fbpx
メディアグランプリ

クリアするためには「隠れコマンド」から選んではいけない


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:永松 昭徳(ライティングゼミ・平日コース)
 
 
「ヒファア゜ア゛ーー!!!!!」
自分でも聞いたことのない叫び声が自分の口から飛び出していた。
 
のんきにまんじゅうをくわえながら、自宅の玄関から外へ出たときのことだった。
ドアを開けて1歩踏み出したときに、視界のすみっこで何か細長いカゲをとらえた。
 
もうこうやって文章にするのですら恐ろしい。
本当は書きたくなんかない。
思い出したくもない。
そいつの名前を入力するだけで体が硬直してしまう。
 
わたしがこの世で一番恐れている生き物、ヘビだった。
 
自分の遺伝子レベルで恐怖を感じる生き物、あなたにはいませんか?
ヘビ・クモ・ゴキブリ・カエルの4つの中に。
たかがヘビくらいで……、と思われた方は、上の別の生き物に置き換えてみてほしい。テキストに変換できない叫び声が出てしまったのもご理解いただけるのではないだろうか。
 
わたしも叫んでしまったが、向こうも怖かったのだろう。1メートルくらいの体を、まるでアニメのように大げさに上下させながら一目散に逃げていった。
 
その姿を見てさらに全身の力が抜けた。リアルなホラー映画だった。アキレス腱に力が入らないような状態だったが、なんとか家の中戻った。
わたしの叫び声を聞いて、びっくりして心配していた妻に、「へ、ヘビが……」と簡単に説明したところで、わたしはソファにしずみこんだ。
 
この町で40年以上暮らしているが、こんなことは一度もなかった。
 
(た、た、たたりかもしれない……)
 
下半身まで鳥肌が広がった。
そう思ってしまったのには理由がある。
三日前、田んぼ道を運転中、にょろにょろしたやつが急に飛び出してきてタイヤで踏んでしまったのである。
 
数メートル先で車をとめて振り返ったが、地面にその姿はなかった。
姿もなかったんだし、きっと大丈夫だ。
もう忘れよう……。
なんども口にしながら車を走らせた。
 
しかしその夜、やつは夢に出てきた。
6匹くらい引き連れてきた。
思いっきりリアルなヘビの夢だった。
わたしは許されていない気がして、目をつむって布団をかぶった。
 
わたしはそれからずっと怯えていたのだ。
恐れが強いと、逆にそれを引き寄せてしまうということを読んだことがある。
わたしの恐れが「玄関待ち伏せ作戦」という形で現れたのかもしれない。
 
しばらくソファに沈み込み、わたしは震えながら考えた。
 
もし今の時代が戦国時代だったら、こんな自分は、「腰抜けのヘタレ野郎」って笑われていたんだろうな……。
 
もし敵国のやつらがヘビ人間だったら、家で布団をかぶって震えているだけの男だったかもしれない。
 
いやいや、自分をそんな風には思いたくなかった。
時代が違っていても活躍できる男だと、せめて自分だけでも思いたかった。
もしそんな時代に生まれたとしても、わたしは苦手克服のためにがんばったはずだ。
たとえば、毎日ヘビ人間の写真を目の前で凝視したりして免疫力をあげたりしながらがんばったはずだ。
 
このとき、わたしは体がフッと軽くなるのを感じたのだ。
さっきまで怯えていた心が静まり返っていた。
あれ?なにかが違う……。
不思議だった。
レベルが上がった音楽が鳴った気がした。
 
なぜだろう。なにが起こったんだろう。
わたしは考えてみた。
 
そうか。怯えていたものに目を向けたからに違いないと思った。
想像の世界の中で、わたしはヘビ人間を凝視したのだ。
怯えて目を背けている間は、ずっと恐れは追いかけてくる。
布団をかぶって震えていると、やつらの魔力は強くなって覆いかぶさってくる。
 
ロールプレイングゲームでは、敵に遭遇したときにコマンドが出る。
「たたかう・仲間をよぶ・逃げる」
 
ゲームでは、選んでいいコマンドしか表示されていない。
クリアできるように作られているからである。
 
たたかうは、「向き合う」と解釈してもいいはずだ。
仲間に助けだって求めていいのだ。
叶わないと思ったらいったん逃げていいのだ。
 
「目を背ける・布団をかぶる・思考を停止する」
これらのコマンドは、隠しコマンドである。
ここから選択したら、クリアはできないようにできているのだろう。
行き詰ってしまった感じがしたら、この隠しコマンドから選択をしていないかチェックしてみるといいんだと分かった。
 
そしてこれは、ヘビに限った話ではない。
「仕事がうまくいかなかったらどうしよう」
「病気になったらどうしよう」
「あの人に嫌われてしまったらどうしよう」
 
こんな恐れを持っていると気が付いたら、
「たたかう=向き合う・仲間をよぶ・逃げる」
の中から選ぶのだ。
 
よーし! レベルも上がったし、明日から恐れるものはもうないぞ!
わたしは腰に勇者の剣を持った気分になり、眠りについた。
 
翌朝、玄関のドアはおそるおそると開けられたことはできれば内緒にしておきたい。
「逃げる」のコマンドはいつでも押される状態だったことは言うまでもない。
 
 
 
 
***
 
この記事は、天狼院書店の大人気講座・人生を変えるライティング教室「ライティング・ゼミ」を受講した方が書いたものです。ライティング・ゼミにご参加いただくと記事を投稿いただき、編集部のフィードバックが得られます。チェックをし、Web天狼院書店に掲載レベルを満たしている場合は、Web天狼院書店にアップされます。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

お問い合わせ


■メールでのお問い合わせ:お問い合せフォーム

■各店舗へのお問い合わせ
*天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


■天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
TEL:03-6914-3618/FAX:03-6914-0168
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
*定休日:木曜日(イベント時臨時営業)


■天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階
TEL:092-518-7435/FAX:092-518-4149
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00


■天狼院書店「京都天狼院」

〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5
TEL:075-708-3930/FAX:075-708-3931
営業時間:10:00〜22:00


■天狼院書店「Esola池袋店 STYLE for Biz」

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋2F
営業時間:10:30〜21:30
TEL:03-6914-0167/FAX:03-6914-0168


■天狼院書店「プレイアトレ土浦店」

〒300-0035 茨城県土浦市有明町1-30 プレイアトレ土浦2F
営業時間:9:00~22:00
TEL:029-897-3325



2021-08-17 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事