fbpx
メディアグランプリ

大人になりたくない


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:かりん(ライティング・ゼミ日曜コース)
 
 
「ママ、大人になりたくない……」
 
1日の終わり、寝室に入ろうとしていたところで8歳の娘から突然言われた。
今日は金曜日の夜。6歳の次女は既にリビングで寝てしまっていた。長女としては、私と二人になり、言いやすいタイミングだったのかもしれない。
とは言え、ものすごく驚いた。夢を絶たれるような何かがあったのかと心配もした。
 
「どうして?」
 
恐る恐る聞いてみた。返ってきた答えは意外だった。
 
「ママと離れたくない。ずっと一緒に暮らしたい……!」
 
思わず抱き締めていた。
 
母になりたい
 
娘を抱きしめながら、そう思った時のことを思い出した。
 
20台の頃、私は仕事に夢中だった。子供ができたら思ように働けなくなる。そう思っていたので、子供が欲しいと思っていなかった。今の夫とは当時も付き合っていたが、子供が欲しいと思ったタイミングで結婚すればいい、と思っていたので、結婚願望もなかった。
そんな私とは逆に、妹は20台前半で早々に結婚し、ほどなくして子供ができた。私にとっては初めての姪っこ。自分でも驚くほど愛おしかった。
当時、妹は岐阜に住んでいたが、私の住む大阪にも数か月に一度は遊びに来てくれていた。それでも別れる度に寂しくて仕方がなかった。
そんな姪っ子が3歳になるかならないかの頃。帰路につく車のチャイルドシートに座り、いつものように「バイバイ」を言うために車の窓を開けた時だった。
 
「かりんちゃんは泣くから嫌いっ!」
 
と言って私に向かって怒った。いつも別れる時に寂しくて泣く私が嫌だったらしい。子ども心は面白いなぁと思った。
 
母になりたい
 
同時にそう思った瞬間でもあった。私はついに母になるためのスタートラインに立つ決意をした。
 
しかし……
 
私が母になるための道は想像以上に険しかった。
それから数年後、とても自力では超えられないと思うくらいの高い壁を目の当たりにすることになる。
 
不妊
 
それまでの私は、子どもは欲しいと思ったらできるものだと思っていた。2年……3年……さすがにおかしいと思い、病院に行ってみた。待合室は人で溢れていた。数時間待ちは当たり前。必要としている人がこんなに居ることに驚いた。
 
それくらい無知な私だったが、色々検査をしたものの原因はわからない。結論的に
 
原因不明
 
と言われてしまった。原因がわかれば、対処も出来る。不明と言われたらどうしたらいいのか。
途方に暮れたが、まだ体外受精という“最後の切り札”は残っていた。
これを使ってしまったら、もう本当に道は断たれる。そう思うと、簡単には踏み切れなかった。もちろん、その他にも色々な不安や迷いがあった。
数ヶ月悩んだが、やはり「母親になりたい」と言う想いを諦めきれなかった。何より、姪っ子や友人の子ども達に接している夫を見ていて、彼が私のせいで自分の子供と過ごせない人生を送ることになるのが嫌だった。
 
これで授からなかったら別れよう
 
そう思って、体外受精に挑むことを決意した。私にとっては、一生をかけた決意だった。
 
しかし……
 
なんと挑む前の血液検査でNGと言われてしまったのだ。
 
「今回は見送りましょう」
 
やっと決意したのに、スタートラインにも立たせてもらえない。絶望の淵に立たされた気分になった。今までどんなことも努力次第でどうにかなると思ってきた。勉強も仕事も、全て努力次第だと思っていた。食生活や生活習慣を変え、横浜の漢方医のところにまで行き、とにかく自分の体質改善になると思われることは何でもしているつもりだった。しかし、どんなに努力してもどうにもならないことがあるのだと思い知らされた。
 
気がついたら、同じように不妊に悩んだ末に子どもを授かった友人に連絡をとっていた。
 
「ちょっと話を聞いてもらえないかな」
 
友人は快諾し、受け入れてくれた。一通り想いを吐き出した私に友人はこう言った。
 
「子育ては、自分の努力だけではどうにもならないことばかりだと思い知らされる日々の繰り返しかもしれないなぁ」
 
ハッとした。当たり前のことが見えていなかった。子どもを授かることはゴールではない。子どもは自分とは別の人格なのだから、自分自身の努力だけで思い通りになるものではない。
 
そうか!子どもを育てると言うことは、そう言うことなんだ!
 
そう思ったら、なぜか心が軽くなった。
 
翌月の血液検査に無事合格し、そこからは有難いことに何事もなく順調に進むことができた。後にたくさんの友人と妊娠、出産について話すことになるのだが、体外受精は決して珍しいことではなく、全てが順調に進むことも決して当たり前ではなかった。
 
そんな経験をした後、無事私たちの元にきてくれた娘はたくさんの素敵な縁を私に運んでくれた。女友達がどこか苦手だった私は、ママ友は出来ないかもしれないと思っていた。しかし、娘が生後6ヶ月経たないうちに自ら親子サークルを作るほどの縁を運んできてくれていた。
今、私は新たな道に進もうとしている。それはきっとママ友との出会いがなければ考えなかったことだろう。彼女たちは今も私にたくさんの知らなかった世界を見せ続けてくれている。
 
「大人になったら離れないといけないと思ってたの?!そんなことないよ。一緒に居たいと思ってくれる限り、ずっと一緒に暮らそうね!」
 
娘にそう言って、私たちはたくさんのご縁に感謝しながら穏やかな気持ちで眠りについた。
 
 
 
 
***

この記事は、天狼院書店の大人気講座・人生を変えるライティング教室「ライティング・ゼミ」を受講した方が書いたものです。ライティング・ゼミにご参加いただくと記事を投稿いただき、編集部のフィードバックが得られます。チェックをし、Web天狼院書店に掲載レベルを満たしている場合は、Web天狼院書店にアップされます。
 

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

 

お問い合わせ


■メールでのお問い合わせ:お問い合せフォーム

■各店舗へのお問い合わせ
*天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


■天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
TEL:03-6914-3618/FAX:03-6914-0168
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
*定休日:木曜日(イベント時臨時営業)


■天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階
TEL:092-518-7435/FAX:092-518-4149
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00


■天狼院書店「京都天狼院」

〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5
TEL:075-708-3930/FAX:075-708-3931
営業時間:10:00〜22:00


■天狼院書店「Esola池袋店 STYLE for Biz」

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋2F
営業時間:10:30〜21:30
TEL:03-6914-0167/FAX:03-6914-0168


■天狼院書店「プレイアトレ土浦店」

〒300-0035 茨城県土浦市有明町1-30 プレイアトレ土浦2F
営業時間:9:00~22:00
TEL:029-897-3325


■天狼院書店「シアターカフェ天狼院」

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目8-1 WACCA池袋 4F
営業時間:
平日 11:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
電話:03−6812−1984


2021-02-06 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事