fbpx

天狼院通信

◼︎ 新しい “本” を発信するメディア『天狼院通信』

「天狼院通信」とは、「新しい “本” のかたち」をお届けする、天狼院書店店主・三浦が発信するメディアです。

“本” とは、本来、どんなものか?
たとえば、「孔子」の時代に遡ると、「本の起源」とは、その話を書き留めたノートではなく「孔子の話」自体に価値があります。
天狼院では「有益な情報」を「本」と定義しています。

「有益な情報」をお届けするため、テキストや紙の書籍だけでなく、音声データ、動画、ライブなど……
さまざまなパッケージを通し、有益な情報=「本」を発信していくのが、「天狼院通信」です。

What’s New?

2022-08-22

【秋と言えば、“数学の秋“です、間違いなく。/400日後に消える社長の話】《天狼

2022-08-21

【寝ても覚めてもBOOKLove〜恋愛目的読書会〜/401日後に消える社長の話】

2022-08-18

演劇をラーメンのように売りまくるプロジェクト、始動!【404日後に消える社長の話

2022-08-10

412日後に消える社長の話《天狼院通信》

2022-08-05

死亡フラグ《天狼院通信》

2022-08-04

空気が成果を創る《天狼院通信》

2022-08-03

これからの時代の優位性《天狼院通信》

2022-08-02

第1回恋愛目的読書会「BOOKLove」レポート/延べ19件38名様が連絡先交換

2022-08-01

改めて天狼院秘本について

2022-03-10

忙しいから汚くても仕方がないという論法が1ミリも理解できない《天狼院通信》

2021-07-16

『竜とそばかすの姫』を観て、もう細田守監督の次の映画は観たくないと思った。《天狼

2020-09-24

天狼院クリエイターズ・マーケット〜7つの顔を持つ書店の新概念、いよいよ本格始動!

1 2 3