fbpx
メディアグランプリ

ショート小説『最後の君の、花言葉』

thumbnail


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:鳥井春菜(ライティング・ゼミNEO)
※この記事はフィクションです。
 
 
タクシーに乗り込むと、冷房の匂いがした。もう夏が来ていた。
タケシと付き合いだして、三度目の夏だ。
 
「ちょっと近いんですが、中央公園までお願いします」
 
タクシーが動き出すのを待たずに、スマホに『遅れてごめん! あと10分で着く!』のメッセージを素早く打ち込む。社会人4年目は、自分で仕事を回せるようになった分、やれることもやりたいことも増えるばかりだ。
本当はレストランを予約して、もっとちゃんとオシャレして行こうと思っていた。けれど、気がついたらもう今日が来ていたのだ。
 
『誕生日なのに、ごめんね』
 
ーー今度の誕生日には、私が花束を用意しようって、思ってたのにな……
 
先々月の自分の誕生にもらった真っ白なカーネーションの花束を思い出すけれど、もう時計は十時を回って、花屋なんてどこも空いていない。
 
けれど、そもそも今の自分は、彼にどんな花を贈れるのか……
タクシーの窓から流れる風景をぼんやり見つめながら、優華はそっとため息も漏らした。
 
 
* * *
 
 
始まりは、小さなライフハックだった。
仕事が忙しくなるほどに、ついつい部屋が汚くなって、足の踏み場がなくなることも。そんな日常を変えるべく始めたのが、部屋に花を飾ることだった。
 
「花はいいわよ。部屋をきれいに保たなきゃって、気持ちになるから。可愛いしね」
 
尊敬する上司がそう話していたのを、こっそりそのまま実践したのだ。
幸い、職場のすぐ近くに小さな町の花屋があって、昼休みにコンビニへ寄るついでに花を一輪選ぶことができた。
 
「よかったら、これもどうぞ。切り花が余っているので……」
 
時々、店員さんが一本サービスしてくれるのも、嬉しくて気に入っていた。
そんな花屋の彼が、あるとき、小さな丸い花束を差し出してきて、
 
「よかったら、これもらってくだい。僕の気持ちで……いや、あの、一度デートに行ってくれませんか?」
 
いつも丁寧に花を包んでくれる彼の、たどたどしい告白。とてもかわいい花束だった。
 
赤いチューリップ、ハナミズキ、黄色のミモザ、白の小さなカスミソウ……
どれもサービスしてくれたことのある花たちだ。
 
『愛の告白』『私の想いを受け取ってください』『秘密の恋』『永遠の愛』
そんな花言葉を持っている花なんだよ、とタケシが教えてくれたのは、実際に二人が付き合ってから少したってからだった。
 
 
ーー三年も一緒にいると、季節の花がわかるようになったもんなぁ。
 
タケシはそれから、たくさんの花を贈ってくれた。それらが花言葉と一緒に贈られているということぐらい、あの話を聞いた後は、優華にだってわかった。
 
 
付き合いはじめた夏は、ナデシコの「純愛」。
好きだと話したアイスと一緒に渡されたひまわりの「あなただけを見つめる」。
京都旅行の後にくれた真っ赤な紅葉の枝は「大切な思い出」。
冬だって、小さくて健気なナズナは「私の全てを捧げます」。
聖夜のオンドグロッサムは「特別な存在」。
 
 
そんな花たちは、部屋でふと目にするたびに、優華に愛されていることを囁き続けてくれた。
 
青いヒヤシンス「変わらぬ愛」、ブーゲンビリア「あなたしか見えない」、センニチコウ「色あせぬ愛」。
フルースター「幸福な愛」、ミニバラ「果てしなき愛」、ナンテン「私の愛は増すばかり」……
 
 
そうだ、確かにタケシはずっと、優華のことを大切に想ってくれている。
 
ーーでも、やっぱり……ううん、だからこそ……
 
今日、別れを告げよう。膝の上で組んだ手に、ぎゅっと力を入れた。
 
 
いつからだろう、出勤時には、アイラインを濃く引くようになっていた。
「強く見えるから」と優華が答えると、タケシは「強く見えなきゃダメなの?」と笑った。そうやって笑うタケシの世界が、優華はやさしくて愛おしいと思っていた。
けれど、仕事に打ち込むほどに「強くなりたい」「強くならなきゃ」と思う気持ちは強まって、タケシの優しい世界と優華の日常の差が広がっていくような、そんな違和感がずっと消えずにここまで来てしまった。
 
そうしてついに、先日の栄転の話だ。引っ越しが伴う話なのに、一大プロジェクトのチャンスに優華は迷わず飛びついた。そんな自分に気がついたとき、このたくさんの愛をもらい続けていてはもうダメなんだと、ようやく心が決まったのだ。
 
 
ーーせめて、今日、花束を渡せるような私だったら…………
 
思わず、そう考えたけれど、何も持っていない両手こそが全てだった。
 
 
* * *
 
 
引っ越してきて数日後、新居のマンションのインターホンが鳴ったとき、ドキッとした。
最後にどんな花を選んだんだろう、と、本当はずっと気になっていたからだ。
 
 
「でも最後に一つだけ、君に花を贈ってもいい? これで最後にするから……」
 
誕生日のディナーを終えて、一通り優華の話を聞いた後にタケシはそう答えた。それを断るほど、優華は冷たくなりきれなかった。それに、そんな風に言われてしまうと、気になってしまう。
 
 
ドキドキしながら、宅配を受け取るためにドアを開ける。いったい、どんな花束がーーー
 
「えっ!!!」
 
デカい。扉の向こうでは、宅配のお兄さんが少し息を切らしながら、大きな鉢植えを抱えている。
そして、その鉢から溢れんばかりの青い紫陽花が………
まあるく大きな花の塊。深いブルーは宝石のようで、思わず手を伸ばして触れたくなる。
 
バルコニーまで運んでもらって、実際に、そっと手を伸ばす。
 
ーーどうして、これを……
 
これまでに贈られた花は、全て切り花だった。最後になって、こんな大きな鉢植えを送ってくるなんて。
胸の鼓動は表面上は静かに、けれどずっと早鐘を打っていて、スマホで検索する指先が少しもたつく。
 
 
紫陽花の花言葉はーーーー
 
「冷淡」「移り気」「あなたは冷たい人」
 
目にした言葉に、タケシの優しい笑顔が重なって、心がヒヤリとする。やっぱりひどく傷つけてしまったのだろうか、そんな仕打ちをしたことを、忘れられないように枯れない鉢植えに……?
けれど、最後の花言葉に、ハッと目が止まる。
 
 
「辛抱強い愛情」
(ドイツ人医師シーボルトが日本人女性に恋をしたが、国外追放されて、帰国後、持ち帰った紫陽花に女性の名前をつけて普及したことに由来する。)
 
 
ーーどっちだろう……
 
タケシは、どっちの意味で、この紫陽花を贈ってきたのか。一方的に別れを切り出した優華を非難したかったのか、それとも、それでも愛していると伝えたかったのか。こんなに立派な鉢植えにするほど優華に忘れて欲しくない感情は、一体どちらだったのか。胸のうちがグルグルと回って感情がせめぎ合って、優華は、紫陽花から目が離せない。
 
もう一度、そっと紫陽花に触れる。
やさしく、少し湿った感触が、手のひらにそっと寄り添ってくる。
 
ーー水やり、忘れないようにしなきゃ。
 
どちらにしたって、それは最後にタケシがくれた言葉だ。
 
これから梅雨の季節。
きっと、雨に濡れた紫陽花がキラキラ光って、ふと目に入るたびに、優華は流れた日々とこの花言葉のことを思い出すだろう。
 
 
 
 
***
 
この記事は、天狼院書店の大人気講座・人生を変えるライティング教室「ライティング・ゼミ」を受講した方が書いたものです。ライティング・ゼミにご参加いただくと記事を投稿いただき、編集部のフィードバックが得られます。チェックをし、Web天狼院書店に掲載レベルを満たしている場合は、Web天狼院書店にアップされます。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

お問い合わせ


■メールでのお問い合わせ:お問い合せフォーム

■各店舗へのお問い合わせ
*天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


■天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
TEL:03-6914-3618/FAX:03-6914-0168
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
*定休日:木曜日(イベント時臨時営業)


■天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階
TEL:092-518-7435/FAX:092-518-4149
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00


■天狼院書店「京都天狼院」

〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5
TEL:075-708-3930/FAX:075-708-3931
営業時間:10:00〜22:00


■天狼院書店「Esola池袋店 STYLE for Biz」

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋2F
営業時間:10:30〜21:30
TEL:03-6914-0167/FAX:03-6914-0168


■天狼院書店「プレイアトレ土浦店」

〒300-0035 茨城県土浦市有明町1-30 プレイアトレ土浦2F
営業時間:9:00~22:00
TEL:029-897-3325



2022-06-22 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事