fbpx
メディアグランプリ

私のヒーローは、今日も髪をなびかせていく


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:小西 裕美(ライティング・ゼミNEO)
 
 
私は彼女たちが大好きだ。
今日も勇ましく働いて、ビール片手にきっとこう叫んでいる。
「ああ、もうハゲそうーーー!!!」と。
 
尊敬する友人たちは、なぜか新入社員の頃から、中間管理職ばりの責任感を持っている。
あの仕事は誰がやるの? と思ったら、もう身体がそっちの方に動いてしまい、誰が受けてもいいような、宙ぶらりんなボールを、片っ端から全部レシーブしていく。
彼女たちには未来を見る力があるらしく、それをやらないとあとですごく困る自分たちの姿が見えるそうだ。
 
そうやってコート内をパワフルに動き回っているうちに、ふと気がつく。
あれとこれって、実はムダじゃない? と。
気づいてしまったからには、無視できない。
一直線にガガガーーーっとブルドーザーのように仕事を進めていく。
 
そうなれば、もう彼女たちを止めることはできない。
飛んできたボールを片っ端から打ち返していく。
彼女たちに任せた業務はどんどんと前に進んでいくから、着々と社内で成り上がっていく。
 
そんな彼女たちを見て、私は「今日も元気にハゲに行ってんなあ…!」と思う。
決して悪口ではなく賛辞であり、他にぴったりの表現が見つからないのだ。
私は彼女たちをとても尊敬している。
 
もう何年も前に、ソフトバンクの孫正義さんが、Twitterのフォロワーに「髪の毛の後退度がハゲしい」と言われ、そのお返しに「髪の毛が後退しているのではない。私が前進しているのである」とツイートしたが、まさにそんな感じだ。
どう見ても、彼女たちは自分から進んでハゲに行っているとしか思えない、そんな勢いを感じる働きっぷりだ。
 
彼女たちの敵はとても多く、いつも目の前に立ちはだかる。
 
一番多い敵は「じゃがいも」らしい。
フライドポテトにも、ポテトサラダにも、肉じゃがにもなれるのに、もっと工夫次第で美味しくなれるのに、自分からは変わろうとしない受け身の人たちのことだ。
そっとして置いても害がないと思いきや、放置しすぎると毒の芽を生やしてくるからややこしい。
ひとつずつ、丁寧に芽を摘んでいくしかない。
 
そして、やっかいなのが「妖怪ハゲたがり」だ。
私もこんなに頑張っているんだけど! というアピールがすごい。
確かに努力家なんだけど、この妖怪はいろいろバランスを崩してしまうのが特徴で、ストレスで体調不良になったり、承認欲求をこじらせたり、「ああ、もうハゲそう」と漏らす言葉が本気すぎて覇気がない。
少しメンヘラ要素もあるので、要注意だ。
 
彼女たちが、いまとても手を焼いている敵は「ごみ屋敷」というらしい。
目上の人に多いらしく、とにかく物事を決めることができない。
判断するのに必要な材料がどれかもわからないから、とにかくボールがそこに溜まっていく。
とはいえ、決定権はこの人にあるものだから、待つしかない。
勝手にボールを漁って持っていくものなら、すんごく怒られてしまう。
こんな敵と日々、戦っているのだから、本当にあっぱれだ。
 
しかし、そんな彼女たちだって、完全無欠のヒーローではない。
ひとりの女の子だったりする。
 
「ちょっと聞いてよー!」
と大きな声でビールジョッキを片手に語り出すのは、いつも一緒に働く同僚たちのことだ。
本当に楽しく働けるようになっているのか、自分が相手に嫌な思いをさせていないか、すごく気にしている。
 
ドラッカーが書いた有名な本「マネジメント」では、「リーダーは尊敬されるが、必ずしも好かれるとは限らない」と書かれている。
時には嫌われ役になってでも、仕事を前に進める真摯さについて書かれているが、ちょっと彼女たちとは違うな、と思う。
 
どちらも素晴らしいリーダーだけど、私はあたたかみを感じる彼女たちと一緒に仕事がしたい。
普段は強そうに見えるから気づかないが、少しのことでもしっかりと傷ついている。
実はHPが残り5ぐらいになっていることもザラにある。
 
彼女たちは、誰よりもたくさんの挑戦をするからこそ、自分ひとりでは小さなことしかできないことをよく知っている。
だから、自分ができることには全力で取り組むし、周囲との関係も大事にする。
決してトップダウンではないからこそ、みんなで並走できるように、誰かの分まで自分が走る。
そんな覚悟がある。
 
そして走りすぎて、ふと立ち止まって言う言葉が「もう、ハゲそう」(笑)
眉毛をハの字にしながら言うその言葉は、どこか冒険を楽しそうな雰囲気もはらんでいる。
 
 
 
 
***
 
この記事は、天狼院書店の大人気講座・人生を変えるライティング教室「ライティング・ゼミ」を受講した方が書いたものです。ライティング・ゼミにご参加いただくと記事を投稿いただき、編集部のフィードバックが得られます。チェックをし、Web天狼院書店に掲載レベルを満たしている場合は、Web天狼院書店にアップされます。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

お問い合わせ


■メールでのお問い合わせ:お問い合せフォーム

■各店舗へのお問い合わせ
*天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


■天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
TEL:03-6914-3618/FAX:03-6914-0168
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
*定休日:木曜日(イベント時臨時営業)


■天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階
TEL:092-518-7435/FAX:092-518-4149
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00


■天狼院書店「京都天狼院」

〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5
TEL:075-708-3930/FAX:075-708-3931
営業時間:10:00〜22:00


■天狼院書店「Esola池袋店 STYLE for Biz」

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋2F
営業時間:10:30〜21:30
TEL:03-6914-0167/FAX:03-6914-0168


■天狼院書店「プレイアトレ土浦店」

〒300-0035 茨城県土浦市有明町1-30 プレイアトレ土浦2F
営業時間:9:00~21:00
TEL:029-897-3325



2022-05-03 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事