fbpx
メディアグランプリ

人生が明るくなるはなし


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:鈴木恭弘(ライティング・ライブ東京会場)
 
 
スケートリンクの上でヨチヨチ滑っていると,突然に羽生結弦が現れて,目の前で華麗に四回転半ジャンプをして,過ぎ去っていく.あなたには,そんな経験があるだろうか?
 
日本でもっとも権威あるクラッシック音楽のコンクール,ピアノ部門の最終選考会に友人が残った.舞台上には,次に演奏する友人がいて,さっきからピアノの前でゴソゴソと準備しているのが見えている.
 
だが,直前の演奏者のラフマニノフのピアノソナタの演奏は,羽生結弦が四回転半ジャンプを目の前で飛んだぐらいに,圧倒的だった.
「いまの演奏はなんだ? 夢だったのか?」
私だけではない.聴衆はみな瞳孔が開き,口を半開きにして,座席にへたり込んでいた.
演奏の途中から,涙が出てきて止まらなかった.演奏が終わってからはずっと,息苦しい.息苦しさは,しだいに尋常ではないほど強くなり,苦しいというよりは,窒息,の状態となった.
「ぷっファーーー」
一気に肺から息が出てきた.そのときやっと,気づいたのだが,私は,演奏に圧倒されて,息を呑んでしまい,吐くことを忘れていたのだった.
 
「やれやれ……」
やっと呼吸ができるようになったと,まさに一息ついた.その時,
目から火花が飛び,視界が霞んだ.
友人が,難曲中の難曲として知られる,バラキレフのイスラメイを,とんでもない速さで弾き始めたのだ.
 
会場の体感気温が急に,3度ぐらい下がった.
鳥肌が立って,寒くないのに,身体の震えが止まらない.
鋭く粒が立ったピアノ音が,機銃掃射のように,大量に撃ち込まれてくる.少しでも動いたら音の弾にあたってしまいそうで,ずり落ちてくるメガネを,直すこともできない.
それまで,ラフマニノフの甘い夢の世界に浸っていた聴衆は,みな血の気を失い真っ青になって,ピクリとも身動きがとれなくなった.
演奏が終わった.
軽く頭を下げ,演奏を終えた友人が飄々と舞台から降りていく.会場全体から,安堵のため息が漏れた.
「誰だ,あのとんでもないピアニストは!」
安堵のため息は,興奮した聴衆のどよめきに変わった.
 
コンクールの結果,ラフマニノフを演奏したピアニストと友人が,共に1位となった.
 
それから数年後,友人と1位を分けたピアニストは,あっという間に世界的な大スターとなっていた.一方,友人は,ピアノをやめた.
 
「ピアノなんて,誰でも弾ける.なんか他のことに人生を賭けたい」
 
彼にとってピアノは,大して努力しなくても簡単にできること.それをあっさりと捨てて,音大を卒業すると一般企業に就職していった. でも,うまくいかず,会社を転々として,今では,自宅でピアノ教室をやっているそうだ.
 
努力ってなんだろう? 楽に楽しくやっていると,遊ぶな.ちゃんと努力しろ,と言われる.苦労がともなわない努力は,努力じゃないのか?
 
学生の頃,アルバイトで,舞台監督のアシスタントをやっていた.マエストロ(巨匠)とよばれる,世界的な音楽家のお世話のお手伝いもした.どんなマエストロも私たち下っ端のスタッフにはとても優しかった.
そんなマエストロの1人に,世界中のピアニストから尊敬される,老ピアニストがいた.彼は,いつでもピアノを弾いていた.ある時,リハーサルの準備ができたので,楽屋に呼びにいった.相変わらず彼は,楽屋のテーブルで,おもちゃみたいな,小さなピアノを弾いていた.
「マエストロは本当にいつでも,ピアノを弾いていらっしゃいますね」
「ピアノを弾いているのが,なにしろ,楽しくてね.でも,さすがに,この鍵盤を食卓に持ち込むと,妻に叱られちゃうけどね」
いたずらっ子のような目で,おどけてみせた.
 
才能のかたまりのような,世界的な音楽家たちは,呼吸するように,心から音楽を楽しんでいた.苦労して音楽をやっていたら,こんな連中にかなうわけがない.なにしろ彼らは,楽しくて仕方なくて,途方もない時間とエネルギーを音楽に使っているのだから.
 
私の友人も,世界的な音楽家に負けない才能に溢れていた.あのまま,ピアノを続けていれば,かならず世界的なピアニストになっていただろう.
 
「苦労のない努力は,努力ではない」
それは,間違いだ.
私の友人は,輝かしかったはずの,人生の扉を自分で閉めてしまった.
 
「苦労するような努力は,努力ではない」
そんなことに浪費する時間とエネルギーがもったいない.すべてを,楽に楽しくやれる心の底から好きなこと,に使うべきだ.まさに,好きこそ物の上手なれ.
 
残念ながら,自分の仕事と,好きなことは一致しない.好きなことと,仕事を一致させるのは,なかなか難しい.でも,仕事を好きになる,ことはできるかもしれない.
 
仕事を好きになるための苦労なら,未来がとても明るくなる.どれだけ苦労しても,その結果,好きなことが仕事になる,のだから.
 
 
 
 
***
 
この記事は、天狼院書店の大人気講座・人生を変えるライティング教室「ライティング・ゼミ」を受講した方が書いたものです。ライティング・ゼミにご参加いただくと記事を投稿いただき、編集部のフィードバックが得られます。チェックをし、Web天狼院書店に掲載レベルを満たしている場合は、Web天狼院書店にアップされます。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

お問い合わせ


■メールでのお問い合わせ:お問い合せフォーム

■各店舗へのお問い合わせ
*天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


■天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
TEL:03-6914-3618/FAX:03-6914-0168
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
*定休日:木曜日(イベント時臨時営業)


■天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階
TEL:092-518-7435/FAX:092-518-4149
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00


■天狼院書店「京都天狼院」

〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5
TEL:075-708-3930/FAX:075-708-3931
営業時間:10:00〜22:00


■天狼院書店「Esola池袋店 STYLE for Biz」

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋2F
営業時間:10:30〜21:30
TEL:03-6914-0167/FAX:03-6914-0168


■天狼院書店「プレイアトレ土浦店」

〒300-0035 茨城県土浦市有明町1-30 プレイアトレ土浦2F
営業時間:9:00~21:00
TEL:029-897-3325



2022-02-23 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事