかける早さにおののきつつも、店員の胸につけられた「天狼院書店は、日本一話しかける書店です」をみて納得した。
けれどその時私は、大変失礼だが、どこかうさん臭さを感じていた。そして大学生の私にとってライティング・ゼミの受講料は高かった。面白そうだけどきっと参加することはないだろうな、そう思った。
 
その日私は彼氏とのデートを早めに切り上げそそくさと家に帰った。早く7代目秘本を読みたくて読みたくてしょうがなかったのだ。
熱々の紅茶を傍らに置き、7代目秘本と同時についてくる「禁断の対照表」を広げ、読書灯をつけて、読み始めた。
 
気づいたら、あたりは真っ暗になっていたし、せっかく淹れた熱々の紅茶も口をつけないまますっかりと冷めきっていた。
決して薄くない文庫本を閉じ、私はおおおと声を漏らした。スケールの大きさや、読者を立ち止まらせない文章力にただただ圧倒されるばかりであった。
ノンフィクションとフィクションの不思議な間に迷い込んでしまったかのようだった。
 
興奮冷めやらぬ私は、すぐさま、「ライティング・ゼミ」に申し込んだ。こんな面白い本を紹介してくれる書店のライティング・ゼミが面白くない訳がないと思った。お金なんて、友達と遊びに行くのを我慢すれば何とかなる。
申し込みを終えてからも私は胸の高まりを抑えられなかった。ワクワクした。年末が来るのが楽しみで楽しみで仕方がなかった。
 
そして今現在に至る。
 
ちなみに余談だが、その後私は、彼氏を振ってしまった。しかも直接会わずにLINEで別れを告げて、関係を終わりにしてしまったのだ。そう、渋谷に出かけたのが最後のデートになった。
私は、乗り換えてしまったのである。天狼院という彼氏に。刺激的でワクワクをくれる天狼院に。
ライティング・ゼミはちょうど折り返し地点にきている。これから、どんなことが学べるのだろう。このゼミが終了した後はどんな自分になっているのだろう。ライティング・ゼミが終了したらほかの講座も受けてみたいという欲もむくむくと湧いてくる。
 
天狼院に出会ったことが、私の人生のターニングポイントだったんだよ、そんな風に言う日がくる、そんな気がする。
 
 
 
 
***
 
この記事は、天狼院書店の大人気講座・人生を変えるライティング教室「ライティング・ゼミ」を受講した方が書いたものです。ライティング・ゼミにご参加いただくと記事を投稿いただき、編集部のフィードバックが得られます。チェックをし、Web天狼院書店に掲載レベルを満たしている場合は、Web天狼院書店にアップされます。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

お問い合わせ


■メールでのお問い合わせ:お問い合せフォーム

■各店舗へのお問い合わせ
*天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


■天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
TEL:03-6914-3618/FAX:03-6914-0168
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
*定休日:木曜日(イベント時臨時営業)


■天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階
TEL:092-518-7435/FAX:092-518-4149
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00


■天狼院書店「京都天狼院」

〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5
TEL:075-708-3930/FAX:075-708-3931
営業時間:10:00〜22:00


■天狼院書店「Esola池袋店 STYLE for Biz」

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋2F
営業時間:10:30〜21:30
TEL:03-6914-0167/FAX:03-6914-0168


■天狼院書店「プレイアトレ土浦店」

〒300-0035 茨城県土浦市有明町1-30 プレイアトレ土浦2F
営業時間:9:00~22:00
TEL:029-897-3325


■天狼院書店「シアターカフェ天狼院」

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目8-1 WACCA池袋 4F
営業時間:
平日 11:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
電話:03−6812−1984


2020-12-30 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事