fbpx
メディアグランプリ

女の本能


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:大網 志乃(ライティング・ゼミ日曜コース)
 
 
「男のために化粧しているうちは、お子ちゃま」
 
御年81才、シルバーグレーのマダムが鮮やかなメイクを施して、にっこりこちらに微笑んでいる。
大阪市阿倍野区「文の里(ふみのさと)商店街」にある化粧品店、「ビューティーショップ ドリアン」のポスターなのだが、このポスターを見た時、わたしは思った。
「だれも見てなかったらメイクなんてしないでしょ」と。
 
わたしは、大手町にある会社でチームリーダーをしていて、一般的な会社でいう係長といった感じの、中堅どころなポジションで仕事をしている。毎日メイクをして出社しているが、チークがピンクだとがんばって若作りしているように見えるし、アイシャドウの色が濃いと五反田のキャバレーで働いているホステスみたいに見えるから、そのバランスは極めて難しい。まだまだ遊び盛りなお年頃だと思いたいけど、だんだん肌に無理がきかなくなってきているから、どんなに酔っ払って帰っても、寝る前にメイクだけは落とそうと思っている。
コロナ前、いつものように、ひとりで会社帰りに銀座で夕ご飯を食べていると、
「いまどこ?なにしてる?」
と、英会話帰りのA子がLINEをしてくる。A子はK社の役員秘書で、いつもメイクは完璧だ。仕事柄、華やかでフェミニン。
「見られ度が違うからね」とA子は言う。
じゃ、まずは一杯飲みにいきますか、と、京橋のワインバーにいくと、Z社勤務のB美がすでに、
「会社、隣だし」と言って飲んでいたりする。
B美は見た目、黒髪、ナチュラルメイクの清楚派だが、清楚なんていうのは見かけ倒しで、「男ウケがいいから」と、どこの女優かグラビアアイドルかというセルフ・プロデュース力で自らを演出している。
すると、
「今、青山なんだけど」とまた次のLINEがくる。
三人でタクシーに乗り、「青山までー」と言って、骨董通りのバーに行くと、中二階のソファー席でC世がいい感じになっている。C世は、「がんばっている若手女子風」が功を奏して、銀行の支店長代理になっていた。役員というおじさまたちは、がんばっている若手女子に弱いのだ。実際には、もうそれほど若手ではないのだが、アンチエイジングへの類まれなる努力で、そのイメージ戦略は成功していた。
四人でグラス片手に、ソファーに沈み込んでいると、誰かが、
「おなかすいた」となり、
全員で青山墓地の隅にある「かおたんらーめん」に行くことになる。
かおたんらーめんで、アサヒスーパードライをプシュっとやっていると、お墓とお墓の間から朝日が登ってくる。
「いいアサヒだねぇ」
と言いながら、じゃあねーと、それそれの家に帰ることになり、なんとかメイクを落として寝る。
 
それが、昨今のコロナ事情で外出自粛になり、オフィスどころか、飲みに行くこともなくなった。
「ひとりの夜は長いよね」とグループLINEにA子が、だーっと涙を流した顔の絵文字とともに送ってきた。
じゃ、オンライン飲み会でもやりますか、となり、久しぶりにみんなと顔を合わせることになったのだが、家から出ない、誰にも会わない、マスクで顔が隠れる、エステも美容室も行けてないし、家でひとりでいるのに、もちろんメイクなんかしない。多少ヨレヨレでも、自粛中なんて、こんなもんでしょ、と思っていた。ちなみに、アラサーとも言えない年になると、朝までかおたんらーめんした日には、寝ても次の日に肌が自然と復活するなんてことはない。おまけに、カラーリングもしなければならなくなるから、エステや美容室は必須なのだが、不要不急と言われればそれまでだ。それらに行けないとなると、どうなっているかは、さっしがついた。下地のすっぴんが綺麗じゃないと、メイクをしてもカバーしきれないのが大人の肌なのだ。それよりなにより、どうせ誰にも会わないのだから、行く必要もない。
ところが、久しぶりに見た三人は、
 
美に、より一層の磨きをかけていた。
 
みんな、顔がツルツルぴかぴかになっているじゃないの。
それ、新色のリップ?
なにがあったの?
 
A子「せっかく時間ができたから、暇な時間に美容を極めてみた」
B美「新しいお化粧品とかチェックしてると、欲しくなってポチる」
C世「エステに行けない分、お化粧品にお金がかけられるようになった」
 
「男のために化粧しているうちは、お子ちゃま」
 
その瞬間、「ビューティーショップ ドリアン」のポスターのマダムがにっこりしながらも、雷のような衝撃をわたしの脳みそ与えた。
 
そうだったのか。
誰が見てようが、誰も見てなかろうが関係ない。
自分が美しくいるっていうことが大事で、メイクをしていたんだ。
みんな見かけを大事にして、それをなんなら手段にするために、メイクをしているんだと思っていた。
 
美しくなりたいと思う気持ちは、女の本能だったのだ。
それが、わかっていなかった。
わたしが、お子ちゃまだったのね。
 
 
 
 
***
 
この記事は、天狼院書店の大人気講座・人生を変えるライティング教室「ライティング・ゼミ」を受講した方が書いたものです。ライティング・ゼミにご参加いただくと記事を投稿いただき、編集部のフィードバックが得られます。チェックをし、Web天狼院書店に掲載レベルを満たしている場合は、Web天狼院書店にアップされます。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

お問い合わせ


■メールでのお問い合わせ:お問い合せフォーム

■各店舗へのお問い合わせ
*天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


■天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
TEL:03-6914-3618/FAX:03-6914-0168
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
*定休日:木曜日(イベント時臨時営業)


■天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階
TEL:092-518-7435/FAX:092-518-4149
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00


■天狼院書店「京都天狼院」

〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5
TEL:075-708-3930/FAX:075-708-3931
営業時間:10:00〜22:00


■天狼院書店「Esola池袋店 STYLE for Biz」

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋2F
営業時間:10:30〜21:30
TEL:03-6914-0167/FAX:03-6914-0168


■天狼院書店「プレイアトレ土浦店」

〒300-0035 茨城県土浦市有明町1-30 プレイアトレ土浦2F
営業時間:9:00~22:00
TEL:029-897-3325


■天狼院書店「シアターカフェ天狼院」

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目8-1 WACCA池袋 4F
営業時間:
平日 11:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
電話:03−6812−1984


2021-02-14 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事