fbpx
【天狼院のゼミ/10月〜開講コース】

【8/28(日)10:00〜】副業/駆け出しクリエイターのための時間術講座!時間を制するものがクリエイティブを制する!ワークショップ付きの実践講座!《1日完成超実践講座》



■「副業/駆け出しクリエイターのための時間術講座」のポイント
・副業/駆け出しクリエイターに特化した時間の使い方1日完成講座!
・時間を制する者がクリエイティブを制する!
・クリエイターの世界にビジネスとマーケティングの要素をインストール!
・オリジナルシートで副業/駆け出しクリエイターとしての時間管理表を作成!
・全国通信受講完全対応!動画での後追い受講も可能!

 

時間を制する者がクリエイティブを制する

芸術家やクリエイターは、時間がちょっと遅れても、世の中に許されると思っていませんか?
質の高い作品さえ創ることができれば、いくら時間がかかっても問題ないと。
納期があったとしても、遅れても構わないと。

まあ、レオナルド・ダ・ヴィンチなどの巨匠や天才と言われる人々は、そうでもいいでしょう。
きっと、締切を過ぎても許してもらえるに違いありません.現に、そうだったようです。

けれども、世の中のクリエイターの99%までが凡人です。ふつうの人です。間違っても天才ではありません。
ただただ、いい仕事をする職人が、時折、天才的な輝きを見せるときがあるだけです。

はい、僕も凡人ですが、様々な分野でクリエイターとして仕事をいただいています、ありがたいことに。

そして、凡人がクリエイターになりたいのなら、避けてはならない、絶対に押さえておかなければならないことが、たった1点だけあると僕は思っています。

才能やセンスではありません。
親がクリエイターだったという遺伝子でもありません。
お金でもありません。
見た目のオシャレさや、SNSのフォロワー数でもありません。
ましてや、学歴や受賞歴でもありません。

時間、です。

時間の使い方です。

こう言ってもいいでしょう。

「時間を制する者が、クリエイティブを制する」と。

申し遅れて恐縮ですが、天狼院書店店主の三浦です。

僕の肩書きは、もはや、煩雑です。

全国10店舗ほど展開する天狼院書店の店主であり、運営会社の社長。

一方で、秘めフォトのカメラマンとして、毎月15,000枚撮影し、6,000枚ほど納品を続けていて、それが6年目に突入しています。

また、『殺し屋のマーケティング』という小説と、『1シート・マーケティング』というビジネス書をポプラ社さんから出版しています。

「日経ビジネス」と「週刊ダイヤモンド」では、書評を何年もリレー連載しており、雑誌「READING LIFE」の編集長を務め、その主筆でもあります。劇団天狼院も主宰し、2015年には映画も上映いたしました。

福岡にある僕のもう一つの会社(株)インパルスのHPは、僕がすべてデザインして制作しています。簡単なバナーや名刺なら自分でデザインもします。

そのほかに、大学の講師や天狼院書店でゼミの講師もしています。

こう書いてしまうと、色々やっていますね。なんだか、とんでもなく多重的にやっているように見えますし、現にそうなのでしょうが、実質的には、こういう図式がシンプルに成り立つのではないかと思っています。

会社の経営(天狼院書店)+クリエイティブの仕事複数(カメラマン/小説家/ライター/書評家/編集者など)

あるいは、会社の経営を本業として、クリエイティブの仕事を副業とみなすこともできますが、僕にとって、すべてが本業であり、ただ本業が複数同時並行して走っていると言う方が、実態に即しているかもしれません。

それでは、なぜ、通常の経営業務をこなしつつ、複数のクリエイティブの仕事を並行で走らせることができるのか?

答えは、非常に単純です。

僕にとっては至極当然の、人にとっては非常に特殊な「時間術」のメソッドを極めているからです。

あるいは、こうして本業を複数走らせるうちに、水流が合理的な道筋で山肌を這うようにして、合理的な時間術の方法が形作られていったと言ってもいいかもしれません。

天狼院書店でも、2015年から2,000名様以上に受講いただいている「時間術ゼミ」という大人気の講座がありますが、今回は「副業/駆け出しクリエイター」に特化した時間術の講座にいたしました。

人としての時間の使い方の基本原則は一緒だったとしても、クリエイターの場合、時間の使い方がちょっと特殊な部分が多いからです。

映画を観たり、人と飲んだりすることも、たしかに仕事になる場合があり、また仕事だけではなくて、仕事の制度を上げるために、たとえばカメラマンなら日常的にテスト撮影して、自分の幅と可能性を広げ続けなければ、クリエイティブが世の中に通用せず、お客様の満足を得られなくなるからです。

クリエイターのための時間術とは、どういうメソッドなのか?

僕の周りには仕事で多くのトップクリエイターの方々がいます。その方々と一緒に仕事し、間近に見てきた経験も踏まえて、僕の話だけではなく、クリエイターという生き物の時間の使い方について、メソッドとしてこの講座内で組み上げていきたいと思います。

ぜひ、これから副業でクリエイターになりたい方、副業でクリエイターを始めた方、あるいは、駆け出しクリエイターとして一歩を踏み出した方に、受講していただきたいと思っています。

僕がそうであるように、分野は、カメラマンでも小説家でもライターでも編集者でも動画クリエイターでもデザイナーでも劇作家でも役者でも構いません。すべてのクリエイティブに通底する内容だと思っています。

どうぞよろしくお願いします。

 

カリキュラム


「副業/駆け出しクリエイターのための時間術講座」のカリキュラム(12講義制70分+70+ワーク20=3時間*休憩含)

講義〔前半〕 副業/駆け出しクリエイターのための時間術〈基礎編〉
・時間を制する者がクリエイティブを制する
・単なる効率化では、クリエイターは成功しない
・クリエイティブでもっとも重要なのは、自由を確保することだ 
仕事遊びを分け、そして、仕事遊びを融合させる
・効率化していい部分と、してはならない部分を明確に分ける
・クリエイターとしてブランド化すれば、自由をコントロールできる
・理想は「仕事なのに楽しく遊んでいるようにしか見えない」と言われること
・副業や独立したての駆け出しクリエイターからプロまで対応
・時間をコントロールし、自由を生み出すためのシステムをインストールしよう
・ムダと見せかけて有意義なもの
・クリエイターにとって娯楽は決してムダなものではない
・作品の質を高めるために試行錯誤する時間はムダではない
・クリエイター同士で付き合うことは有意義だ~娯楽と仕事と情報収集~
・人に教えることでクリエイティブの基礎を徹底して固め

 etc…

講義〔後半〕 副業/駆け出しクリエイターのための時間術〈「超」実践編〉
・「効率化していい部分」と「効率化できない部分」を分ける
・制作に集中するために、徹底して摩擦抵抗を省く
・すべては制作する前に決まっている~事前準備が9割~
・制作の生産性を高めるために、ある種のゾーンを再現させる
・クリエイティブのための「超集中空間」を形成する
・思考はできるだけ、作業に入る前に終わらせておく
・クリエイティブのための「レギュレーション」を細かく設定する
・締め切り効果の濃縮によって「生産性」を上げる
・クリエイターとしてのスキルへの投資
・駆け出しの場合、お金を払ってでも実績を積め
・弟子入りする場合、受けるメリット以上のことを師匠に返せ
・教えられたことは「守破離」で必ずオリジナルまで昇華させる
・約束の1万円を放棄して、70万円の仕事が入った話
・途中まで制作して流れた仕事は、貯金した、と思えばいい
・スキルが向上し、想定以上の価値を提供すれば、決して侮られない
・ブランディングの肝は「価値の提供」を地道に続けることだ
・ブランドになると単価が上がり、自由が生まれる

 etc…

ワークショップ 黄金の習慣集とレコーディング・システム
・すべてを数値化してレコーディングすると生産性が上がる
・レコーディング・システムの作り方
・クリエイターのための黄金習慣集「マスタープレート」の作り方

 

講師プロフィール


三浦崇典 | Takanori Miura

1977年宮城県生まれ。
株式会社東京プライズエージェンシー代表取締役。天狼院書店店主。小説家・ライター・編集者。雑誌「READING LIFE」編集長。劇団天狼院主宰。プロカメラマン。2016年4月より大正大学表現学部非常勤講師。2017年11月、『殺し屋のマーケティング』、2021年3月、『1シート・マーケティング』(ポプラ社)を出版。

雑誌『週刊ダイヤモンド』、『日経ビジネス』にて書評コーナーを連載。2009年4月1日に、「株式会社東京プライズエージェンシー」を設立登記し、その後、編集協力や著者エージェント、版元営業のコンサルティング業等を経て、2013年9月26日に「READING LIFEの提供」をコンセプトにした次世代型書店(新刊書店)「天狼院書店」を東京池袋にオープン。2022年現在までに、10店舗1スタジオを全国に広げて、運営している。
雑誌『週刊ダイヤモンド』、『日経ビジネス』にて書評コーナーを連載。現在、雑誌やコミック、電子書籍も含めた自身の月間書籍購入額は15万〜20万円で、読書冊数は月に100冊を超える。

【メディア出演】(一部抜粋)
NHK「おはよう日本」「あさイチ」、日本テレビ「モーニングバード」、BS11「ウィークリーニュースONZE」、ラジオ文化放送「くにまるジャパン」、テレビ東京「モヤモヤさまぁ〜ず2」、フジテレビ「有吉くんの正直さんぽ」、J-WAVE、NHKラジオ、日経新聞、日経MJ、朝日新聞、読売新聞、東京新聞、雑誌『BRUTUS』、雑誌『週刊文春』、雑誌『AERA』、雑誌『日経デザイン』、雑誌『致知』、日経雑誌『商業界』、雑誌『THE21』、雑誌『散歩の達人』など掲載多数。2016年6月には雑誌『AERA』の「現代の肖像」に登場。雑誌『週刊ダイヤモンド』『日経ビジネス』にて書評コーナーを連載。

 

概要


■スケジュール

2022年8月28日(日) 10:00〜13:00

■受講費

一般:¥11,000(税込)/天狼院読書クラブ会員:¥5,500(税込)

*「天狼院読書クラブ」の方は、本ゼミに半額で参加いただけます。
「天狼院読書クラブ」についてはこちら

■会場

◯東京会場 東京天狼院(雑司が谷)・・・定員20名 
 また、各店の収容人数を超えた際は、別の店舗での受講をお願いする場合がございます。
◯名古屋会場 名古屋天狼院・・・定員20名
◯京都会場 京都天狼院・・・定員:10名
◯福岡会場 福岡天狼院・・・定員20名
◯通信受講 インターネットが整った環境であればお好きな時間にお好きな場所で受講頂けます。リアルタイム生中継でご視聴いただくか、収録された動画をお好きな時間に視聴することができます。

■参加条件
Facebookアカウントをお持ちである、もしくはこれから登録予定であること。(諸連絡や課題の投稿などFacebookを使用します)

*お申し込み受付は、決済完了順とさせていただきます。
*定員になり次第、予告なく、締め切らせていただきます。
*通信で生中継でご参加される際には、安定したインターネット環境でご視聴ください。

★同時受講のオススメ!

「副業/駆け出しクリエイターのための時間術講座」ご受講の方限定で、
「稼ぐフリーランス講座〜フリーランスのマーケティング戦略〜」が50%OFFになります!

セット価格
一般価格 ¥30,800(税別) → ¥20,900(税別) 
「読書クラブ天狼院」会員価格 ¥15,400(税別)  → ¥10,450(税別) 

↓詳しくはこちら!

お申し込み方法


こちらのお申し込みページ内のPayPalボタンより決済、または各店舗までお問い合わせください。
お支払いは、店頭ご一括、またはPayPalでの決済、銀行振込みをご利用いただけます。
東京天狼院:03-6914-3618
天狼院カフェSHIBUYA:03-6450-6261
プレイアトレ土浦店:029-897-3325
湘南天狼院:04-6652-7387
名古屋天狼院:052-211-9791
パルコ心斎橋店:06-6563-7560
京都天狼院:075-708-3930
福岡天狼院:092-518-7435

■店頭支払い(一括):
全国の天狼院書店各店にて現金またはクレジットカードでお支払い頂けます。店舗スタッフまでお申し付けください。

■PayPal決済(一括):
下記のPayPalボタンの中からご希望のコースを選び、決済を行なってください。

■銀行振込み(一括):
メールやお電話にて銀行振込みでのお支払い希望の旨をお知らせください。手続き方法、振込み先口座をご案内させて頂きます。

PayPalでの決済はこちら



▼「副業/駆け出しクリエイターのための時間術講座」のみお申し込み

■支払区分(下記のドロップダウンメニューからお選びください)
■受講地(店舗を選択されても、通信受講に切り替えが可能です)
■携帯電話番号(ポイント付与の際に番号で照会いたします)



▼「稼ぐフリーランス講座」とセットでのお申し込み

■支払区分(下記のドロップダウンメニューからお選びください)
■受講地(店舗を選択されても、通信受講に切り替えが可能です)
■携帯電話番号(ポイント付与の際に番号で照会いたします)

*PayPalを利用しての決済はアカウントの作成が必須になります。

PayPalのアカウントをお持ちの方は「ログイン」ボタンを押してお進みください。アカウントをお持ちでない場合は、「アカウントを作成する」ボタンより、必要事項をご入力ください。

決済が完了しましたら「自動配信メール」が登録のメールアドレスに配信されます。そのほか、追って(お申し込みが殺到する場合、2、3日かかる場合もございます)、天狼院書店から登録完了のメールを差し上げます。

注意事項


*必ずお読みください。

・勧誘、営業活動を目的とされる方の参加は、固くお断りいたします。勧誘、営業目的で参加されている事が発覚した場合、以降のイベントへの参加をお断りさせていただき、もしくは退室していただく事があります(その場合でも、参加費の返金はいたしません)ので、ご了承ください。
・有料・無料に関わらず、参加者への他のイベント、セミナー、グループ、店、企業、その他への勧誘は固く禁じます。また、勧誘を見かけた場合はスタッフまでご一報ください。
・本講座の著作権は、講師および株式会社東京プライズエージェンシーに帰属します。内容の全部または一部を、他媒体に無断転載することを固く禁じます。
・会およびコミュニティーの運営に支障をきたすと判断した場合、任意かつ一方的に、退会をしていただく場合がございます。
・全ての講座の受講になります。単講座での受講、途中解約は致しかねますので、ご了承の上、決済にお進みください。
・類似したイベントの開催の可能性のある方、開催の予定のある方は、ご参加はご遠慮ください。
・決済後の返金は承っておりません。

注意事項


※必ず、注意事項を読んだ上で決済にお進み下さい。

・勧誘、営業活動を目的とされる方の参加は、固くお断りいたします。勧誘、営業目的で参加されている事が発覚した場合、以降のイベントへの参加をお断りさせていただき、もしくは退室していただく事があります(その場合でも、参加費の返金はいたしません)ので、ご了承ください。

・有料・無料に関わらず、参加者への他のイベント、セミナー、グループ、店、企業、その他への勧誘は固く禁じます。また、勧誘を見かけた場合はスタッフまでご一報ください。

・本講座の著作権は、講師および株式会社東京プライズエージェンシーに帰属します。内容の全部または一部を、他媒体に無断転載することを固く禁じます。

・会およびコミュニティーの運営に支障をきたすと判断した場合、任意かつ一方的に、退会をしていただく場合がございます。

・全ての講座の受講になります。単講座での受講、途中解約は致しかねますので、ご了承の上、決済にお進みください。

・類似したイベントの開催の可能性のある方、開催の予定のある方は、ご参加はご遠慮ください。

 

 

お問い合わせ


■メールでのお問い合わせ:お問い合せフォーム

■各店舗へのお問い合わせ
*天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


■天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
TEL:03-6914-3618/FAX:03-6914-0168
*現在、イベント時臨時営業


■天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階
TEL:092-518-7435/FAX:092-518-4149
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00


■天狼院書店「京都天狼院」

〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5
TEL:075-708-3930/FAX:075-708-3931
営業時間:10:00〜22:00


■天狼院書店「Esola池袋店 STYLE for Biz」

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋2F
営業時間:10:30〜21:30
TEL:03-6914-0167/FAX:03-6914-0168


■天狼院書店「プレイアトレ土浦店」

〒300-0035 茨城県土浦市有明町1-30 プレイアトレ土浦2F
営業時間:9:00~22:00
TEL:029-897-3325


■天狼院書店「シアターカフェ天狼院」

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目8-1 WACCA池袋 4F
営業時間:
平日 11:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
電話:03−6812−1984


■天狼院書店「湘南天狼院」

〒251-0035 神奈川県藤沢市片瀬海岸2丁目18−17 2F
営業時間 10:00~22:00
TEL:04-6652-7387


■天狼院書店「天狼院カフェSHIBUYA」

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前6丁目20番10号
MIYASHITA PARK South 3階 天狼院カフェSHIBUYA
営業時間 11:00〜21:00
TEL:03-6450-6261


■天狼院書店「名古屋天狼院」

〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内3-5-14先
営業時間 10:00〜22:00
TEL:052-211-9791


■天狼院書店「パルコ心斎橋店」

〒542-0085
大阪市中央区心斎橋筋1丁目8-3
心斎橋PARCO 9F
営業時間 10:00〜20:00
TEL:06-6563-7560

 

 


関連記事