fbpx
【天狼院のゼミ/1月〜開講コース】

12月29日開講!東京・通信【2022年冬休み集中コース〜小説を一作、書き上げるゼミ】冬休み期間を使い、原稿用紙30枚以上の小説を書き上げる!プロのミステリ作家・評論家、千澤のり子先生からのフィードバックもあり!《30名限定》


いつもありがとうございます、天狼院書店スタッフの永井です。

前回、8月に開講した際に、「次回開催の際はまた参加したい!」「とても楽しかったです!」と、大変ご好評の声を頂いたのがこの、『小説を一作、書き上げるゼミ』です。

ゼミの内容・目的は、タイトルの通り、とてもシンプルです。

冬休み期間中(12日間!)を使って、『原稿用紙30枚以上の小説を書き上げていただくこと』です。

 
こうしたゼミを開催することになったキッカケは、天狼院書店における小説家養成ゼミの7年の歴史にあります。
 
天狼院書店ではこれまで様々な形で、小説の書き方や、創作方法をお伝えしてきました。ストーリー論やキャラクター論などに関して座学を行ったり、あらすじ(プロット)を提出いただき、プロの講師からフィードバックを頂いて内容を練り上げていったり。プロを目指すのとは違う、自分の人生を小説にする方法を学んだり。
7年の歴史の中で数多くの方にご参加いただき、ありがたくも、受講生や卒業生の方の中から新人賞の選考を通過する方が確実に増え、実際にプロデビューする方まで現れました。
 
一方で、大きな課題も見えてきました。
 
それが、

「書き上げなければ、意味がない」

ということです。
 
天狼院書店にお越し頂いた小説のプロの方々がこの言葉を言うのを、何度も聞いてきました。
1度、小説を書き上げた経験があるかないかということには、雲泥の差があると、プロの方々はおっしゃいます。
1度書き上げたからこそ見えてくる、自分自身の欠点や改善点があるでしょう。
1度書き上げたからこそ、自作に向けて〇〇について学ぼう、調べよう、更に□□の力を高めよう、と思えるのでしょう。
1度書き上げたからこそ、『また書いてみよう!』という思いが湧き上がってくるのでしょう。
 
どんなスポーツでも試験でも、練習試合や模擬試験など、本番さながらの経験をしなければ得られないものが確かにあります。
 
そう思い、今回の講座では、『参加者全員』が、講座期間中(12日間)の間に1作、原稿用紙30枚以上の小説を書き上げることを目標といたしました。
原稿用紙30枚レベルを最低限とし、より長い枚数のものにチャレンジしたい方は、チャレンジしていただいて問題ございません。ただし重要なのは、『書き上げる』ことです
 
2023年1月9日(月・祝)の締め切り日までに、ご参加いただいた皆さん全員に、『書き上がった!!』と、ガッツポーズを取ってもらいたいと思っています。
 
これまで小説を書いたことがない、という方もご安心下さい。
2週間足らずでも書き上げるためのスケジューリングや、小説を書くための基礎・基本、そして執筆期間中の質問への対応など、プロの小説家であり評論家、そして、様々な新人賞の選考にも携わっていらっしゃる千澤のり子先生に、講師として登壇いただきます。
 
ただし、繰り返しにはなりますが、今回の講座における1番の目的は、『一作を書き上げること』です。
そのため、千澤先生から、『書き直し!』『〇〇の部分を修正して!』など、執筆期間中に、具体的なフィードバックや指示をすることは基本的にございません。
伴走者として、12日間、皆さんの作品が書き上げられるよう、サポートをしていただきます。
その他、執筆期間中は、進捗報告スレッドをグループ内に作成し、受講生全員で励まし合う仕組みも作ります。
 
ご自身の書きたいものを自由に書いていただくことが理想ではありますが、今の時点で、具体的に書きたいものが浮かばない、という方でも大丈夫! そういった場合はこちらから「お題」を出させていただきますので、そちらに基づいて書いていただければ問題ございません。
 
そして書き終えた後には、(希望されない方以外)受講生全員で、お互いの作品を読み合い、感想をシェアします。
講師である千澤先生からも、口頭にて総評をいただきます。
『書き上げて良かった』そして、『また小説を書いてみたい!』そう思える期間になるよう、スタッフもサポートさせていただきます。
 
最終のフィードバックの関係もあり、今回は、30名様限定ので開催とさせていただきます。
そのため、聴講希望の方、この期間で頑張れそうにない、という方は、大変恐縮ではありますがお申し込みをご遠慮いただきたく思います。
 
2023年の年始め、『小説を一作書き上げて』から、スタートしてみませんか?
1つのことをやりきり、気持ちよく、自分自身の気持ちの上でも、クリエイティブな面でも、スタートダッシュを切ってみませんか?
 
お申込み、お待ちしております!

■カリキュラム


第1日目:12月29日(木)15:00〜16:30
【講義/小説の基礎を学ぶ】
・30枚を目標に、あなただけの小説を書き上げよう
・原稿用紙の書き方
・執筆計画を組み立てよう
・プロットの作り方
・視点の使い分け《一人称・三人称・神視点等》
・キャラクター
・台詞
・伏線

12月29日(木)〜1月9日(月・祝)が、執筆期間となります。
 最低でも、原稿用紙30枚を目標に、皆さんには執筆をしていただきます。
 執筆期間においては、受講生全員がお互いの進捗状況を報告し、励まし合うスレッドを作成いたします。
 また、執筆期間中、千澤先生に質問できるスレッドも作成いたしますので、そちらを活用いただき、講師の千澤先生にご質問いただくことが可能です。

※この講座は書き上げることが目的の講座です。書き上げた原稿につきましては、新人賞に投稿するなど、他媒体に発表はしないよう、お願いたします。

第2日目:12月30日(金)15:00〜16:30 
・前日の講座を受けてのアイデア出し、質問会などを行います。
・作品の進捗具合を報告していただきます。この時点で千澤先生にアドバイスがほしい点があれば、まとめておいてください

第3日目:1月月7日(土)15:00〜16:30
・締切直前、スクーリング回。
・口頭フィードバック&執筆期間
・作品の進捗具合を報告していただきます。この時点で千澤先生にアドバイスがほしい点があれば、まとめておいてください
※皆さまの進捗具合に合わせて、講座/質問回等を行います。

★1月9日(月・祝) 執筆期間最終日/完成!★

●1月10日(火)〜1月21日(土)、お互いの原稿を読み、感想を伝え合う期間です。
 書き上がった原稿データをフェイスブックグループにアップロードいただき(希望する方のみ)、受講生全員で相互に感想を伝える期間です。

第4日目:1月22日(日)15:00〜16:30
・最終、フィードバック
・千澤先生からの総評
・これからも書き続けるために。

*本講座はリアルタイムで進行することを前提としたクラスとなります。後日動画配信もございますが、なるべくリアルタイムでのご受講をおすすめいたします。

❏講師プロフィール:千澤のり子氏(ちざわ・のりこ)氏
(ミステリー作家、評論家)日本推理作家協会会員/本格ミステリ作家クラブ会員
1973年生まれ。専修大学文学部人文学科卒。東京都足立区出身。2009年『マーダーゲーム』(講談社ノベルス)でデビュー。 著作に『シンフォニック・ロスト』(講談社ノベルス)、『君が見つけた星座 鵬藤高校天文部』(原書房)、『少女ティック 下弦の月は謎を照らす』(行舟文化)。共著に07年『ルームシェア』(講談社文庫)、09年『レクイエム』(講談社ノベルス)、18年アンソロジー『謎々 将棋 囲碁』(角川春樹事務所)、19年アンソロジー『平成ストライク』(南雲堂)、『本格ミステリの本流』(南雲堂)。編著に15年『人狼作家』(原書房)。コンテンツ担当15年『サイバー・ミステリ宣言!』(KADOKAWA)、16年『乱歩奇譚 Game of Laplace オフィシャルファンブック』(光文社)に執筆している。 また、羽住(はすみ)典子名義で探偵小説研究会に所属し、ミステリ評論活動も行っている。『本格ミステリ・ベスト10』(原書房)の編纂、08年『ニアミステリのすすめ』(同)、12年『本格ミステリ・ディケイド300』(同)に寄稿。18年、千街晶之編著『21世紀本格ミステリ映像大全』(原書房)に執筆。解説、書評などを務めている。近作に、『暗黒10カラット』。


【概要】

■回数:4回
*単講座のみの受講はできません。ただし、動画や音声のストックがありますので、定員に満たない場合(通信受講も含め)はどの時期からも受講開始することが可能です。

■会場:
今回の講座では、お客様のご希望に合わせて会場受講、もしくは、通信受講をお選び頂けます


・天狼院書店「Esola池袋店」STYLE for Biz
Esola池袋店へのアクセス
*天狼院書店は池袋エリアに3拠点ございますが、今回のイベントは有楽町線直結の駅ビル「Esola池袋」2階のSTYLE for Biz「Esola池袋店」にて開催となりますので、ご注意ください

もしくは

・通信受講(生中継)
*通信環境が整っている場所であれば、どこからでもご参加頂けます。
*通信受講ご希望の方に関しましては、お申し込み頂いた後、当日、生中継をご覧頂くために必要なFacebookグループ等について、ご連絡いたします。
*当日の生中継につきましてはvimeo配信にて行わせて頂き、また、Facebookグループを通して、リアルタイムでの講師の方へのご質問等も、受け付けさせていただきます。

■参加費:
一般:33,000円(税込)
「ファイナルクラブ天狼院」会員(30%OFF):23,100円(税込)
学生割引(25%OFF):24,750円(税込) 

■参加特典:
講義受講権(全4回)/講師や他の受講生とコミュニケーションできる非公開のFacebookコミュニティ参加権/全講義動画視聴権

■参加条件:
・持ち物:PC、Wordソフト(千澤先生にアドバイスをしていただく場合、作品は「Wordファイル・縦書き」で提出していただきます。Pages、txt、PDF形式等では受付できませんので、あらかじめご了承ください)
・Facebookアカウント(課題の提出とフィードバックはFacebookグループ上で行います)
・お申し込み受付は、決済完了順とさせていただきます。
・定員になり次第、予告なく、締め切らせていただきます。
・通信で生中継での講義を受講される際には、安定したインターネット環境でご視聴ください。

注意事項


※必ず、注意事項を読んだ上で決済にお進み下さい。

・勧誘、営業活動を目的とされる方の参加は、固くお断りいたします。勧誘、営業目的で参加されている事が発覚した場合、以降のイベントへの参加をお断りさせていただき、もしくは退室していただく事があります(その場合でも、参加費の返金はいたしません)ので、ご了承ください。

・有料・無料に関わらず、参加者への他のイベント、セミナー、グループ、店、企業、その他への勧誘は固く禁じます。また、勧誘を見かけた場合はスタッフまでご一報ください。

・本講座の著作権は、講師および株式会社東京プライズエージェンシーに帰属します。内容の全部または一部を、他媒体に無断転載することを固く禁じます。

・会およびコミュニティーの運営に支障をきたすと判断した場合、任意かつ一方的に、退会をしていただく場合がございます。

・全ての講座の受講になります。単講座での受講、途中解約は致しかねますので、ご了承の上、決済にお進みください。

・類似したイベントの開催の可能性のある方、開催の予定のある方は、ご参加はご遠慮ください。

・決済後の返金は承っておりません。

 

PayPalでの決済はこちら


 

■支払区分(下記のドロップダウンメニューからお選びください)
受講会場
■電話番号(ポイント付与の際に番号で照会いたします)

【書籍のご購入(サイン付き)】
ご希望の方は、千澤先生のサイン本を通販にてご購入いただけます。下記のボタンから、ご希望の書籍をご購入ください(複数購入可)。

■支払区分(下記のドロップダウンメニューからお選びください)
郵便番号・ご住所
サイン本に入れてほしいお名前をご記入ください

【PayPal加入手続きについて】


*PayPalを利用しての決済はアカウントの作成が必須になります。

PayPalのアカウントをお持ちの方は「ログイン」ボタンを押してお進みください。アカウントをお持ちでない場合は、「アカウントを作成する」ボタンより、必要事項をご入力ください。

決済が完了しましたら「自動配信メール」が登録のメールアドレスに配信されます。そのほか、追って(お申し込みが殺到する場合、2、3日かかる場合もございます)、天狼院書店から登録完了のメールを差し上げます。

 

お問い合わせ


■メールでのお問い合わせ:お問い合せフォーム

■各店舗へのお問い合わせ
*天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


■天狼院書店「Esola池袋店 STYLE for Biz」

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋2F
営業時間:10:30〜21:30
TEL:03-6914-0167/FAX:03-6914-0168


関連記事