fbpx
ゼミ

遺影写真を探すことなんか、何度もあることではないけれど。


 

記事:松下広美(チーム天狼院)

 

家の中の写真という写真をかき集めた。
アルバムが何冊かと、大きめのお菓子の箱いっぱいに写真があふれた。

どれにしようか。
最近の写真ないよね。
これは若すぎる。

あれこれ言いながら、母と弟と写真を選んでいた。
7年ほど前の、あと何日かでお正月だという夜のことだ。


父の遺影の、写真を選んでいた。


私たち兄弟の写真は、学校での写真や友達からもらった写真など、その時代時代の写真はある。
でも、家族の写真は少なかった。特に父の写真は。

カメラ、というものが家には存在しなかった。正確にいえば、父がポラロイドカメラは持っていたけれど、「撮る」という習慣はなかった。たまにある写真は、すごく昔の、父の頭に毛がふさふさしている写真か、民生委員で行った旅行での集合写真で、後ろの端っこの方に写っているものだった。
結局、遺影にした写真は、たぶん使い捨てカメラを現像に出したくて、余ったフィルムで撮った何気ない表情を撮ったものだった。
家族の誰も持っていなかったカメラだけど、私は友達が使い捨てカメラを持てば私も持ったし、友達が旅行にデジカメを持っていくというのを聞いて、私も買った。

いつしか自分でも「撮ること」に興味を持つようになり、レンズを交換できるような立派なカメラも持っている。
でも、やっぱり撮るのは、家の外での写真。
家の中で撮ったとしても、ペットである犬や猫の写真。
家族を撮ることは、ないに等しい。

例の「ファミリー・レコーディング講座」の業務命令が出たときに、講座のカリキュラムを見ていると、「写真」も残すうちのひとつだと書いてあった。
どんな写真を撮ればいいのか、改めて「撮らせて」なんていったら、母は口を真一文字に結んだ免許証の写真のような表情になるんだろうなって思った。


父の遺影の写真を選んだときを思い出す。

目的は「遺影の写真を探す」ってことだったけれど、一枚一枚写真を見ながら、

「この写真って、何年前?」
「お父さん、こんなに髪の毛あったの?」
「生まれたときから禿げてたわけじゃないでしょ」
「これ懐かしいね」
「どこ行ったときのだっけ?」
「Hさんたちと旅行に行ったときじゃない?」

時には笑い、時には涙を流しながら、思い出話に花が咲いた。


だれかの遺影写真を探すことは、できればしたくない。
でも、そのときのように、いろいろな思い出話をすることは何度しても、楽しくて面白い。

まずは、デジカメやスマホに入っている写真から、家族が写っている写真を探すところから、はじめようかな。
そうして集めた写真を見ながら、みんなで楽しくお喋りも、できるかな。


「ファミリー・レコーディング講座」はこちら↓

 

大切な人を記録に残す「ファミリー・レコーディング講座」文章と動画で家族を永久に残す2ヶ月間特別講義〔天狼院のゼミ〕**100名様限定**

 

大切な人を記録に残す「ファミリー・レコーディング講座」文章と動画で家族を永久に残す2ヶ月間特別講義〔天狼院のゼミ〕**100名様限定**

 

〔1ヶ月目〕
Chapter1/第1講 「7つのレコーディング・シート」と制作工程表
・制作工程表を作ろう
・1人でも制作可能だが、できれば親族で編集チームを組みたい
・編集方針を決めよう/チームの場合は編集長を決める
・「7つのレコーディング・シート」を埋めれば編集がしやすくなる
・編年体にすべきか、エピソード主義にすべきか?
*その他の項目は講義当日に明かします。

Chapter2/第2講 制作活動〔インタビュー/撮影/原稿ライティング/資料収集〕
・なるべく多くの写真・動画を集めよう/実はあそこに眠っている!
・親族へのインタビューは照れくさい/けれども◯◯を使えばクリアできる!
・撮影の仕方/スマホで十分!一眼カメラで撮るときの注意点
・ドラフト原稿を書こう!/表記の統一について
・あるいは完成品よりも◯◯が最も貴重な宝物になるかもしれない
*その他の項目は講義当日に明かします。

〔課題/実制作〕
課題制作期間中は、可能な方は、全国の天狼院書店で作業をなさってください。カフェのみの料金で相談に乗ります。全社員スタッフも制作していますので、インストラクターとして疑問点など共有できると思います。制作される方が多い場合は、地域毎に制作会を設ける場合があります。

〔2ヶ月目〕
Chapter3/第3講 編集作業〔テープ起こし/構成・目次/取捨選択作業/リライティング〕
・苦しくも楽しい編集作業へようこそ!/編集の定義と目的
・なぜ“テープ起こし“は完璧にやる必要はないのか?
・「7つのレコーディング・シート」を使い、構成・目次を作ると作業は劇的に楽になる
・コンテンツの取捨選択作業で気をつけておきたいこと
・上手い下手よりも遥かに重要なこと/自由にアレンジする
*その他の項目は講義当日に明かします。

Chapter4/第4講 アウトプット〔Wordデータ/電子書籍/書籍/雑誌/ZINE/クラウド共有/動画共有〕
・まずはデータの完成が最優先!アウトプットの手段は後で考えよう!
・アウトプットには様々な手段がある!
・もし新しく写真を撮るのなら
・レコーディングを定期的に更新すべき理由
・個人であるいはチームで編集後記を作ろう!
*その他の項目は講義当日に明かします。
*講義の内容は変更になる場合があります。変更は必ずお客様のメリットを重視しての変更になります。

 

講師プロフィール


三浦崇典 | Takanori Miura

1977年宮城県生まれ。株式会社東京プライズエージェンシー代表取締役。天狼院書店店主。小説家・ライター・編集者。雑誌「READING LIFE」編集長。劇団天狼院主宰。2016年4月より大正大学表現学部非常勤講師。2017年11月、『殺し屋のマーケティング』、『1シート・マーケティング』(ポプラ社)、を出版。ソニー・イメージング・プロサポート会員。プロカメラマン。秘めフォト専任フォトグラファー。

2009年4月1日、東京法務局豊島出張所にて「株式会社東京プライズエージェンシー」を設立登記。その後、編集協力や著者エージェント、版元営業のコンサルティング業等を経て、2013年9月26日に「READING LIFEの提供」をコンセプトにした次世代型書店(新刊書店)「天狼院書店」を東京池袋にオープン。
今は全国に店舗とサービスを広げており、2020年だけで、新規店舗を4店舗(湘南・渋谷・名古屋・大阪)オープン。現在は10書店1スタジオを運営。
景気や業界に関係なく持続可能なビジネスを生み出すマーケティング理論「7つのマーケティング・クリエーション」を構築した結果、ここ5年、運営会社である「東京プライズエージェンシー」は年に平均150%の指数関数的成長を遂げている。

【メディア出演】(一部抜粋)
NHK「おはよう日本」「あさイチ」、日本テレビ「モーニングバード」、BS11「ウィークリーニュースONZE」、ラジオ文化放送「くにまるジャパン」、テレビ東京「モヤモヤさまぁ〜ず2」、フジテレビ「有吉くんの正直さんぽ」、J-WAVE、NHKラジオ、日経新聞、日経MJ、朝日新聞、読売新聞、東京新聞、雑誌『BRUTUS』、雑誌『週刊文春』、雑誌『AERA』、雑誌『日経デザイン』、雑誌『致知』、日経雑誌『商業界』、雑誌『THE21』、雑誌『散歩の達人』など掲載多数。2016年6月には雑誌『AERA』の「現代の肖像」に登場。雑誌『週刊ダイヤモンド』『日経ビジネス』にて書評コーナーを連載。

 

▼ほかにも募集中のゼミラインナップはこちら!

【こちらをclick! 】

 

お問い合わせ


■メールでのお問い合わせ:お問い合せフォーム

■各店舗へのお問い合わせ
*天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


■天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
TEL:03-6914-3618/FAX:03-6914-0168
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
*定休日:木曜日(イベント時臨時営業)


■天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階
TEL:092-518-7435/FAX:092-518-4149
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00


■天狼院書店「京都天狼院」

〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5
TEL:075-708-3930/FAX:075-708-3931
営業時間:10:00〜22:00


■天狼院書店「Esola池袋店 STYLE for Biz」

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋2F
営業時間:10:30〜21:30
TEL:03-6914-0167/FAX:03-6914-0168


■天狼院書店「プレイアトレ土浦店」

〒300-0035 茨城県土浦市有明町1-30 プレイアトレ土浦2F
営業時間:9:00~22:00
TEL:029-897-3325


■天狼院書店「シアターカフェ天狼院」

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目8-1 WACCA池袋 4F
営業時間:
平日 11:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
電話:03−6812−1984


■天狼院書店「湘南天狼院」

〒251-0035 神奈川県藤沢市片瀬海岸2丁目18−17 2F
営業時間 10:00~22:00
TEL:04-6652-7387

■天狼院書店「天狼院カフェSHIBUYA」2020.8.4 OPEN

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前6丁目20番10号
MIYASHITA PARK South 3階 天狼院カフェSHIBUYA
営業時間 11:00〜21:00
TEL:03-6450-6261

■天狼院書店「名古屋天狼院」2020.9.18 OPEN

〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内3-5-14先
営業時間 10:00〜22:00
TEL:052-211-9791

■天狼院書店「パルコ心斎橋店」2020.11.20 OPEN

〒542-0085
大阪市中央区心斎橋筋1丁目8-3
心斎橋PARCO 9F
営業時間 10:00〜20:00
TEL:06-6563-7560


関連記事