fbpx
メディアグランプリ

教養のすすめ


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

【2月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《平日コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:小山 美和(ライティング・ゼミ 平日コース)

「天は人の上に人を造らず、人の下にも人を造らず」
あまりにも有名なこの言葉は、言わずと知れた学問のすすめの一説、福沢諭吉の言葉だ。
日本人なら誰でも知っているこの「学問のすすめ」だが、はて読んだことがあったのか?
学校で習うので、読んだような気になっていたが、よくよく考えたら今まで読んだことがなかったのだ。

日課としている書店巡回のとき、ふと目に留まったこの「学問のすすめ」だ。
書店は、最先端のものから古典まで揃っていて、アイデアの宝庫だ。
私にとって書店は、オロナミンCのようだ。
それは、仕事に行き詰まったり、やる気がわかない時に書店に行くと、あっという間に本に夢中になってしまい、やる気にあふれて、早く仕事がしたいと思うようになるのだ。
そして、その時々に必要な本を見つけさせてくれるのだ。
書店員さんたちは、私が必要としている本がなぜ分かるのか? なぜ、そこにディスプレイしてあるのだ? といつも不思議に思っている。
そして、その日は「学問のすすめ」と出会ったのだ。
なぜか、読まないといけないというか、初めからこの本を探していたような気持ちにまでなっていた。
その本は、現代語訳をされたもので、とても読みやすくなっていた。
少し立ち読みしてみると、訳者が「最近の学生は学問のすすめを読んでいない人が多い。文語体が読みにくくて読んでいないのなら、あまりにももったいない」と書いていた。
あまりにももったいないと言われているこの本を読んでいないとは、何ということだ。
私は、ものすごく損しているように感じたとともに、私が欲していたものはこれだったんだと確信した。

読んでみると、私は福沢諭吉という人物を勘違していたと思った。
随分と厳しいことを言う人だったと知った。
一つ一つ例え話をされており、その例え話がとても細かく、そんなところまで見ているのかと驚いた。
その時代背景まで読み取れて、とても興味深い内容だった。
時代は違うものの、おおよそ今の時代でも適用できる内容で、私の生活をどこかから見ていて、注意されているように感じた。
特に胸に刺さった言葉は、
「人生というものは、思いのほかに悪事をなし、思いのほかに愚かなことをやり、思いのほか事を成さないものなのである」
「その原因はと言えば、ただ流れに身を任せて生きているだけで、かつて自分自身の有様を反省したこともなく、『生まれて今まで自分は何事をなしたか、いまは何事をなしているか、今後は何事をなすべきか』と、自身の点検をしてこなかったことによる」
図星過ぎて、かなり堪える言葉であった。
太宰治からも「恥の多い人生を送って来ました」と私に向かって言っているように感じたり、チコちゃんからも「ボーっと生きてんじゃねえよ!」と言われているようである。
もっと早くこの本を読んでいればよかった。と思ったが、読んでいたとしても覚えていただろうか? と思う。
そして、まだ今のうちでよかった。と思うべきであろう。
まだ間に合うのではないか? と自分に期待している。

ちょうど、この春から慶應義塾大学の通信制に通うことにしていて、奇しくも福沢諭吉が創始者であったことから、今私が気付くべきことであったのだと思った。
人生はすべて必然なのだと、何一つ無駄はないのだと、痛感させられた。
なぜ大学に通おうと思ったかというと、ブログを書くために通い始めたライティングゼミの影響で、書くことの奥深さを知ったからだ。
そして本の著書にまで思いがいくようになり、本当は何を伝えたいのだろうか?と、本を読むことの奥深さをも知った。
そして、もっと深く文学を知りたいと思い、文学部に行って学んでみようと思ったからだ。
自分は、上辺だけ撫ででいて、本の深層を理解できていないのかもしれない。
本を読み、いい本だったなと感動しても、上手く自分の言葉で言い表すことが難しいのだ。
心では感じているのに、言葉にして表現することが出来ないもどかしさを感じていた。
「学問本来の趣旨は、ただ読書にあるのではない。物事を『観察』すること、物事の道理を『推理』して、自分の意見を立てること」
やはり、自分が出来ていないことを指摘してくれていると、この本は気付かせてくれた。

人には、基準点が必要だ。自分を、自分の現在点を図る基準点だ。
自分が今どこにいて、どこに進もうとしているのか、自分を見失うことのないよう大海原に出た時の北極星のような存在だ。
それがないと、いつも揺れ動き、心は絶えず不安に駆られてしまう。
ここに戻ると、自分の間違いや、成すべきことを気付かせてくれるから、いつでも再出発することができる。

おそらく多くの人はこの本を読んだことがあるのだろうが、今でも胸に刻んで覚えている人は、そう多くはいないだろうと思う。
今一度、福沢諭吉が何を言いたくて、我々に何を期待していたのか、読み返す必要があるのだろうと思う。
「今あなたはどこにいますか?」と。
そのために、学問があなたの助けになることを教えてくれている。
福沢諭吉は、時に厳しく、時に優しく、行くべき道を照らしてくれるはずだ。

*** この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加いただいたお客様に書いていただいております。 「ライティング・ゼミ」のメンバーになり直近のイベントに参加していただけると、記事を寄稿していただき、WEB天狼院編集部のOKが出ればWEB天狼院の記事として掲載することができます。 http://tenro-in.com/zemi/66768

天狼院書店「東京天狼院」 〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F 東京天狼院への行き方詳細はこちら

天狼院書店「福岡天狼院」 〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階

天狼院書店「京都天狼院」2017.1.27 OPEN 〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5

【天狼院書店へのお問い合わせ】

【天狼院公式Facebookページ】 天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


2019-01-31 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事