fbpx
メディアグランプリ

前より、ちょっと好きかも。~いつか心から「私じゃないみたい……」をつぶやくとき。


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:yuki(ライティング・ライブ名古屋会場)
 
 
「私じゃないみたい……」
 
このフレーズ、ああ、あれか、とピンとくる方が多いのではないだろうか。特に女性の方には。
 
自分史上最高にSEXYな1枚、というキャッチフレーズのもと、大人気だという月例イベント、「秘めフォト」。
 
私が初めて秘めフォトを体験したのは今年の2月。
 
キーワードは、自分を好きになる、だったと思う。
 
そのころ私は失恋していた。というか、自分で彼との関係を壊していた。彼は私のことを好きだと言ってくれていたし、私も彼のことが好きだったのに。
年齢や容姿、その他もろもろ、自分に自信が持てず、自分が嫌いで、こんな私と長続きするはずがないから今のうちに終わりにしたい、と言って壊してしまった。
 
なんでそんなことしちゃったのかな、と後悔しても後の祭り。
彼には彼女ができていて、私はまだ彼が好きで。でもどうにもならない。
 
自分に自信が持ててれば、自分のことが好きだと思えていたら、こんなことしなかったのかな。
 
私は47歳。いい歳というか、正直なところ恋愛からは長らく離れていたところに降ってわいたような話で、普段は見ないようにしていた自己肯定感の低さが露呈してしまって、どうしていいかわからなくなっていた。
10代や20代じゃあるまいし、なにやってるのかなー私……。
 
でも、もうこんな思いはしたくないから。なにかできることはないかな、と思ってネット上でいろいろ検索していたときのキーワードが、「自分を好きになる」で。何かのめぐり合わせで「秘めフォト」にめぐり合った。
 
説明文を読んで、すぐ申し込んだ。天狼院書店という存在も知らなかったのに。
お金を振り込んでから、どんなとこなのかなと実は下見に行ったりして(あやしいとこじゃなくてよかった!!!)。
 
そして、当日。
めちゃめちゃノリノリの参加者もいる中、緊張の私……。
でもまあ、恥ずかしがっててもしかたないし。脱いじゃえ。
 
……すごい気持ちいい。
 
非日常のハイテンションに包まれて、解放感なのかなんなのか、すごい快感。気持ちいい。
 
写真撮られてるときも、きゃー! 素敵―!! とか、めっちゃセクシー! とか、女子会ノリで騒いで。カーテンの向こうのお客様、スタッフの皆様お騒がせしております……。
 
で、撮影直後のデジカメのディスプレイを見せてもらったとき、やっぱりあのフレーズが自然と出てきた。
 
「私じゃないみたい……」
 
そりゃそうだ、と思う。自分一人の写真なんて最後に取ったのはいつなのかも覚えていない。免許の書き換えの時かも?それがセミヌードでポーズ取ってるんだもん。私じゃないみたいだよね。
 
でも、とも思う。私は自分が好きではない上に容姿も顔立ちも嫌いときている。
シミもシワもほうれい線もくっきりある顔に、斜視でどこ見てるかよくわからない目があって、ちょっと出っ歯な口元。体重も相当あるし、おなかたるんでるし足太いし。。
写真はそれが全部はっきり出てしまうから嫌い。
 
二日後、写真のデータが送られてきたけど、見る勇気がなくて、なんと元彼にデータのURLを送って、いいなと思うやつ教えて! と頼むという暴挙に出てしまった。彼は律義にこれとこれがいいと思うよと返事をくれて、その写真だけ、見た。
でもやっぱり、きれいじゃない……。
 
なのに私はすでに次回の秘めフォトの申し込みをしていた。
写真は嫌い。でも撮影中のその2時間が好き。撮られている最中が気持ちいい。アドレナリン出まくってるのかも。またそれを味わいたいから。
 
次回は1か月後。その時一つの思いが芽生えていた。
きれいになりたい。
きれいに撮ってもらいたい。
 
年だしとか、彼のこととか、いろいろ気持ちの周りにうずまくものはあったとは思うけど、そういうことは関係なくて、ただ、きれいになりたいと思った。
 
筋トレは無理だけど、YouTube見ながらストレッチしよう、とか、甘いもの減らすのは難しいけど、外食とかお惣菜をなるべくやめて、ご飯作ろう、とか。
2月に始めて、なんとそれは5月の今でも続いている。もちろんときどきさぼることもあるけれど。
 
翌月の撮影日、私の体重は3キロ減。
&nbs
もともとが標準体重以上だっただけに、スタートダッシュで一気に減ったんだと思うけど、それでも、なにこれ、なにこのパワー。私こんなことができるんだ。
 
2回目と3回目の秘めフォト。2日連続で参加した分のデータがまとめて送られてきて、今度は頑張って全部見た。
やっぱり、きれいじゃないよね。隠すものないし、やなとこ全部見える。
 
でも、次のとき、どうなってるかな。実はストレッチとちょこっと筋トレと、顔のマッサージも時々だけどするようになったんだよね。
 
4回目。なんとカメラマンの三浦さんが体調不良でキャンセルになってしまった。でも今月の自分がどうしても見てみたくて、「そうだ、京都行こう(笑)」。
 
意外と近いのに全然来たことがなかった京都。1DAYトリップだし、お店の雰囲気も名古屋と全然違ってさらにテンションアップ!撮影中の女子会モードはここでも同じ。楽しい!
 
撮影直後のディスプレイ、見た瞬間、これ好きかも、と思った写真があった。
 
データ、早く来ないかな。
え? そんなこと思ったの初めて。
 
翌日、データが送られてきた。
あの写真、見たい。どこかな。
 
……あった。やっぱり好きだ。この写真。
 
今までたくさん撮影してもらった中で、初めて好きだと思った写真。しいて言えばこれが好き、ではなく、これ好き! と思えた初めての写真。
 
私、私のこと前よりちょっと好きかも。
 
次回は今週末。初めての秘めフォトから今までで、体重は5キロ減った。ちょっとおなか回り引き締まってきたんじゃないかな。
今度はどんな写真になるかな。いつか、心から「私じゃないみたい……」と思える日が来るといいな。
 
ところで、秘めフォトには新たな伝説が生まれようとしているらしい。
5回目で、彼氏ができるとか……?
 
私、次回で5回目なんです(笑)。
 
 
 
 
***
 
この記事は、天狼院書店の大人気講座・人生を変えるライティング教室「ライティング・ゼミ」を受講した方が書いたものです。ライティング・ゼミにご参加いただくと記事を投稿いただき、編集部のフィードバックが得られます。チェックをし、Web天狼院書店に掲載レベルを満たしている場合は、Web天狼院書店にアップされます。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

お問い合わせ


■メールでのお問い合わせ:お問い合せフォーム

■各店舗へのお問い合わせ
*天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


■天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
TEL:03-6914-3618/FAX:03-6914-0168
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
*定休日:木曜日(イベント時臨時営業)


■天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階
TEL:092-518-7435/FAX:092-518-4149
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00


■天狼院書店「京都天狼院」

〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5
TEL:075-708-3930/FAX:075-708-3931
営業時間:10:00〜22:00


■天狼院書店「Esola池袋店 STYLE for Biz」

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋2F
営業時間:10:30〜21:30
TEL:03-6914-0167/FAX:03-6914-0168


■天狼院書店「プレイアトレ土浦店」

〒300-0035 茨城県土浦市有明町1-30 プレイアトレ土浦2F
営業時間:10:00~20:00
TEL:029-897-3325



2022-05-03 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事