fbpx
メディアグランプリ

僕「僕たち別れよう。」100均「え?」


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:旦那よーちん(ライティング・ゼミ12月コース)
 
 
仕事部屋には
ボールペン、透明ファイル、メモ帳、付箋。
キッチンを見れば
スプーン、お皿、お玉、フライ返し。
 
我が家を見渡せば100円ショップで購入したで
あろうアイテムの数々が溢れ返っている。
僕は事あるごとに「とりあえず100円ショップ」
そんな依存症と言っても過言ではない程、
深く僕の生活に100円ショップは根付いていた。
しかし、そんな幸せな生活は唐突に終わりを
告げるのだった。
 
僕は100円ショップと別れたのだ。
 
バサバサッ
「あー!」
「もう! まただー」
 
某有名100円ショップで購入したA4サイズの
ファイルから領収書がすべり落ちていった。
 
当たり前だ。
 
そもそもこのファイルは領収書を収納する為の物
ではなく、A4サイズの書類を収める為の
クリアポケットから出来たファイルなのだから。
 
個人事業主の僕は、3月に迎える人生で二回目の
確定申告の提出期限に向けて経費の仕分け作業に
追われていた。
 
これは何の経費だったっけな。
 
メールやスケジュール帳とにらめっこしながら
作業を進めていく。
 
さて、次の月の領収書……と、
クリアポケットをめくった時に偏っていた
レシートやら領収書が、ズルッと動く。
 
ヤバイ!
そう思った瞬間には
大小様々な領収書が落ちていった。
 
バサバサッ
「あー!」
「もう! まただー」
 
ただでさえ慣れない経理作業に
小さなストレスが重くのしかかった瞬間だ。
僕は、イライラを追い出すように思いっきり吸った
空気を鼻から勢い良く吐いていく。
 
「やーめた!」
何度目だろうか。
同じようなシチュエーションで
同じように作業を中断したのは。
 
領収書を拾い上げ、大体のページに収める。
 
気分転換にとスマホを手に取ってなんとなく
ブログサイトを開いてみると、サイトのトピックス
に僕が見ていたYouTuberのブログが出てきた。
 
車一つで夫婦仲良く日本一周する旅VLOGを
発信するYouTuberだったが、
最近は夫婦の日常VLOGになり、それからは
見ることも減っていた。
そのYouTuberのブログか目に止まったので、
最近はどんな活動しているのだろうと気になり、
なんとなくブログを開くと
 
今年やめて良かったこと! キッチン編
 
「ほうほう」
料理好きな僕としては少し気になり読み進める。
 
調味料周りで使っていた100円ショップの容器を
全て買い換えたら快適さが段違いに。
粉状の物は、湿気を吸わなくなった!
液状の物は、液垂れしなくなった!
いつも使う物だからこそストレスフリーな物に
代えました。
 
といった内容のブログ。
 
僕は、ついさっき起きたシチュエーションを
思い出していた。
 
なぜ僕は、自分の心の健康を蔑ろにしてまで、
用途の違うA4ファイルを買ったんだ。
しかも何冊も。
 
買った時の心境はなんとなくではあるが
想像がつく。
 
「高いのを買うのはイメージと違ったら凹む」
「コレで満足するかもしれない」
「まずは試しに買ってみよう」
 
僕が100円ショップへ行く時は
大抵この考えだからだ。
奥さんに対しても
「それ100円であるんじゃない?」
と言ってしまう始末だ。
僕は立派な100円ショップ依存症となっていた。
 
もちろん100円ショップに非はない。
 
どんな物でも100円ショップで手に入る。
欲しい商品そのものが無くても代用できる。
そういった理想像を勝手に作り上げて、
期待して、そして勝手に”使い難いファイルだ”と
幻滅したのだ。
 
僕は普段、欲しい物があるとGoogleで
「〇〇 100均」と検索してから候補を絞る。
 
しかし今回は、100円ではない商品から探す。
Amazonで「領収書 ファイル」と検索をする。
少しばかりの申し訳なさを感じた。
 
すると、
1,000円ほどの領収書用ファイルが出てきた。
反射的に「高っ! 10倍かよ!」と
まだ100円ショップのコトを忘れられていない
未練タラタラな僕。
ダメだ。コレでは今までと一緒じゃないか。
落ち着いて、商品の写真と説明文を確認する。
 
良さそうだ。
 
レビューも確認する。平均4.7と好評なだけ
あって、リピーターばかりだった。
 
もう、僕の心は決まっていた。
 
商品をカートに入れポチる。
 
サヨナラだ。100円ショップ。
 
今までありがとう。
 
翌日、領収書ファイルが届いた。
流石Amazon。早い。
新しい物はどんな時でもワクワクする。
ダンボールからファイルを取り出し、
ページを開く。
 
ハガキでも、レシートでもキレイに
収まるポケット。
“かえし”があるからページをめくる度に
落ちる心配もない。
 
いよいよだ。
 
見慣れたA4ファイルを手に取る。領収書が
下に溜まっているから背表紙から見ても、
ずんぐりむっくりの体型がよく分かる。
ページを開き、思い出を噛み締めるように
領収書を丁寧に出していき、そして新しい
領収書ファイルへ一つずつ収めていく。
 
A4ファイルは領収書を取り出すたびに
出会った時のようなスリムな体型になっていった。
 
サヨナラの時だ。
僕は役目を終えたA4ファイルを今まで置いていた
本棚からクローゼットへ移動する。
 
悲しい気持ちは無かった。
何故ならこの出会いに感謝をしているからだ。
 
僕はA4ファイルによって100円ショップとの
距離感を学ばせていただいた。
何でもかんでも、100円ショップに頼る
事のない、依存ではない適切な関係を
築いていける。今の僕なら出来ると確信していた。
 
「今度は、A4の書類を入れてね」
 
クローゼットを閉じる時、聞こえた気がした。
「またな」
 
僕はクローゼットを閉じた。
 
 
 
 
***
 
この記事は、天狼院書店の大人気講座・人生を変えるライティング教室「ライティング・ゼミ」を受講した方が書いたものです。ライティング・ゼミにご参加いただくと記事を投稿いただき、編集部のフィードバックが得られます。チェックをし、Web天狼院書店に掲載レベルを満たしている場合は、Web天狼院書店にアップされます。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

お問い合わせ


■メールでのお問い合わせ:お問い合せフォーム

■各店舗へのお問い合わせ
*天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


■天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
TEL:03-6914-3618/FAX:03-6914-0168
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
*定休日:木曜日(イベント時臨時営業)


■天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階
TEL:092-518-7435/FAX:092-518-4149
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00


■天狼院書店「京都天狼院」

〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5
TEL:075-708-3930/FAX:075-708-3931
営業時間:10:00〜22:00


■天狼院書店「Esola池袋店 STYLE for Biz」

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋2F
営業時間:10:30〜21:30
TEL:03-6914-0167/FAX:03-6914-0168


■天狼院書店「プレイアトレ土浦店」

〒300-0035 茨城県土浦市有明町1-30 プレイアトレ土浦2F
営業時間:9:00~22:00
TEL:029-897-3325



2022-01-12 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事