fbpx
ガイドブック

江ノ島みちくさ記《湘南ウォーク・トリップ》


*この記事は、《湘南ウォーク・トリップ》にご参加のお客様に書いていただいたものです。

湘南天狼院【5/4(水祝)】湘南ガイドブックを創る1DAY旅行〜人と出会い、リトル旅行を楽しみ、取材し、旅行案内を創作し、発表する1日完結旅行!【9名様限定】

記事: 岩松俊哉 

コロナ禍の行動規制が無くなったゴールデンウィーク、日本屈指の観光地の江の島と東洋のマイアミビーチと呼ばれた片瀬海岸にはたくさんの人が戻ってきました。

 

湘南天狼院屋上より

江の島神社に続く表参道にも人が溢れかえっています。コロナ禍で人混みもご無沙汰です。

江の島に訪れた人たちがまず目指すのは、ここ江の島神社でしょう。でも、ここではみちくさを楽しんでから神社に参拝しましょう。

 

参道の途中の小さな脇道に入ると、ふと落ち着ける場所があります。

その名は西浦海岸、江の島で唯一の砂浜があります。

 

砂浜だけではなく、岩場もあり天気が良いと富士山が見えます。

 

写真の撮影にも絶好の場所です。

 

江の島は「海」だと思ってはいけません。江の島は「山」と言っても過言ではありません。最も高いところは海抜60mです。日本には標高3mの山もあるので、それに比べるととても高いです。

江の島神社に続く階段の脇道には、参道ならぬ山道があります。

 

道脇には花やシダ植物が繁茂し、木漏れ日が心地よいです。坂も急でちょっとした登山に訪れた感覚に陥ります。

 

「小さな山」から見る富士山は絶景です。軽登山の気分を味わえます。

 

山に登りきったところで、急な坂を下りると、また海に引き戻されます。

 

稚児が淵は岩場で洞窟もあるところですが、風があると、波しぶきのシャワーが楽しめます。

 

みちくさで、江の島の自然を満喫したあとには、神社で縁と平和への祈りささげましょう。

心とからだが癒されて、明日もきっと良い日になるはず。

 


関連記事