fbpx
メディアグランプリ

「あまいやまい」


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:まるこめ (ライティング・ゼミ 超通信コース)
 
 
「ママー! あのね、きょうねー、マツダくんとあそんだんだー」
 
キッチンに立つ私のそばへ、5歳になる娘が駆け寄ってきた。
保育園から帰ってきて、食事を用意する間に彼女が1日何をして過ごしていたかを聞くのが、毎日の日課だ。物心つく前には、母親の私といるよりも長い時間を、保育園で元気に過ごしてくれている彼女には、本当に頭が上がらない。事情があってお父さんとは離れることになり、実質的には唯一の肉親が私しかいない。それでも、恨みごとを言うどころか
 
「ママはおしごとがんばってえらいねぇ」
 
と、頭を撫でてくる始末。やれやれ、どちらが育てているんだか……。
だからこそ、幼い彼女が一生懸命に「おはなし」してくれる時間は、私にとっては1日の疲れをとってくれる「癒しの時間」のはずだった。
毎日保育園での「おしごと」を終えた、小さな彼女から上がってくる「業務報告」は、大きく3つのテーマに分かれていた。園でどんな活動をしたか、誰と遊んだか、何を食べたのか
、だ。今までは何の問題もなく、彼女が笑顔で話をしてくれることに、なんの疑念も抱かなかった。けれども、ここ最近気になることが出てきた。
 
「え? マツダくん? コウガくんじゃないの?」
 
「うん、コウガくんじゃない……」
 
以前は、1歳の頃からずっと同じクラスだった「コウガくん」と仲が良かった。
「仲が良い」というよりは、親しいボーイフレンドだった。コウガくんは、娘を見ると「えへへ」と言って駆け寄ってきてくれるし、娘は娘で「コウガくんは、仮面ライダーがいっぱいしってるからすき」とよく言っていた。帰り際には手でハートマークを作って、お互いに
その手をくっつけて「らぶ」なんて、とてもマセたことをしていたくらいには、2人の仲は良かったように思っていた。
けれどもいつしか、娘の口から「コウガくん」名前が出てくることが少なくなってしまっていた。
 
「なんでー? コウガくんと喧嘩でもしたの?」
「ううん、コウガくんは、もう……いいんだ」
 
まるでバーテンダーになった気分で、私はキッチンに立っていた。
目の前の小さなレディは、牛乳の入ったコップを手でなぞりながら、コンロにかかっている鍋の方をぼんやりと眺めていたのだ。
 
「いやいや、お姉さん。あんなに仲良しだったじゃない」
 
「うん……でも、もうコウガくんじゃないんだ」
 
ダメになった理由を聞くのも野暮だけど、それでも彼女は何か聞いて欲しそうに見えた。
ひとまず料理の手を止めて、グラスでも磨きながら、私は彼女に恐る恐る尋ねてみた。
 
「それは、つまり……コウガくんじゃなくて、マツダくんが好きになったと、そういうことなのかな?」
 
幼い彼女の手がピタっと止まった。
そして、見たことがないような柔らかい笑顔でコクリ、と頷いた。
 
「へ、へぇ……マツダくんのどこが好きなの?」
 
「えとね、やさしくてね、かっこいいところ」
 
思い口を、ゆっくりと開き始めた小さな彼女は、少しずつ、胸の内を話し始めた。
 
「あのね、きょうマツダくんとてて(手)つないだんだ」
 
「うん、それからどうだったの?」
 
彼女はコップに伸ばしていた小さな手を、自分の胸にそっとあてた。そして……
 
「あのね、ここのおっぱいのところがね……どくん、どくんてしたの」
 
目の前にいるはずの5歳の女の子は、トトロを追いかけるような無邪気なそれではなかった。あまい、あまい「恋の病」を患った、小さな「オンナ」だった。
母親としては、だいぶ複雑な気持ちではある。けれども、仮面ライダーに詳しいから「好き」が芽生えていた頃に比べて、相手の「人」を見て「好き」になるということは、幼い彼女にとっては驚くほどの成長だ。小さくても、彼女がしっかりと人を見ているということは、とてもすごいことだと、心の底からそう感じた。その成長に直接、私が携われなかったことだけが、少しだけ妬ける気もするが、その役はしばらくの間、マツダくんに託しておこう。
 
きっと彼女は、これからの長い人生において、マツダくん以外の人に対しても
「どくん、どくん」と胸を躍らせる日が、これからもきっとたくさん来るんだろう。
私の知らないところで、誰かと笑顔をシェアできる日もあるだろう。
思いが実らずに、涙で枕を濡らす日もあるだろう。
もどかしくて、恋しくて、辛くなる日も、きっとあるだろう。
「あまいやまい」には特効薬なんてないのだから。自分が望めば悩み苦しむ「毒」にもなるけれど、その「毒」を制すれば、どんな困難にも立ち向かえる「力」になることを、幼い彼女はきっと、これから身をもって知って行くのだろう。
 
「そっか、それはとても良いことだね」
 
小さな娘の頭をぽんぽんと撫でながら、嬉しいような、ちょっぴり寂しいような気持ちになった。できることなら、何も知らないままでいてほしいけれど……仕方ない。これから長い年月をかけて「あまいやまい」に立ち向かって行く幼い彼女が、とても大きく、遠くに見えた。
 
「今日は何かいいことあった?」
 
きっと明日も、そしてこれからも、娘はいろんなことを聞かせてくれるに違いない。
キッチンで待つ時間が、より一層、愛おしく感じた。
 
 
 
 
***
 
この記事は、天狼院書店の大人気講座・人生を変えるライティング教室「ライティング・ゼミ」を受講した方が書いたものです。ライティング・ゼミにご参加いただくと記事を投稿いただき、編集部のフィードバックが得られます。チェックをし、Web天狼院書店に掲載レベルを満たしている場合は、Web天狼院書店にアップされます。
 


人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

 

お問い合わせ


■メールでのお問い合わせ:お問い合せフォーム

■各店舗へのお問い合わせ
*天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


■天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
TEL:03-6914-3618/FAX:03-6914-0168
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
*定休日:木曜日(イベント時臨時営業)


■天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階
TEL:092-518-7435/FAX:092-518-4149
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00


■天狼院書店「京都天狼院」

〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5
TEL:075-708-3930/FAX:075-708-3931
営業時間:10:00〜22:00


■天狼院書店「Esola池袋店 STYLE for Biz」

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋2F
営業時間:10:30〜21:30
TEL:03-6914-0167/FAX:03-6914-0168


■天狼院書店「プレイアトレ土浦店」

〒300-0035 茨城県土浦市有明町1-30 プレイアトレ土浦2F
営業時間:9:00~22:00
TEL:029-897-3325


■天狼院書店「シアターカフェ天狼院」

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目8-1 WACCA池袋 4F
営業時間:
平日 11:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
電話:03−6812−1984

 


2021-04-17 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事