fbpx
メディアグランプリ

花粉症対策グッズに追加したいものはこれだ!!


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜


記事:垣尾 成利(スピードライティング特講)
 
 
2月に入り、暖かい日が増えてくると突然始まる毎年恒例の花粉症。
 
今年はキツイ、との前評判に戦々恐々としてしまうのだが、いざ始まってしまうと今年がどうこうじゃなく、毎年辛い。
 
単純に始まったら終わるまで毎日、辛いのだ。
 
私はスギ花粉だけなので、4月になればそのうち終わるけれど、ヒノキがある人はスギと入れ替わるようにもう一ヶ月程度続くから大変だなぁと思う。
イネやブタクサなどもあると、年がら年中花粉症と戦わなければならなくなってくる。
 
花粉症は、なってみないとその辛さはわからないから、花粉症じゃない人に「私は花粉症じゃないからその苦しみはわからないわ~」とか言われる度に、軽い殺意が芽生えてしまう。
 
今年はスタートダッシュから全速力で花粉の攻撃を受けている。
去年がそんなでもなかったから余計に辛く感じるのかもしれないが、目の痒みが強烈で、先日ついに外出していて目が開かなくなり、自宅に逃げ帰ってぐったりと寝込んでしまった。
 
今年はなんか違うような気がする。
今まで以上に予防に努めないと大変だ。
そう危機感を募らせているのだが、ついうっかりと花粉予防グッズを持って出るのを忘れてしまうことも多い。
 
自宅には花粉もしっかりと吸いこんでくれる空気清浄機をフルパワーで回しっぱなし、花粉が入りにくい構造になっている眼鏡と、コロナ禍で必須となったけれど、コロナ以上の恐怖で手放せなくなっているマスク、そして耳鼻科で処方してもらったアレルギー薬と目薬、ティッシュも欠かせない。
今年は更に目を洗浄する液体も購入して寝起きと帰宅時、就寝前の三回、そして外出先でも洗えるように持ち運ぶことにした。
 
これらをポーチに入れて常備しているのだが、これだけでは足りないのだ。
 
薬を飲めば楽にはなる。だからと言って花粉症の症状が消えるわけではないし、目薬を差したら痒みが瞬時になくなるわけでもない。症状を弱めてくれるだけの効果だ。
 
もっと根本的には体質改善や手術で対処することもできるかもしれないが、大抵は花粉が始まってから慌てふためくため間に合わない。
 
考えるべきは、症状が出たらどうするか、の対処法ではなく、そもそも花粉を吸い込まないためにどうすれば良いか? なのだ。
 
いつでもどこでもすぐに使えて簡単で即効性があるもの。そして持続力がある方法、これが一番楽な状態をキープできるもののはずだ。
 
もちろん、マスクや眼鏡も効果がないとは言わない。
言わないけれど、どれほど楽になれるのか? と言うと実はそんなでもなかったりする。
 
隙間から花粉は確実に入り込んでくるのだ。
 
花粉の侵入をいかにして阻むかが、辛さ痒さを軽減させるために必要なのだ。
 
そこで、とっておきのアイテムをご紹介したいと思う。
これ一つあれば、花粉の侵入を大幅にブロックしてくれて楽になれるのだ。
薬効はないけれど、薬以上に効果があり、それでいて大変安価に入手できる。
 
そのアイテムとは、「ワセリン」だ。
 
「ワセリン」をご存じだろうか?
 
ボクシングの試合でボクサーがパンチのダメージを減らすために顔面に塗りたくっている、あれがワセリンだ。
  
効能効果は手足のヒビ、アカギレ、皮膚のあれ、その他皮膚の保護だ。
 
そう、その他皮膚の保護、この効能が花粉を最大限にブロックすることになるのだ。
 
使い方は簡単だ。
まず眼の周り、まぶたやまつ毛にも付着するように塗り付ける。
そして鼻の周り、鼻の穴の周囲と鼻の穴の中にも塗り付ける。
これだけだ。
 
こうすることで、花粉が吸着してくれ、眼や鼻の中に花粉が入るのをかなり防いでくれるのだ。
 
少々テカテカするけれど、幸い今は皆がマスクを常時着用しているから鼻は見えないし目元も隠れてくれるから、たっぷり塗っていてもそんなに目立たない。
 
ワセリンを塗ったうえでマスクを重ねればほとんど花粉を感じることがないくらいの防御力を発揮してくれるのだ。
 
また、ワセリンを寝る時に塗って寝るととても楽に眠れるのだ。
 
布団に入る時、一旦布団を捲るが、この時に布団や床に落ちていた花粉がふわっと舞い上がってしまう。
舞い上がった花粉が寝てる間に顔に降りかかってくるのだ。
 
このせいで寝ている時にも痒みを感じたり、起きたらいきなり鼻水が滝のように流れ落ちたりするのだが、ワセリンを塗っておくと降りかかってきた花粉はワセリンに吸着するため眼や鼻に入ってこない。
 
しかも大変安価だ。
ドラッグストアで売っている小さな容器のものでも300円程度で買うことができるし、一度に使う量も少ないのでかなり長持ちする。塗ったついでに手に塗り込めば、肌の乾燥防止にもなるので一石二鳥でコスパ最高なのだ。
 
ひとつ買えばワンシーズン以上十分持つし、万一外出時に忘れてしまっても気軽に買うこともできる。そもそも花粉の時期に目立つ存在のものでもないので、売り切れていることも無いだろう。
 
外出前に塗って出る、寝る前に塗って寝る、そんなふうに何かをする前に塗るのがポイントだ。
 
これだけであなたの花粉の苦しみは大幅に軽減すること間違いない!!
 
私はワセリンを使うようになって数年になるが、毎年ワセリンのお陰で苦しみと痒みを大幅に軽減できていて、どの対策グッズよりも一番の、全幅の信頼を寄せている。
 
薬効は一切ないが、効果は抜群、これまで紹介した人からの評価も上々だ。
 
最強の助っ人となるであろうワセリン。
 
ぜひ、あなたの花粉症対策グッズに追加してみてください。<終わり>
 
 
 
 
***
 
この記事は、天狼院書店の大人気講座・人生を変えるライティング教室「ライティング・ゼミ」を受講した方が書いたものです。ライティング・ゼミにご参加いただくと記事を投稿いただき、編集部のフィードバックが得られます。チェックをし、Web天狼院書店に掲載レベルを満たしている場合は、Web天狼院書店にアップされます。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

お問い合わせ


■メールでのお問い合わせ:お問い合せフォーム

■各店舗へのお問い合わせ
*天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


■天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
TEL:03-6914-3618/FAX:03-6914-0168
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
*定休日:木曜日(イベント時臨時営業)


■天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階
TEL:092-518-7435/FAX:092-518-4149
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00


■天狼院書店「京都天狼院」

〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5
TEL:075-708-3930/FAX:075-708-3931
営業時間:10:00〜22:00


■天狼院書店「Esola池袋店 STYLE for Biz」

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋2F
営業時間:10:30〜21:30
TEL:03-6914-0167/FAX:03-6914-0168


■天狼院書店「プレイアトレ土浦店」

〒300-0035 茨城県土浦市有明町1-30 プレイアトレ土浦2F
営業時間:9:00~22:00
TEL:029-897-3325


■天狼院書店「シアターカフェ天狼院」

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目8-1 WACCA池袋 4F
営業時間:
平日 11:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
電話:03−6812−1984


2021-03-15 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事