fbpx
メディアグランプリ

99歳のスーパーキャリアウーマンおばあちゃん~黒髪が生えてきた~


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:篠原奈緒(ライティング・ゼミ集中コース)
 
 
「なおちゃん、このLINEの動画、どうやって保存するん?」
高齢者用スマホの大きな字の画面をいじり、動画の保存を完了させる。
「おばあちゃん、保存したよ。ここのボタンをギューッと長押ししたら見られるから。一回やってみて」
「ほんとにありがとうね。一週間、何回やってもできんかったんよ。若い子はすごいね。文字打つのもすごく速いし」
99歳の祖母と孫である私との会話である。
 
祖母は一人暮らしをしている。
週に2度はヘルパーさんが来て、部屋の掃除や買い物をしてくれるが、その他のことはすべて自分でこなしている。
 
祖母の一日はこうだ。
7時に起き、仏壇に向かってお経をあげ、朝食を作って食べる。
全自動洗濯機に洗い物を入れ、テレビを見るために、ソファに座る。
12時になれば昼食を作って食べる。そしてまたテレビを見る。
ひ孫の動画がLINEに送られてくると何度も見返す。
そして、18時になれば、夕食を作って食べる。
シャワーを浴びて、またテレビを見る。
毎日21時ぴったりに娘から電話がかかってきて、短くたわいもない話をする。
そして22時にベッドに入る。
毎日、決まった時間に起き、ご飯を食べ、同じテンポで過ごしている。
 
そんな祖母の家に、私は1年ほど前から、1か月に一度遊びに行っている。お花を買って持っていくとものすごく喜んでくれる。
両親からは、「あんた、えらいね~、おばあちゃんちに定期的に顔出して」と言われる。
もちろんおばあちゃん孝行したい思いもあるが、それ以上に祖母から学ぶことが大きく、自分にとって貴重な時間なのだ。
 
私にとって、祖母は「憧れのキャリアウーマン」なのだ。
 
『スマホ、インターネットへの好奇心が強い』
スマホを使いこなすにはどうしたらいいのか、日々試行錯誤している。
そしてわからないところは、孫の私に尋ねる。
最近は、インターネットでの買い物に興味を示しており、私がネットで購入したものを見るとうらやましく見ている。
 
『経済情報に関心が高い』
「なおちゃんとこの会社の株価あがったねー。景気良くておばあちゃんもうれしいわ」
こんな言葉をかけてくれる。TVニュースや新聞で日々情報を集めている。
そして、自分自身のお金の管理もきちんとしている。
 
『人を動かす力がある』
「なおちゃん、今日も来てくれてありがとうね。元気出たわ。お花もありがとうね。また待ってるね」
孫であっても、いつも感謝を伝えることを忘れない。こんなこと言われると、またお花を買っていきたくなってしまう。
 
『メンタル維持ができている』
一日ほとんど誰とも会わずに、テレビを見ることが中心の生活。体も思うように動かなくなるもどかしさも感じているだろう。自分がこの立場であることを想像すると、結構メンタルを保つのが厳しいなと感じる。なぜこんなにメンタルが安定しているのかは、まだよくわからない。
 
男尊女卑が激しい時代を生きてきて、外で働いたことのない祖母だが、このような特性を持って、今の時代を生きていたらどんなキャリアウーマンになっていたのか。想像を絶する。DX化が進み、不確実性の高いこの世の中において、外部環境の変化を敏感に察知し、好奇心を持って実践している。そしてどんな状況でも自分軸をしっかり持って生きている。
まさに私にとって「スーパーキャリアウーマンおばあちゃん」だ。
 
そんな祖母と同じ時間を過ごすだけで、仕事をする上で、人生を生きる上での悩みが解消することも多い。そしてこの遺伝子が私にも受け継がれていると思うと希望であったりする。
 
最近、祖母の白髪頭に、少し黒髪が出てきたと母親から聞いた。
「え?そんなことある?」とさすがに疑った。
先日、祖母の頭を見せてもらったら、確かにきれいな白髪の根元に黒髪らしきものが見える。
「何歳かは問題ではない。今をどう生きるかが問題だ!」
そんなことを力強く語ってくれる祖母の黒髪。
 
最近、足もとがふらついているのが少々心配だ。前向きな発言は多いけど、「体思うように動かへんわ……」とたまに弱音を漏らす。
本当にいつまでも長生きしてほしい。
しかし人生には限りがあることは真実だ。
たとえ残り10年生きてくれたとして、毎月会いに行っても120回しか会えない。
一瞬一瞬を大切にして、これからも祖母との時間を大切にしていきたいと思う。
 
そして、人生100年時代と言われるようになった今、自分自身も祖母のような100歳を迎えられるようにも日々磨いていきたいと思う。
 
 
 
 
***
 
この記事は、天狼院書店の大人気講座・人生を変えるライティング教室「ライティング・ゼミ」を受講した方が書いたものです。ライティング・ゼミにご参加いただくと記事を投稿いただき、編集部のフィードバックが得られます。チェックをし、Web天狼院書店に掲載レベルを満たしている場合は、Web天狼院書店にアップされます。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

お問い合わせ


■メールでのお問い合わせ:お問い合せフォーム

■各店舗へのお問い合わせ
*天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


■天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
TEL:03-6914-3618/FAX:03-6914-0168
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
*定休日:木曜日(イベント時臨時営業)


■天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階
TEL:092-518-7435/FAX:092-518-4149
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00


■天狼院書店「京都天狼院」

〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5
TEL:075-708-3930/FAX:075-708-3931
営業時間:10:00〜22:00


■天狼院書店「Esola池袋店 STYLE for Biz」

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋2F
営業時間:10:30〜21:30
TEL:03-6914-0167/FAX:03-6914-0168


■天狼院書店「プレイアトレ土浦店」

〒300-0035 茨城県土浦市有明町1-30 プレイアトレ土浦2F
営業時間:10:00~20:00
TEL:029-897-3325



2022-08-20 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事