fbpx
メディアグランプリ

母が消防士になった日


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:早川実花(ライティング・ライブ福岡会場)
 
 
母は三姉妹の長女に生まれ、頼りになるしっかり者だ。
そして、とても躾に厳しかった。
兄や私といった実の子にはもちろん、私たちの友人や幼馴染が「人の道」に逸れそうな行いをすれば、ピシャリと厳しく叱っていたような母だ。
母の厳しさは近所でも評判で、「お母さん、怖いよね」と、皆から言われたものだ。
控えめに言っても、昔の母はやっぱり怖かった。
年頃になると、そんな母を少し恥ずかしく思うこともあって、
「お母さん、よその子にまで注意したりしなくていいよ……」とも思っていた。
母は正義感がとても強かった。曲がったことが大嫌いで、ある意味、公平だった。
そんな母のエピソードをご紹介する前にご説明したい。
 
うちの母は正確には公務員の消防士ではない。
でも、立派な“専属の“消防士である。
それも相当な度胸のある、腕利きの消防士だ。
 
私が中学生だったある日、食卓を家族で囲んでいた。その日のメニューは、お鍋。みんなで鍋を囲んで、家族団欒していたその時だ。
ガスボンベ式のカセットコンロが火を噴いた。
一瞬、空気が凍りついた。
その直後、真っ先に動いたのは母だった。母は躊躇なくカセットコンロを素手で掴み、瞬時に勝手口から外へ、放り投げた。まさに火事場の馬鹿力。一瞬のことだった。私たちがあっけに取られている間に、母は手早くその場の処理をしていた。
家の外でカセットコンロは燃えたぎり、爆発こそしなかったものの、その火の勢いは物凄かったことを今でも鮮明に覚えている。
 
あわや大惨事というところだったが、母のおかげで家や私たち家族にも被害は無く、事なきを得た。母は火傷を負ってしまったが、次の日には普通に家事をし、何事もなかったかのようにしていた。
私は当時、母を見て、「やっぱりすごいな、お母さん」と感じ、同時に「私が母になった時に果たしてこんなことができるだろうか」とも感じた。
いや、やっぱり無理だ。今考えても母のようにはなれそうもない。突然燃えたぎるカセットコンロを見たら怯むに決まっている。
 
そんな私も今やアラフォー。「母」にこそまだなっていないが、当時の母の歳くらいになった。今、その当時を振り返り、母について改めて考えてみた。
 
母は強し。
 
これはよく聞く言葉だと思う。
確かに母は強い。しかし、ただ強いだけではない。強さと共に並々ならぬ「覚悟」がある。
よくよく考えてみると、母は、命懸けで出産をし、幼い我が子を必死に守り育て、子育てと並行して家事や様々な仕事、そして役割をこなし、今まで生き抜いてきている。
きっと、泣きたいくらい辛いことも、実際に私たちの目に触れないところで涙したこともあったと思う。
こうして母について考察し、分析すると、ますます母の偉大さを感じずにはいられない。
母は強く、気丈で、相当な覚悟の持ち主だ。母の存在が大きすぎて、私は母のようにはなれそうもないが、どうやら友人たちに言わせてみたら、私は母に似てきているらしい。
そんな母とは私が20代の頃、仲違いをしていた時期がある。その原因は私の大学入試の頃に遡る。私は九州から兵庫県まで大学受験のために一人きりで行き、ホテルへ一泊した。引率の先生もいなければ、一緒に受験する同級生もいなかった。新幹線も、大学への下見も、ご飯も全部一人。私にとって、この出来事は大変なチャレンジで、相当な勇気が必要だった。その当時母は仕事が忙しく、ついていくことができなかったのだが、母は受験に反対していたので、私は見捨てられたと勘違いをしていた。一人で遠出するのはそれが初めてで、とても寂しかったのだ。忘れられない寂しさからの思い込みと勘違いは尾を引き、私は母に寄り付かなくなった。
30代になって私も少し大人になって、母の苦労や苦悩を知り、関係は雪解けし、今では付かず離れずいい関係になれている。
そんなこともあってどの部分が似てきているのか、ちょっぴり複雑な気持ちも見え隠れしつつ、ちょっぴり誇らしいような気持ちにもなる。
私が「母」になれるかは神のみぞ知るところだが、母のような強さと覚悟を持ち合わせた肝の座った女性になれたら、どんな困難が訪れても乗り越えていけそうな気がする。
 
母が消防士になった日は、怖かっただけの母が私にとって、スーパーヒーローになった日。
そして、母の強さと覚悟、偉大さを目の当たりにし、母という存在がより一層大きくなった日だった。
母も気持ちこそまだまだ気丈だが、父よりも先に身体が弱ってきた。そんな母へ改めて親孝行したくなってきたので、今度ランチでもご馳走しよう。きっと、遠慮しながら、照れながら、喜んでくれるに違いない。
 
 
 
 
***
 
この記事は、天狼院書店の大人気講座・人生を変えるライティング教室「ライティング・ゼミ」を受講した方が書いたものです。ライティング・ゼミにご参加いただくと記事を投稿いただき、編集部のフィードバックが得られます。チェックをし、Web天狼院書店に掲載レベルを満たしている場合は、Web天狼院書店にアップされます。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

お問い合わせ


■メールでのお問い合わせ:お問い合せフォーム

■各店舗へのお問い合わせ
*天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


■天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
TEL:03-6914-3618/FAX:03-6914-0168
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
*定休日:木曜日(イベント時臨時営業)


■天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階
TEL:092-518-7435/FAX:092-518-4149
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00


■天狼院書店「京都天狼院」

〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5
TEL:075-708-3930/FAX:075-708-3931
営業時間:10:00〜22:00


■天狼院書店「Esola池袋店 STYLE for Biz」

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋2F
営業時間:10:30〜21:30
TEL:03-6914-0167/FAX:03-6914-0168


■天狼院書店「プレイアトレ土浦店」

〒300-0035 茨城県土浦市有明町1-30 プレイアトレ土浦2F
営業時間:9:00~21:00
TEL:029-897-3325



2022-03-02 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事