fbpx
メディアグランプリ

『迷ったら、自分を好きでいられるほうを選べばいい』が、お気に入り本の仲間になった!


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:上田聡代(ライティング・ゼミ4月コース)
 
 
新書『迷ったら、自分を好きでいられるほうを選べばいい』という題名にジンときた。ビジネス本のようだけど、表紙は若い女性が好みそうなイラスト。少し考えたが、星が5つついていたので、ポチっと購入すると翌日に届いた。手にとった時のフィット感が気に入った。手が小さい私は、一般的なハード本の新書は読みにくい。これは、ソフトカバーで、一回り小さいサイズだった。
 
「はじめに」を読み、目次を確認。「自分との対話が楽しくなる50のメッセージ」に対して解説のついているカタチ。『第3章人間関係を美しくする』という言葉が気に入った。「人間関係を良好にする」ではなく「美しくする」って表現がキレイ。読みやすそうだし、ソファーで寝そべりながら、早速読み始めた。
 
著者紹介。馬場啓介。コーチングスクールの代表。経済産業省や大手企業の人材育成担当、子どものいじめや孤独をテーマに講演活動をしている。『キングダムで学ぶ最強のコミュニケーション』の著書だった。漫画キングダムが好きな私は、この本を買って読んでいたのだが、著者名まで覚えていなかった。それは、漫画のコミュニケーションをこんな風に読むのかと、視点が拡がった1冊だった。同じ著者の急に親近感が湧いてきた。
 
第1章「自分」のあり方を考える。ページをめくると、落ち着いた薄い青いページに「01成長するってどういうことだろう?」という下に「うまくいかない時に、どんな自分でいられるかだよ」と書かれている。それだけで、なるほど……と思うが解説が続く。難しい言葉も複雑な言い回しもないので、スッと入り、いつの間にか夢中になっていた。私が特に心に残り行動が変化した3つのチャプターを紹介する。
 
1つ目は、『06つい人と比べてしまうんだ/それは比較できるものばかり見ているんだね』そこには、「人と比べるなと言われても、ついやってしまうのが人間というもの」と書いていたので「そうそう」と思う。私は、不妊症看護認定看護師として、不妊治療を受けている患者さんの話しを聞く機会が多い。「他の人はどうなんですか?」「こんな人いますか?」「もっとつらい人もいますよね」「なんで私だけ……」など、人と比べられる方が多い。「人それぞれだから」と、人と比べてはいけないような話をする。そんな自分に、いつもモヤモヤしていた。その原因を考えるヒントが書かれていたのだ。比較でできるものと比較して、それで自分がやる気になったり行動が加速できるならそれでいい。だけど、本当に大切なものは比較できないことが書かれてあった。私はどこかで「どんなことでも、人と比べてはいけない」と決めつけていたことに気づけた。確かに、自分が満たされているとき、夢中で恋をしている時、夢中で好きなことを勉強しているとき、自分だけのこだわりがあるときはなどは人と比べないな……と考えた。この事がきっかけで、患者さんと話をする時に、だれかと比較する言葉が発せられても、それがその人の頑張りになっている時は、素直に応援できるようになった。
 
2つ目は『04うまくできるか不安だな/やった後悔は消えるけど、やらない後悔はずっと消えないからね』だ。やらなかった後悔はずっと消えないけれど、やった後悔って、いつの間にか消えて自分の誇りに変わっている。助産師学校に行くときも、お産から離れて不妊症看護を始めたことも、自営を始めるときも、うまくできるか不安だった。しかし今となれば、私の誇りになっている。独立で悩んでいる友人に、このことを話して本を贈った。友人は今、独立に向けて準備している。思いっきり応援したい!
 
3つめは『43 今、リーダーに必要なことは?/正解を求める覚悟』だ。私は……。正解はわからないが、リーダーはこれを正解にしよう! と覚悟する。この覚悟は、自分が全ての責任持つから、こっちにしよう! という意味だと捉えた。そして、「この人が言う正解ならついて行こう!」と言われるのがリーダー。そう思ってもらえるには、どんな人間関係が必要だろうか? と考えさせられた。来月、職場のリーダーになろうと勉強会をしている仲間と一緒に考えようと決めている。覚悟して決めた正解が、もし間違っていたとしても折れずに軌道修正していく柔軟さを持つことも書いてあった。大切なことだけど、それについてきてくれるメンバーとの信頼関係がテーマになりそうだ。
 
「おわりに」を読むと、著者は月が好きで考えごとをするときに月をみあげるようだ。それで気づいた。50の問いの答えは「月」が話していた。よく見てみると、月のイラストは章が進むと共に、三日月から満月に変化していた。
 
自然に笑みがこぼれて、気持ちよさというか、心が軽くなっていた。自分と向き合うことを難しくする「思い込み」や「盲点」を考えるヒントが、わかりやすい言葉で書かれている。
 
やさしい言葉を投げかけられながら、自分自身でいろんなことを考える本だった。迷うこと、悩むこと、つらいことは必ずある。その度にページは変わるけれど開ける本になると思い、ベッドサイドのお気に入り本の仲間に入れた。
 
まだまだ、次から次へと迷うことが現れる毎日だけれど……。
迷ったら、自分を好きでいられる方を選ぼう……。

 
 
 
 
***
 
この記事は、天狼院書店の大人気講座・人生を変えるライティング教室「ライティング・ゼミ」を受講した方が書いたものです。ライティング・ゼミにご参加いただくと記事を投稿いただき、編集部のフィードバックが得られます。チェックをし、Web天狼院書店に掲載レベルを満たしている場合は、Web天狼院書店にアップされます。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

お問い合わせ


■メールでのお問い合わせ:お問い合せフォーム

■各店舗へのお問い合わせ
*天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


■天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
TEL:03-6914-3618/FAX:03-6914-0168
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
*定休日:木曜日(イベント時臨時営業)


■天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階
TEL:092-518-7435/FAX:092-518-4149
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00


■天狼院書店「京都天狼院」

〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5
TEL:075-708-3930/FAX:075-708-3931
営業時間:10:00〜22:00


■天狼院書店「Esola池袋店 STYLE for Biz」

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋2F
営業時間:10:30〜21:30
TEL:03-6914-0167/FAX:03-6914-0168


■天狼院書店「プレイアトレ土浦店」

〒300-0035 茨城県土浦市有明町1-30 プレイアトレ土浦2F
営業時間:9:00~22:00
TEL:029-897-3325



2022-07-27 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事