大好評につき継続開催決定!【2022年9月開講】人生を娯楽化させる「ハードワークの技術」徹底習得講座〜3ヶ月集中ブートキャンプ〜 | 天狼院書店
【天狼院のゼミ/5月〜開講コース】

大好評につき継続開催決定!【2022年9月開講】人生を娯楽化させる「ハードワークの技術」徹底習得講座〜3ヶ月集中ブートキャンプ〜


■「ハードワークの技術」徹底習得講座のポイント

・副業・フリーランス・起業家・仕事で成果を上げたいすべてのビジネスパーソン対応!
・「6つの技術」を3ヶ月で習得し、無理なく「ハードワークの技術」を身につける!
・多様なワークショップで講義を“即実践“!
・過酷な課題「3ヶ月集中ブートキャンプ」で一気に技術を体得!
・オンライン・コミュニティ「ハードワーカーズ・ギルド」へ参加し、仲間を作る!
・姉妹講座「生産性爆上げの技術」徹底習得講座
・天狼院マルチディスプレイ対応講座《全国通信完全対応》

いつもありがとうございます。
天狼院書店店主の三浦でございます。

ここ数年間、ずっと世の中に対して、違和感を覚えていました。

強い言葉で有り体にいえば、それは世の中の“欺瞞“といってもいいかもしれません。

科学と合理性を元に考えれば、絶対にそんなはずはないのに、誰もがその“欺瞞“に媚びているように思えて仕方がありませんでした。

たとえば、受験勉強の際に、明日から勉強時間に制限をかけます、けれども、有名大学に受かってください、生産性を上げて、と言われたらどう思うでしょうか?
弱小野球部で、甲子園を目指している際に、練習時間に規制をかけられ、なお生産性を上げて甲子園に行けと言われたらどう思うでしょうか?

答えは、明確でしょう。
「できるわけがない!」

“持たないもの“にとって、唯一、“持てるもの“に対抗できるところは、「時間を費やして努力する」ことです。

たとえ、サラブレッドの家系に生まれなかったとしても、名門高校に進めなかったとしても、有名大学に進めなかったとしても、まだ、逆転のチャンスがありますーー

それは、“努力できる自由“がそれでもなお担保されているからです。

ところが、それを制限されたらどうでしょう?

“努力できる自由“を放棄して、その先にあるそれぞれの個々人が思い描く、“理想の状態“を諦めなければならないのでしょうか?

才能や財産、親や組織から受け継がれた必勝のメソッドなどを有している人だけが既得権益を保持しながらいわゆる“成功“や”富“を独占すれば、社会は新陳代謝機能を失い、衰退するだけでしょう。

先日流れたニュースに、強い危機感を抱いた人も多いでしょう。日本のシンクタンクの試算で、日本は、2027年に韓国に、そして、2028年に台湾に一人当たりのGDPで、ついに逆転されるという。

いよいよ、来たか、です。

ほんのちょっと前に、GDPで中国に越されたときに、ファンタジーのようにも悪夢のようにも思った人もいたことでしょう。

もう中国の背中は見えないほどに遠く、ついに、日本は韓国と台湾に追い抜かれる。
新聞等の分析では、行政などのデジタル化の遅れなどを要因として挙げていますが、みんな、そうではないと気づいたはずです。

日本は、ほんの少し前まで、世界第2位の経済大国でした。おじいちゃんたちの時代です。
おじいちゃんの時代と、我々の時代で明らかな差があるとすれば、働く時間がおびただしく減少したということでしょう。

そう、受験勉強で言えば、勉強しなくなったのです。
部活で言えば、練習しなくなったのです。

でも、誰も、“ハードワーク“をしなければ勝てない、という現実を口に出して言おうとしません。

みんな、生産性を上げればなんとかなるというファンタジーや、地方で働こうとか、リモートで働こうとかという“スタイル“の話しかしなくなりました。

本当のことを、まるで忌み言葉のように避けるようになりました。

しかし、手遅れになる前に、ぜひ、みんなで本当のことを言いましょう。

ハードワークをしなければ、生産性など上がらないのです。

おびただしい時間を費やさなければ、効率よく仕事ができるようになどならないのです。
我々はよほどの天才でもなく、ギフテッドと呼ばれる恵まれた何かを持っている人でもありません。

庶民であり、凡人です。
庶民であり、凡人である我々が取れる戦略は、“努力“しかない。

みんな、わかってますよね?

地方や海外など好きな場所で“自由“にスタイル的に働いているほとんどの人は、若い時代のある時期に、とんでもないハードワークをしているはずです。

みなさんが憧れるひとの歴史を紐解いてみてください。

必ず艱難辛苦を経ているはずです。そこをくぐり抜けて、ようやく“スタイル“で働けるようになります。
つまり、前提条件である「ハードワーク」が抜け落ちてほとんどの場合、語られているのです。あるいは、さもないことのように語られています。

真実は極めて単純です。
努力しなければ、求める自由や理想は、手にすることはできないのです。
これは、太陽が東から昇って西に沈むくらい自明のことです。

そして、誰もがそれを知っているはずです。2021年まで我々は、目に見えない戦争を戦ってきました。疲弊し、どこか、この戦争前に描いていた夢や理想が、廃墟と化している人もいるでしょう。

けれども、人は強い。
必ず、廃墟から立ち上がことができる。そう人間は設計されています。
行き過ぎた「働かない革命」を今こそ、終焉させましょう。

2022年からは、廃墟から自らの足で立ち、自ら復興するために、“ハードワーク“しなければならないのです。

僕は2022年1月2日現在、2,192連勤中です。
最後に休んだのが、2016年1月2日だったので、丸6年間、1日も休みがなかったことになります。

その6年の間に、
僕が経営する天狼院書店は、2店舗から10書店1スタジオに拡大し、
スタッフが全国で100名を超えて、
福岡に会社をもう1社創り、
秘めフォトでは、1,900名様以上、撮影させていただき、
書籍を2冊出しました。

客観的に見れば、紛れもないハードワーカーであり、ワーカーホリックとも映るでしょう。

けれども、この2年間も含めて、僕はこの6年間、楽しくて仕方がありませんでした。
もう一度、2016年1月に戻ったとしても、おそらく、2,192連勤することでしょう。

楽しく、充足し、そして自分で自分を認めることができたからです。

成果を上げることは、価値の提供ができたという証であって、それは人様の役に立ったということになるでしょう。

人の役に立つーーそれ以上に、自分を肯定できる要因を僕は知りません。
また、それ以上に楽しいことも、ほかに知りません。

そう、僕にとってハードワークは、何よりの娯楽なのです。

ただし「ハードワーク」は、ある種の“スキル“です。

「ハードワーク」を長く放棄していた人が、いきなりハードワークするのは、極めて危険です。心身ともに故障する可能性が極大化することでしょう。

ここで言う「ハードワーク」とは、本業のみならず、副業も、学習も、家事も育児も介護も含みます。

誰もがマルチタスクをこなさなければならなくなった現代、しかも、その上で寿命が長くなり、持続可能性が重要性を増す現代、誰にも必要なのが、安全に「ハードワーク」をする技術なのだろうと思います。

安全にハードワークするには、作法があって、ある種の訓練が必要です。

本講座では、安全にハードワークの技術を習得し、結果的に皆さんの人生を娯楽化させるために、6講座とワークショップ、過酷な課題の数々、そして、今の世の中にとって“異端者“ともみなされるハードワーカーが集うオンライン・コミュニティ「ハードワーカーズ・ギルド」を用意しました。

ハードワークの理論を習得し、実践できるようになった皆さんが、世の中で大活躍したときに、この講座と「ハードワーカーズ・ギルド」は、新世代の秘密結社のような存在になり、新時代を牽引する原動力になればと夢想しております。

ハードワークが、ある種の忌み言葉になった現代だからこそ、ハードワークの技術を実践すれば、圧勝できると考えるのは、僕だけでしょうか。

それでは、講座期間の3ヶ月間、そしてそれ以降も末永くどうぞよろしくお願いします。

■カリキュラム


第1講 ハードワークの技術《理論編総論》2022年9月11日(日)10:30〜11:40

・生産量を決めるのは生産性と時間である
・人は余白がある分だけ弛緩する
・ハードワークだけが生産性を高める理由とは?
・生産量600%の世界は、年収300万円が1,800万円になるイメージ
*その他の項目は、講義内で明かします

第2講 自助/セルフヘルプの技術《自己責任の世界》2022年9月11日(日)11:50〜13:00

・その辛さは“他社責任“が原因なのかもしれない
・人生をどう捉えるかで“精神的なブレーキ“を解除できる
・「21世紀の自助論」の主人公とは?
・自由を獲得するための方程式
*その他の項目は、講義内で明かします。

第3講 異端になる技術《セッティング/実践編》2022年10月9日(日)10:30〜11:40

・そういう人だと周囲に諦めてもらえば勝ち問題/キャラクター設定
・最も重要なことは才能でもやる気でもなく“心身の健康“である《健康至上主義》
・高度なストレス・コントロールが“ハードワーク“の必須条件となる
・惰性で努力できるように自分を追い込む方法
*その他の項目は、講義内で明かします。

第4講 人生ゲーム化の技術《ゲーミフィケーションの応用》2022年10月9日(日)11:50〜13:00

第5講 稼ぎ多様化の技術《副業と越境のすすめ》2022年11月13日(日)10:30〜11:40

第6講 永久機関を作る技術《持続可能性の担保》2022年11月13日(日)11:50〜13:00

*第4講〜第6講の内容項目は、講義内で明かします。
*講義の項目は、“より良く“変更される場合があります。

講師プロフィール


三浦崇典 | Takanori Miura

1977年宮城県生まれ。
株式会社東京プライズエージェンシー代表取締役。天狼院書店店主。小説家・ライター・編集者。雑誌「READING LIFE」編集長。劇団天狼院主宰。プロカメラマン。2016年4月より大正大学表現学部非常勤講師。2017年11月、『殺し屋のマーケティング』、2021年3月、『1シート・マーケティング』(ポプラ社)を出版。

雑誌『週刊ダイヤモンド』、『日経ビジネス』にて書評コーナーを連載。2009年4月1日に、「株式会社東京プライズエージェンシー」を設立登記し、その後、編集協力や著者エージェント、版元営業のコンサルティング業等を経て、2013年9月26日に「READING LIFEの提供」をコンセプトにした次世代型書店(新刊書店)「天狼院書店」を東京池袋にオープン。2022年現在までに、11店舗を全国に広げて、運営している。
雑誌『週刊ダイヤモンド』、『日経ビジネス』にて書評コーナーを連載。現在、雑誌やコミック、電子書籍も含めた自身の月間書籍購入額は15万〜20万円で、読書冊数は月に100冊を超える。

【メディア出演】(一部抜粋)
NHK「おはよう日本」「あさイチ」、日本テレビ「モーニングバード」、BS11「ウィークリーニュースONZE」、ラジオ文化放送「くにまるジャパン」、テレビ東京「モヤモヤさまぁ〜ず2」、フジテレビ「有吉くんの正直さんぽ」、J-WAVE、NHKラジオ、日経新聞、日経MJ、朝日新聞、読売新聞、東京新聞、雑誌『BRUTUS』、雑誌『週刊文春』、雑誌『AERA』、雑誌『日経デザイン』、雑誌『致知』、日経雑誌『商業界』、雑誌『THE21』、雑誌『散歩の達人』など掲載多数。2016年6月には雑誌『AERA』の「現代の肖像」に登場。雑誌『週刊ダイヤモンド』『日経ビジネス』にて書評コーナーを連載。

 

【概要】2022年9月開講 人生を娯楽化させる「ハードワークの技術」徹底習得講座

■講義回数と日程:月2回×3ヶ月(全6回)
*単講座のみの受講はできません。ただし、動画や音声のストックがありますので、定員に満たない場合(通信受講も含め)はどの時期からも受講開始することが可能です。

■会場:
◯東京会場 東京天狼院(雑司が谷)・・・定員10名 
◯土浦会場 プレイアトレ土浦店・・・定員6名
◯名古屋会場 名古屋天狼院・・・定員20名
◯京都会場 京都天狼院・・・定員:10名
◯福岡会場 福岡天狼院・・・定員20名

◯通信受講 インターネットが整った環境であればお好きな時間にお好きな場所で受講頂けます。リアルタイム生中継でご視聴いただくか、収録された動画をお好きな時間に視聴することができます。

*各会場につきましては、大型スクリーンを使ってのサテライト受講となります。講師は、いずれかの店舗より登壇いたします。
*世の中の状況により、場合によっては急遽通信受講のみの開催と変更となる可能性もございます。予めご了承頂きますようお願い申し上げます。
*ワークショップに関しては、店舗受講の方はそれぞれの店舗で行います。通信の方もFacebookのコメント欄でやりとりをすることができます。

■参加費:

■参加費: 4月末まで早割10 %OFF

一般:月額 ¥22,000(税込)×3ヶ月=¥66,000(税込)→ ¥59,400(税込)

天狼院読書クラブ」会員:月額 ¥11,000(税込)×3ヶ月=¥33,000(税込) → ¥29,700(税込)

■参加特典:
講義受講権(全6回)/講師や他の受講生とコミュニケーションできる非公開のFacebookコミュニティ参加権/全講義動画視聴権(*講座を収録した動画を、最終講終了後、1ヶ月視聴可能)

■参加条件:
Facebookアカウントをお持ちである、もしくはこれから登録予定であること。
*「天狼院読書クラブ」の方は、本ゼミに半額で参加いただけます。
*お申し込み受付は、決済完了順とさせていただきます。
*定員になり次第、予告なく、締め切らせていただきます。
*通信で生中継での講義を受講される際には、安定したインターネット環境でご視聴ください。
*決済後の返金はいたしかねますのでご了承ください。

 

 

お申し込み方法


こちらのお申し込みページ内のPayPalボタンより決済、または各店舗までお問い合わせください。
お支払いは、店頭ご一括、またはPayPalでの決済、銀行振込みをご利用いただけます。
東京天狼院:03-6914-3618
プレイアトレ土浦店:029-897-3325
湘南天狼院:0466-52-7387
名古屋天狼院:052-211-9791
京都天狼院:075-708-3930
福岡天狼院:092-518-7435

■店頭支払い(一括):
全国の天狼院書店各店にて現金またはクレジットカードでお支払い頂けます。店舗スタッフまでお申し付けください。

■PayPal決済(一括または分割):
下記のPayPalボタンの中からご希望のコースを選び、決済を行なってください。

■銀行振込み(一括):
メールやお電話にて銀行振込みでのお支払い希望の旨をお知らせください。手続き方法、振込み先口座をご案内させて頂きます。

 

PayPalでの決済はこちら


 


新規お申し込みの方


▼一括払い

■支払区分(下記のドロップダウンメニューからお選びください)
■受講地(店舗を選択されても、通信受講に切り替えが可能です)
■携帯電話番号(ポイント付与の際に番号で照会いたします)



▼月々払い

■支払区分(下記のドロップダウンメニューからお選びください)
■受講地(店舗を選択されても、通信受講に切り替えが可能です)
■携帯電話番号(ポイント付与の際に番号で照会いたします)

【PayPal加入手続きについて】


 

 

*PayPalを利用しての決済はアカウントの作成が必須になります。

PayPalのアカウントをお持ちの方は「ログイン」ボタンを押してお進みください。アカウントをお持ちでない場合は、「アカウントを作成する」ボタンより、必要事項をご入力ください。

決済が完了しましたら「自動配信メール」が登録のメールアドレスに配信されます。そのほか、追って(お申し込みが殺到する場合、2、3日かかる場合もございます)、天狼院書店から登録完了のメールを差し上げます。

★同時受講のオススメ!

【6月開講】生産性爆上げの技術と併用受講がおすすめです!
 詳しくはこちら!

注意事項


 

※必ず、注意事項を読んだ上で決済にお進み下さい。

・勧誘、営業活動を目的とされる方の参加は、固くお断りいたします。勧誘、営業目的で参加されている事が発覚した場合、以降のイベントへの参加をお断りさせていただき、もしくは退室していただく事があります(その場合でも、参加費の返金はいたしません)ので、ご了承ください。

・有料・無料に関わらず、参加者への他のイベント、セミナー、グループ、店、企業、その他への勧誘は固く禁じます。また、勧誘を見かけた場合はスタッフまでご一報ください。

・本講座の著作権は、講師および株式会社東京プライズエージェンシーに帰属します。内容の全部または一部を、他媒体に無断転載することを固く禁じます。

・会およびコミュニティーの運営に支障をきたすと判断した場合、任意かつ一方的に、退会をしていただく場合がございます。

・全ての講座の受講になります。単講座での受講、途中解約は致しかねますので、ご了承の上、決済にお進みください。

・類似したイベントの開催の可能性のある方、開催の予定のある方は、ご参加はご遠慮ください。

お問い合わせ


 

■メールでのお問い合わせ:お問い合せフォーム

■各店舗へのお問い合わせ
*天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


 

■天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
TEL:03-6914-3618/FAX:03-6914-0168
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
*定休日:木曜日(イベント時臨時営業)

天狼院書店


 

■天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階
TEL:092-518-7435/FAX:092-518-4149
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00

福岡天狼院


 

■天狼院書店「京都天狼院」

〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5
TEL:075-708-3930/FAX:075-708-3931
営業時間:10:00〜22:00

京都天狼院


 

■天狼院書店「Esola池袋店 STYLE for Biz」

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋2F
営業時間:10:30〜21:30
TEL:03-6914-0167/FAX:03-6914-0168

天狼院書店「Esola池袋店」STYLE for Biz


 

■天狼院書店「プレイアトレ土浦店」

〒300-0035 茨城県土浦市有明町1-30 プレイアトレ土浦2F
営業時間:9:00~22:00
TEL:029-897-3325

天狼院書店 プレイアトレ土浦店


 

■天狼院書店「シアターカフェ天狼院」

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目8-1 WACCA池袋 4F
営業時間:
平日 11:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
電話:03−6812−1984

シアターカフェ天狼院


 

■天狼院書店「湘南天狼院」

〒251-0035 神奈川県藤沢市片瀬海岸2丁目18−17 2F
営業時間 10:00~22:00
TEL:04-6652-7387

天狼院書店「湘南天狼院」


 

■天狼院書店「天狼院カフェSHIBUYA」2020.8.4 OPEN

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前6丁目20番10号
MIYASHITA PARK South 3階 天狼院カフェSHIBUYA
営業時間 11:00〜21:00
TEL:03-6450-6261

天狼院カフェshibuya


 

■天狼院書店「名古屋天狼院」2020.9.18 OPEN

〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内3-5-14先
営業時間 10:00〜22:00
TEL:052-211-9791

名古屋天狼院


 

■天狼院書店「パルコ心斎橋店」2020.11.20 OPEN

〒542-0085
大阪市中央区心斎橋筋1丁目8-3
心斎橋PARCO 9F
営業時間 10:00〜20:00
TEL:06-6563-7560

天狼院書店「パルコ心斎橋店」

公式YouTubeチャンネルはこちらから!


 

天狼院YouTubeチャンネル「海の放送局」にて番組放送中!
チャンネル登録はこちらから!



無料メルマガも配信中!


 

メルマガ購読・解除 週刊READING LIFE 購読 解除   読者購読規約 powered by まぐまぐ!


関連記事