fbpx
メディアグランプリ

福岡に来るならば、絶対食べて欲しい地元民お勧めグルメ


(画像)提供:福岡市

 

記事:聡苑さま(ライティング・ゼミ)

 

九州の玄関口福岡。福岡は玄界灘から運ばれる新鮮な魚、福岡の中心部天神から車で40分ほどの近さで、新鮮な野菜が採れる糸島。近隣の佐賀や九州中から届く豊富な食材の恵まれた土地です。そこでやはり話題になるのが、福岡グルメ。福岡グルメ定番といえばモツ鍋、水炊き、博多餃子、海鮮料理、博多ラーメンなど色々ありますが、福岡県民としてお勧めしたいのは、福岡のうどんなんです。

 

えーー、福岡に来てまでうどん? という感じかもしれませんが、福岡県民のソウルフードと言えば、うどんなんです。小さいころ休みの日に昼ごはんといえば、うどん。風邪ひいた、お腹がいたいとなるとお母さんが作ってくれたのは必ずうどん。今でも家族の外食でも良く行くのがうどん屋さんなんです。確かに豚骨ラーメンも食べますし、好きですけど、どちらかというとラーメンは会社の飲み会や、二次会に締めのラーメンという感じで、メインはやっぱりうどんです。しかも博多はうどん発祥の地と言われています。福岡市にある承天寺には、うどん発祥の地という石碑も建立されているくらい、庶民には身近な存在です。

 

福岡のうどんの特徴といえば、何と言ってもコシの無いやわやわな、ふわふわな麺。いりこや鯖節や昆布でとった出汁に、九州の甘めの醤油で味付けをした、優しい味の出汁です。その優しい味にふんわりと合うやわらかいうどん麺。

 

何故讃岐うどんのようにコシのある麺では無く、やわらかい麺かというと、せっかちな博多人は待ち時間短縮の為に、あらかじめ麺を茹で上げておいて、注文を受けてから麺を温めなおすというスタイルだからです。なのでやわらかい麺になります。その福岡のうどんに合うトッピングと言えば、「ごぼう天」です。本州の方でごぼう天といえば、おでんの練り物のイメージですが、こちらでごぼう天というと、そのまんま、ごぼうのかき揚げです。お店によって笹がきにしたり、細切りにしたりと切り方は様々ですが、「ごぼう天」地元では「ごぼてん」と呼びますが、このごぼ天がトッピングの第一人気です。

 

私の勤める百貨店には社員食堂がありますが、その社員食堂でも一番人気がごぼ天うどんです。カウンターの中で調理のおばちゃんがあらかじめ茹で上げたうどん麺を、注文を受けて、ざるの中に麺を入れ、沸騰したお湯にざるごと10秒程入れ、麺が温まったとなると、チャッチャッと湯切りをし、丼の中に麺を入れ、熱々の澄んだ出汁を麺の上にさっとかける。ふんわりと香る優しい出汁に、その上に細切りのごぼう天を上に乗せれば、ごぼう天うどんの出来上がりです。

 

ごぼうだけがメインでそれだけって美味しいの?

 

と思われると思いますが、ごぼう天だけでも十分メインになるトッピングなんです。福岡のうどんの出しは透明のスープに優しい味です。そのままだとあっさりしすぎて物足りないのですが、ごぼう天が上に乗ることで、揚げ物特有のコクがスープにじんわり溶け出し、ごぼうの歯ごたえが麺のやわらかさとあいまって、じんわりと美味しいうどんになります。

 

うどんは外食をする会社員のランチにも強い見方です。限られた昼休みの中は、安くて美味しくて待たせないというのは本当に重要なんです。会社から出て帰るまでの移動時間、料理を注文してから出てくるまでの待ち時間を計算すると、昼休みが1時間とすると、店内にいられるのは多くて40分。サービス業だと歯磨きをしたり化粧直しを考えると30分程でしょうか?その中でサッと出てくるって。お腹を満たすだけでなく、メールや電話、気分転換や同僚とのおしゃべりという大切なランチは、正に時間との勝負になります。

 

福岡のうどんのトッピングに欠かせないのはごぼう天ですが、ごはん物だと、かしわごはんもぜひとも一緒にセットにして頂きたいです。九州、関西地方では鶏肉をかしわと言いますが、かしわご飯は、鶏肉と野菜を細かく切って、出汁と醤油で味付けをした所謂たきこみご飯です。かしわごはんをお店で頼むとあらかじめ三角のお握り形に握った所が多いですが、これがうどんのあっさりとした醤油出汁と、かしわご飯のちょっと強めの醤油の味とあいまって、本当に良い組み合わせなんですよ。

 

私の家は毎週日曜の夜はかしわご飯でしたし、今でも人が集まる時や、お祝いごとでは、かしわご飯を炊くくらい、本当に身近な食べ物です。まさに福岡の庶民のソウルフードと言って過言ではないと思います。

 

うどんはどこで食べられるかって?庶民のうどんは本当にどこででも食べられます。駅や空港、は必ずお店はありますし、会社の多い場所では必ず近くにうどん屋さんはあります。チェーン店や個人で長年営業されていらっしゃる所も多いですし。

 

身近なうどんなので、華はないですし、うどんは日本全国どこででも食べられる国民食だと思います。だからこそ、それぞれ地域の味や風土にあった料理というものが出来上がると思います。ぜひとも福岡に来られたら、地元民が愛するごぼう天うどんもちろん、かしわご飯をセットにして楽しんでみてください。本当にお勧めです。

 

***
この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加いただいたお客様に書いていただいております。
「ライティング・ゼミ」のメンバーになり直近のイベントに参加していただけると、記事を寄稿していただき、店主三浦のOKが出ればWEB天狼院の記事として掲載することができます。

【東京/福岡/通信】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?〜《最高ランクの「ゼミ」に昇格して12月開講!初回振替講座2回有》

 

 

【天狼院書店へのお問い合わせ】

TEL:03-6914-3618

【天狼院公式Facebookページ】 天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。

【天狼院のメルマガのご登録はこちらから】

メルマガ購読・解除

【有料メルマガのご登録はこちらから】

バーナーをクリックしてください。

天狼院への行き方詳細はこちら


2016-03-09 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事