fbpx
【天狼院のゼミ/7月〜開講コース】

★8月末まで早割10%OFF!【2022年10月開講】フランス文学講座/フランスの伝統的小説『心理分析小説 Roman d’analyse』を読み解く!スタンダール『赤と黒』 〜自意識と欲望と義務と恋〜

thumbnail


■POINT
・世界文学/フランス文学の古典を読む
・フランスの伝統的な小説ジャンル『心理分析小説』で、繊細な心理描写をしがむ!
・ニーチェは、「ヨーロッパ最大の心理学者」と評価!スタンダールの『赤と黒』から学ぶ心理学と哲学
・フランスの歴史と文学を同時に学ぶ!歴史と文学の繋がりを知る
・宝塚モチーフとしても人気!『赤と黒』のドラマチックなストーリーを楽しむ

いつもありがとうございます。天狼院書店スタッフの鳥井です。
今回、初開催の文学講座の開催が決定しました!!

フランスの伝統的小説『心理分析小説 Roman d’analyse』を読み解く!
スタンダール『赤と黒』 〜自意識と欲望と義務と恋〜

あなたは、フランス文学を読んだことがありますか?

フランスの伝統的な小説ジャンルに『心理分析小説 Roman d’analyse』というものあるのだそうです。
それは、登場人物たちの繊細な心の動きに光を当てた心理小説。

・ほんの些細な行動や言葉が、実は大きな意味を持っていたり。
・登場人物の行動や独白から、思わず自分にも当てはまるのでは、と読者が思ってしまうような深い「人間心理」が描かれていたり。
・読み返したり考察するごとに、たった一人の人物を、より多層的に味わうことができたり。

今回は、そんなフランス文学『心理分析小説 Roman d’analyse』の世界へ、みなさんをご招待したいと思っています!

取り上げるのは、フランス近代小説の「草分け」とも言われる小説。

スタンダール『赤と黒』です。

このスタンダール、当時こそ世間に評価されなかったものの、実は、

・ドイツの哲学者ニーチェから、「ヨーロッパ最大の心理学者」と評価されていたり、
・19世紀フランスを代表する小説家バルザックに作品を激賞されて、70ページにも及ぶ書評を書かせたり
(手紙の中では「あなたに嫉妬した」とまで言わせたそうです。)
・『失われた時を求めて』でお馴染みの小説家プルーストからも、小説『パルムの僧院』について「まずタイトルの音がいい」と絶賛され
20世紀を代表する批評家ロラン・バルトからも評価され、
・日本でいえば、『野火』を書いた大岡昇平からも絶賛され、

と、名だたる文人たちからの評価を欲しいままにしているのです………!
(当時、本人は「自分は80年後に評価されるだろう」と述べて、実際その通りになったようです。)

それに、ともかく、この『赤と黒』は登場人物たちが【濃くて、魅力的】!!

私事ながら、主人公のジュリアン・ソレルに初めて出会った時には、「全く、お前ってやつは!」と思いながらも、過剰すぎる自意識と自尊心に呆れているのに、どうもなぜか憎めなくて、なんなら少し尊く思えたりして……
最初は理解できないほど“ぶっ飛んでいる”と感じるからこそ、そのミステリアスさにどんどん引き込まれていく、読者の目を離さない主人公なわけなのです!

しかも、それが主人公だけではない! 

不倫相手のレナール夫人に、ダブルヒロインとして登場するマチルド、そもそもこの物語の起点となるレナール氏など、「ちょっと、君たち濃すぎない?」というキャラクター達が勢揃い!

冒頭で『心理分析小説 Roman d’analyse』と紹介した通り、それらのキャラクター達の心理が、ほんの一言の描写で、行動で、あるいは独白で、それぞれに紡ぎ出されて『赤と黒』の物語全体がクライマックスへと向けっていくわけです!

あぁ、そして最後には…………
物語の結末、そこに至るまでの人物描写、小説の発展の中での『赤と黒』の立ち位置、実は当時の歴史を色濃く反映している物語の舞台などなど!

ぜひ、この『フランス文学講座』の中で、めくるめく『心理分析小説 Roman d’analyse』・『赤と黒』の世界を皆さんとじっくり味わっていければ幸いです!
どうぞよろしくお願いいたします。

カリキュラム


※下記の内容を全6回の講義で、お話いただきます。

■歴史的観点・時代背景から見る『赤と黒』
・文学史的な位置付けのなかで、『赤と黒』にはどういう独創性があるのか
・フランス革命真っ只中!社会のシステムや人の生き方が変わっていく動乱の時代
・フランスの歴史とフランス革命と『赤と黒』
・作中人物の性格・行動心理に、歴史はどう反映されているのか
・ベルテ事件・当時の新聞とスタンダールの関係性
・軍人、ジャーナリスト、外交官であったスタンダール
・新聞と王政復古時代のつながり
・識字率の変化について

■小説の手法について
・小説の手法
・視点の話「語り手と作者の両方の登場」
・スタンダールはなぜそのような視点を思いついたのか
・それ以前とは違う視点の書き方とは?

■小説の発展段階における『赤と黒』
・『赤と黒』は、フランス近代小説の草分け!
・『赤と黒』から始まる小説の派生
・スタンダールとバルザックは、日本での夏目漱石と森鴎外?

■登場人物・エピソートからみる『赤と黒』
《レナール氏 〜常に「潜在的なライバル」に支配された虚栄心〜》
・ニーチェも評価!心理学的側面からの人物描写
・欲望は「欲しい対象」ではなく、実は「他の何か」によって喚起されている!?
・正反対の描き方をする『ドン・キホーテ』
・なぜスタンダールは、この小説をレナール氏についての記述で始めたのか?

《レナール夫人 〜「平凡な女性」の“真のキャラクター”〜》
・レナール夫人の「古典主義的な恋愛心理」の分析
・レナール夫人の「恋心の発生」について
・些細な変化を描くことで、心の動きを表現する 小説描写について
・レナール夫人の「身体的な告白」
・レナール夫人とスタンダールとジュリアン・ソレルの類似性
・二人の恋の非対称性
・ファーストインプレッションでは見えてこない真の姿とは?
・恋愛小説としての『赤と黒』

《主人公ジュリアン・ソレル 〜自意識と自尊心の奥に潜む“本心”とは?〜》
・主人公の特徴的な登場シーン
・「当時の新聞記事」「実際の事件」から着想された人物
・ジュリアン・ソレルの「ノンフィクションとフィクション」の部分
・「意思」ではなく「義務」で動くキャラクターとは?
・ジュリアン・ソレルの恋ではない〈恋〉
・ジュリアン・ソレルと2人目のヒロイン「マチルド」と虚栄心
・ジュリアン・ソレルは野心家か?ピュアか?
・ジュリアン・ソレルの死の向き合い方(キリスト教と現世での幸福)

《ピックアップ・エピソード》
・レナール夫人とジュリアン・ソレルが手を握る《裏側の心理》について
・二人の「恋の非対称性」
・ナポレオン軍軍人への憧れと、その代償行為として恋の駆け引き
・裁判でのジュリアン・ソレルの証言
・2センテンスほどの、ごく短い「死の描き方」
・「初めてここまで内的独白を用いた小説はない」

■スターンダールに対する世間的な評価 / 各作家からの評価
・当時、『赤と黒』は、世間からは酷評だった
・ニーチェは、スタンダールを「ヨーロッパ最大の心理学者」と評価!
・バルザックは、スタンダールの『パルムの僧院』を激賞!70ページの書評を自ら書いた
・プルーストは、『パルムの僧院』について「まずタイトルの音がいい」
・20世紀を代表する批評家ロラン・バルトも評価
・大岡昇平も『パルムの僧院』を絶賛

講師プロフィール


髙木信宏(たかき のぶひろ)
九州大学大学院人文科学研究院教授。博士(文学)。1963年熊本市生まれ。九州大学大学院文学研究科博士後期課程中退。九州大学文学部助手、九州産業大学芸術学部専任講師を経て、現職。

概要


■概要
月2回 × 3ヶ月 = 全6講義
第1・3土曜 14:00〜 15:30(90分)

※学会発表前の情報もあるため、オンライン配信のみ。後日受講不可。

■スケジュール
第1講 10/1(土) 14:00〜 15:30
第2講 10/15(土) 14:00〜 15:30
第3講 11/5(土) 14:00〜 15:30
第4講 11/19(土) 14:00〜 15:30
第5講 12/3(土) 14:00〜 15:30
第6講 12/17(土) 14:00〜 15:30

■参加費 
一般価格:5,500円 × 6講義 = 33,000円(税込)
会員価格:2,750円 × 6講義 = 16,500円(税込)

■会場:
福岡天狼院……福岡天狼院にて講師に登壇していただき、皆様に講義をご受講いただきます。(定員15名)
通信受講……インターネットが整った環境にて、リアルタイム生中継・もしくは後日アップロードされた動画を視聴しお好きな時間にお好きな場所で受講頂けます。
*不明点などは受講生専用の閉じられたFacebookグループのコメントにてやり取りをすることができます。
*動画は、限定公開のURLを、受講生の方のみに共有する形で、ご視聴いただきます。

■参加条件
・Facebookアカウントをお持ちである、もしくはこれから登録予定であること。(諸連絡や課題の投稿も全てFacebookを使用します)
・Wordファイルでの課題提出を行える環境であること(ライターの仕事は基本的にWordファイルを通して行います。横書き/縦書きでの原稿制作ができることをご確認の上、お申し込みください)。
まだソフトをお持ちでない方:Microsoft 365、Office Home & Business 2019 以上推奨

*「天狼院読書クラブ」会員の方は、本ゼミに半額で参加いただけます。→「天狼院読書クラブ」についてはこちらから
*お申し込み受付は、決済完了順とさせていただきます。
*定員になり次第、予告なく、締め切らせていただきます。
*通信で生中継での講義を受講される際には、安定したインターネット環境でご視聴ください。
*決済後のお客様都合による返金はいたしかねますのでご了承ください。

お申し込み方法


こちらのお申し込みページ内のPayPalボタンより決済、または各店舗までお問い合わせください。
お支払いは、店頭ご一括、またはPayPalでの決済、銀行振込みをご利用いただけます。

福岡天狼院:092-518-7435

■店頭支払い(一括):
全国の天狼院書店各店にて現金またはクレジットカードでお支払い頂けます。店舗スタッフまでお申し付けください。

■PayPal決済(一括):
下記のPayPalボタンの中からご希望のコースを選び、決済を行なってください。

■銀行振込み(一括):
メールやお電話にて銀行振込みでのお支払い希望の旨をお知らせください。手続き方法、振込み先口座をご案内させて頂きます。

PayPalでの決済はこちら

お支払いはこちらから


*下のプルダウンメニューから、種別、受講地を選択の上、「今すぐ購入」ボタ ンから、決済にお進みください。 *会員価格は、「天狼院読書クラブ」のお客様のみご購入可能です。
■支払区分(下記のドロップダウンメニューからお選びください)
■携帯電話番号(ポイント付与の際に番号で照会いたします)

STEP1
今すぐ購入ボタンを押すと、PayPalの決済ページへ飛びます。






STEP2

アカウントをお持ちの方は、ログインしてください。
以後、案内に通りにお進みください。


STEP3
決済が完了しましたら「自動配信メール」が登録のメールアドレスに配信されます。
そのほか、追って(お申し込みが殺到する場合、2、3日かかる場合もございます)、天狼院書店から登録完了のメールを差し上げます。

注意事項


※必ず、注意事項を読んだ上で決済にお進み下さい。

・勧誘、営業活動を目的とされる方の参加は、固くお断りいたします。勧誘、営業目的で参加されている事が発覚した場合、以降のイベントへの参加をお断りさせていただき、もしくは退室していただく事があります(その場合でも、参加費の返金はいたしません)ので、ご了承ください。

・有料・無料に関わらず、参加者への他のイベント、セミナー、グループ、店、企業、その他への勧誘は固く禁じます。また、勧誘を見かけた場合はスタッフまでご一報ください。

・本講座の著作権は、講師および株式会社東京プライズエージェンシーに帰属します。内容の全部または一部を、他媒体に無断転載することを固く禁じます。

・会およびコミュニティーの運営に支障をきたすと判断した場合、任意かつ一方的に、退会をしていただく場合がございます。

・全ての講座の受講になります。単講座での受講、途中解約は致しかねますので、ご了承の上、決済にお進みください。

・類似したイベントの開催の可能性のある方、開催の予定のある方は、ご参加はご遠慮ください。

《撮影について》

・撮影は、マナーを守って行ってください。撮影の際に他のお客様のご迷惑になると判断した場合、退室いただく場合がございます。

・雨天の場合は、中止、もしくは室内の撮影になりますこと、ご了承ください。
(前日までにご連絡いたします)

・「天狼院フォトジェニック(モデルさん)」への直接の勧誘を固く禁じます。

・「天狼院フォトジェニック(モデルさん)」の肖像権に関しましては、それぞれのモデルに許容設定がありますので、SNSなどにご投稿前に、天狼院のスタッフへご確認ください。

・個展などへの出品等、相談がある場合は、天狼院のスタッフにご相談ください。

お問い合わせ


■メールでのお問い合わせ:お問い合せフォーム

■各店舗へのお問い合わせ
*天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


■天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
TEL:03-6914-3618/FAX:03-6914-0168
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
*定休日:木曜日(イベント時臨時営業)


■天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階
TEL:092-518-7435/FAX:092-518-4149
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00


■天狼院書店「京都天狼院」

〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5
TEL:075-708-3930/FAX:075-708-3931
営業時間:10:00〜22:00


■天狼院書店「Esola池袋店 STYLE for Biz」

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋2F
営業時間:10:30〜21:30
TEL:03-6914-0167/FAX:03-6914-0168


■天狼院書店「プレイアトレ土浦店」

〒300-0035 茨城県土浦市有明町1-30 プレイアトレ土浦2F
営業時間:9:00~22:00
TEL:029-897-3325


■天狼院書店「シアターカフェ天狼院」

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目8-1 WACCA池袋 4F
営業時間:
平日 11:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
電話:03−6812−1984


■天狼院書店「湘南天狼院」

〒251-0035 神奈川県藤沢市片瀬海岸2丁目18−17 2F
営業時間 10:00~22:00
TEL:04-6652-7387

■天狼院書店「天狼院カフェSHIBUYA」2020.8.4 OPEN

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6丁目20番10号 MIYASHITA PARK South 3階 天狼院カフェSHIBUYA
営業時間 11:00〜21:00
TEL:03-6450-6261

■天狼院書店「名古屋天狼院」2020.9.18 OPEN

〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内3-5-14先
営業時間 10:00〜22:00
TEL:052-211-9791

■天狼院書店「パルコ心斎橋店」2020.11.20 OPEN

〒542-0085 大阪市中央区心斎橋筋1丁目8-3 心斎橋PARCO 9F
営業時間 10:00〜20:00
TEL:06-6563-7560

公式YouTubeチャンネルはこちらから!


天狼院YouTubeチャンネル「海の放送局」にて番組放送中!
チャンネル登録はこちらから!

無料メルマガも配信中!


メルマガ購読・解除
読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 

関連記事