fbpx
メディアグランプリ

【必読】これを読むと幸せになれます



記事:小矢(ライティング・ゼミ)

人生は小さなことから大きなことまで選択の連続だ。今日のお昼は何を食べるかということから、就職、転職、結婚、引っ越しなど大きなことまで。
日々の選択の集大成が、今、ここの自分をつくっている。

となれば、失敗したくない。後悔のない選択をしたいと思うのが人情。

とは言え、情報をたくさん収集しても、選択できないこともある。むしろ、迷いが深まる。条件は良くてもなんとなく気が進まないこともあるだろう。

ああ、私の選択が正しいか誰か教えて~! と叫びたくなる。
20年ほど前の話。
私は「直観力養成講座」なるセミナーに参加したことがある。練習すれば誰でもチャネラー(高次元の情報を伝える人)の能力を身に着けられるというのだ。その頃、私は優柔不断な自分がいやで、スッキリ選択できる人になりたかった。

セミナーには50名くらいの男女が参加していて盛況だった。
様々な訓練をして、閉じ込めていた直観力を解放するのだ。

例えばこんな風に。

事前に集めた個人の私物をランダムに選び、物から持ち主の情報を当てる。(私は事前に自宅の鍵を出していた)

私の鍵を手に取った人は、持ち主(=私)をこう描写した。
「この鍵の持ち主は、非常に自分に厳しい。とても疲れていて、今は癒されたい、休みたいと思っている」
これだけだったが、その時は妙に当たっていると思った。
確かに私は疲れていたし、だからいつも癒されたかった。この人すごいかも!

今度は私の番だ。

私は、カラーペンのセットを選んだ。イチゴのイラストのついたカラフルなペン。
困ったなあ。しょうがないので、私はペンの特徴(それを好むタイプ)を言ってみた。
「このペンの持ち主は女性。小さなことに喜びを見いだす感性を持ち、好奇心が旺盛ですね」
ペンの持ち主(女性)からは「当たっている!」と言われた。

どうも確信が持てない。こんな当たり前のことでいいのか? チャネラーって、もっと特別な人なんじゃないの?
次は、ペアになって正面に座り、手を握り合い、相手の頭の中を読むということをした。
緊張が伝わる。でも、正直相手の頭の中なんて何も読み取れない。焦る。

困り果てた私は、とうとう開き直った。何も失うものはない。もともと妄想力はあるのだ。
私は勝手に相手の女性を主人公にストーリーを語りだした。

「湖のほとりで、しゃがんでいるあなたが見えます。太陽が沈みはじめています。すっかり日が暮れました。あなたはとても悩んでいます。今日は満月です。とうとう意を決して立ち上がり、あなたは歩き始めます。周りには誰もいません。あなたは新しい道を行くと決意しました。そして、一人で歩きはじめたのです」

「やはり一人で行くのですね! その先はどうなるのですか?」
ペアの女性が、突然叫んだ。

驚いたのは私の方だったが、彼女の反応に勇気づけられ、徐々に調子が乗ってきた。
「大丈夫です。地平線の向こうから日が昇り始めています。夜明け前が一番暗いのです。ああ、その先には、素晴らしい人間関係が待っています」

ただ、励ましたのだ。

「ありがとうございます!! 嬉しい!」
彼女は本物のチャネラーを前にしたように、感激のあまり涙を流していた。

後から聞くと、彼女は離婚して、一人で仕事をしようとずっと悩んでいたそうだ。
私の話に勇気づけられ、背中を押されたと感じたらしい。

当たるも八卦、当たらぬも八卦。

このセミナーで、私の直観が磨かれたかどうかはわからない。
でも、今ならわかる。

私たちの悩みや希望は、正直、普遍的なものだ。誰でも、幸せになりたいから、仕事(お金)、家族(人間関係)、健康(美)、生きがい(真理への希求)といったさまざまな活動をしている。

つまり、私たちは自分の活動に対して、「それで大丈夫よ」と太鼓判を押してもらいたいのだ。だから、人生の営みに対して抽象度高く語られると、受け手は勝手に自分をそこに当てはめて補正して話を聞くのだ。もちろん、相手への依存度(信頼度)が高ければ高いほど、自分のことをわかってくれていると錯覚するのでより当たっているように感じる。

プロとプロでない人を分けるのは、場の支配力なのである。内面は必ず外面を変えるから、観察眼が高い人なら、かなりの確率で何に悩んでいるかわかる。

先日、雑誌の星占いコーナーを昔担当していたライターの女性から教えてもらった。占いには虎の巻があって、どのライターもだいたい同じことを書くのだそうだ。そして、ラッキーアイテムやラッキーカラーなどは、スポンサーとの兼ね合いを考えながら、彼女が適当に選んでいたとのことだった。

占いを否定しているわけではない。私たちには、外側から言ってもらうと安心できるというクセや、自分の見えないものを見えるという人、知らないことを知っているという人を無条件に信じてしまう傾向があるということだ。
さて、話を戻そう。

私たちは、幸せになるために生きている。
そして、後悔のない選択をしたい。

それは可能だ。

あなた自身が、あなたのチャネラーになることだ。

選択し続けるものを、やがて人は体験することになる。
だから、その選択が正しいか間違っているかをさがすより、幸せになるための選択を続ける強さの方が大切なのだ。言葉はあなたの決意を閉じ込める貴重な道具だ。
「私の文章を読むと幸せになれます」

これは、私が私にかける魔法(言葉)なのだ。
だから、いつか、そうなるだろう。

あなたは、ご自分にどんな魔法をかけていますか。

 

***
この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加いただいたお客様に書いていただいております。
「ライティング・ゼミ」のメンバーになり直近のイベントに参加していただけると、記事を寄稿していただき、店主三浦のOKが出ればWEB天狼院の記事として掲載することができます。

【通信受講/日本全国対応】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ2.0」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜《この春、大人気ライティング・ゼミが大きく進化します/初回振替講座有/全国通信対応》

 

 

【天狼院書店へのお問い合わせ】

TEL:03-6914-3618

【天狼院公式Facebookページ】 天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。

【天狼院のメルマガのご登録はこちらから】

メルマガ購読・解除

【有料メルマガのご登録はこちらから】

バーナーをクリックしてください。

天狼院への行き方詳細はこちら


2016-07-02 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事