fbpx
天狼院通信

池袋の新しい「起点」になる《天狼院通信》


おはようございます。東京天狼院、最短のオープン予定日まで67日(L-67)でございます。
これは今建設中の豊島区役所でございます。高層ビルになって、上はマンションになるんだそうです。完成は二年後。
ただし、毎日池袋で生活していると、もうすでに変化の予兆をあちこちで感じることができます。数年後、この一帯が面白いことになる。
そして、池袋が日本で一番ホットな街になる。
そんな僕の憶測をいうと、ある人はこう言いました。
「池袋のあの一帯は今裏原化が進んでいる。面白い、おしゃれな店ができ始めている」
店が人を呼んで、人が店を呼ぶ。
大昔、二人のアントレプレナーがとある街のガレージで起業しました。その二人の事業は軌道に乗り、その事業に関連する企業が集まってきました。
アメリカのシリコンバレーがそうです。そして、その元になったのが、ヒューレットとパッカードが起こした企業、すなわちにHPでした。
天狼院は確かに取るに足らないくらいに小さい。また、出店する場所は人通りがそんなに多い場所ではないかも知れない。
けれども、おそらく、天狼院には極めて優秀なお客様が集うことになる。夢を語らうことができ、しかもそれを実現することができる人が集うことになる。
だとすれば、その街の新しい「起点」になることが、あるいはできるかも知れないと本気で思っている次第でございます。
ということで、今日も全開バリバリのフルスロットルで参りましょう。

2013-06-24 | Posted in 天狼院通信, 記事

関連記事