fbpx
メディアグランプリ

背中を押すしょうがないの一言

thumbnail


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:成田陸(ライティング・ゼミ超通信コース)
 
 
「『しょうがない』ってネガティブなように聞こえるかもしれないけど、私にとって背中を押すポジティブ言葉なんだよなぁ」と言ったら驚かれた。あなたはどうだろうか。
 
「しょうがない」という言葉を聞いてどう思うだろうか。ダメ人間を慰めているように聞こえるだろうか。それともポンコツな人間を手助けしているように感じるだろうか。それこそ赤子がよちよち歩きしかできないのにも関わらず、階段を昇ろうとしているのをみて手助けするように思うのかもしれない。「いやそんな危険なことをさせるなよ」とツッコミの声が聞こえてくるかも。
 
ほかにはどんな意味があるだろうか。取材先に取り付く島も与えられず、しょうがないと諦めるときに使うかもしれない。恋人に「あなたよりもっと魅力的な人を見つけたから」と言われてフラれたとき、実際に会ってみて確かにイケメンで、自分より収入が多いのを見せつけられたら立ち直れないから「しょうがない」と言って諦めるのかもしれない。
ほかにも食べたい高級レストランがあるけど、そこで食べると貯金が一気に無くなるから食べられないみたいなときにも使うかもしれない。
 
自分は最善の手を打ったけど、もう打つ手がないから「しょうがない」と言って諦めるかもしれない。
 
「しょうがない」という言葉には諦めの意味が入っているのは間違いない。私も同意する。けど諦めるのは何が悪い。人はそうやって大人になっていくのだ!!
とわかりきったセリフをしたり顔でいう趣味もない。
 
私はまだ社会人2年目の新米記者だ。だけど、この1年間記者として、多くの経営者の人と会ってきた。その中には男性もいたし、女性もいた。私より遥かにベテランな経営者もいたし、私とそう変わらない年で会社を経営している方もいる。
今から私が思う感情はもしかしたら、いやそうでなくとも彼ら・彼女らに失礼なのかもしれない。けど彼ら・彼女らを見ていると「しょうがない」と表現したくなるときがあるのだ。
 
彼らは常に笑顔ではない。苦しそうに悩んでいるときもある。
記者の私に「どうしたらいいかな?」とまるで世界の終わりかのようなトーンで言われたこともある。
真面目な表情しているときも、緊張で顔が岩のようにカチカチになっているときもある。決まって取材のはじめとかは緊張しているのが伝わってくる。もしかしたら、私の緊張が移っているのかもしれない、と思ったこともある。そんな彼らも愚痴をこぼすことがある。人はどうしようもない物とぶち当たったときに途方にくれる。彼らも一人の人間だ。愚痴を言うことはある。
 
だからたまたまzoomで飲んでいるときに聞いたのだ。
 
「なんでそうまでして頑張っているのですか」と。
決まって返ってきた言葉は「頑張るしかないから。もがきながらでも前に進むんだ」と言った。それで聞くんだ。「なんでお前は記者をやっているんだ?」って。
何回も繰り返せば学習する。私にも記者をやりたい理由があって、きっとそれはどうしようもなくて。「記者をするしかないんだ」と返したら、
「ならわかるだろ?」。
 
ああ、たしかにわかるし、だからあなた方をしょうがない人間だなぁと思ってしまう。
 
だって、彼らは前に進むんだ。どんな遠いゴールを掲げていても、明日、作業の手をとめてしまえば、永遠にゴールにたどり着けない。いやゴールなんてものは存在しないだろう。山頂を登れば、次の頂きを目指す。そんな修行僧のような道を進んでいる人たちだ。飽くなき挑戦を続けているから、修行僧ではないか。
 
だけど、彼らはそれ以外の道を歩んだりしない。他人の人生に生きたりしない。彼らは彼らの思うままに生きる。だからそれ以外の人生を諦めている。常識に合わせて自分の信念を曲げたりしない。
 
どんな困難な道だとわかっていたとしても、その道しかないのであれば、その道を進む。
 
先日あった方は農業分野でM&Aと事業承継をしている人だった。
 
農業といえば、高齢者と技能実習生で支えているような産業で、いまの高齢者がいなくなった場合、耕作放棄地が大量にでると予測されている。けど、若手はなかなか就農するのが難しい。イニシャルコストが1億円を超えるのと、地方での人間関係構築が難しいからだ。
 
だから、高齢の経営者と若手の就農者をマッチングさせて、事業承継を実施するのが最善解で「これ以外はないんだ」と彼はいった。
 
「しょうがない」と聞くと諦めるのかと思ってしまう。けど諦めるのは何が悪い。
目標を諦めるのはナンセンスだろう。それは生きる意味を見失っているのと同義だから。けど手段に対しては諦めていいのかなと思っている。
だって彼らは「しょうがない。だからやるんだ」といって前に進む。
別にこれは彼らだけの話ではない。私もそうだし、きっとあなたもそうだろう。目標を掲げて、手段を検討して諦めて一歩一歩進んでいく。
 
何かを諦めて「しょうがない」といったら次に進むしかない。だから私はいつもこの言葉に背中を押されている。
 
 
 
 
***

この記事は、天狼院書店の大人気講座・人生を変えるライティング教室「ライティング・ゼミ」を受講した方が書いたものです。ライティング・ゼミにご参加いただくと記事を投稿いただき、編集部のフィードバックが得られます。チェックをし、Web天狼院書店に掲載レベルを満たしている場合は、Web天狼院書店にアップされます。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

お問い合わせ


■メールでのお問い合わせ:お問い合せフォーム

■各店舗へのお問い合わせ
*天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


■天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
TEL:03-6914-3618/FAX:03-6914-0168
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
*定休日:木曜日(イベント時臨時営業)


■天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階
TEL:092-518-7435/FAX:092-518-4149
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00


■天狼院書店「京都天狼院」

〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5
TEL:075-708-3930/FAX:075-708-3931
営業時間:10:00〜22:00


■天狼院書店「Esola池袋店 STYLE for Biz」

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋2F
営業時間:10:30〜21:30
TEL:03-6914-0167/FAX:03-6914-0168


■天狼院書店「プレイアトレ土浦店」

〒300-0035 茨城県土浦市有明町1-30 プレイアトレ土浦2F
営業時間:9:00~22:00
TEL:029-897-3325



2021-05-21 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事